ガクチカとは?自己PRとの違いや書き方、例文などを詳しく解説

ガクチカとは?自己PRとの違いや書き方、例文などを詳しく解説

就活におけるエントリーシートや面接では「ガクチカ」という言葉をよく耳にします。
「ガクチカ」とは「学生時代に力を入れたこと」を指す、就活生の間で定着している略語です。
就活対策について調べると、必ずといっていいほどガクチカについて記載があります。
それほどに、ガクチカは就活において重要視されている項目なのです。

今回はガクチカとは何かを踏まえて、ガクチカの書き方や例文などについて詳しく解説します。

【クリエイト転職で仕事探し】
新卒採用の求人を探すならクリエイト転職

ガクチカとは学生時代に力を入れたこと

ガクチカとは、「学生時代に力を入れたこと」を略した就活用語です。
エントリーシートや面接ではほぼ必ず聞かれる内容であることから、就活生の中で「ガクチカ」として定着しています。
なお、ガクチカはその意味のとおり学生時代に力を入れたこと・頑張ったことをアピールする項目です。

【ガクチカが聞かれる理由】
就活においてガクチカが聞かれる理由は、下記のようにさまざまです。

・成功や目標達成までのプロセスを知るため
・物事に取り組む意欲を確認するため
・自社が求める人物像にマッチするかを確認するため
・コミュニケーション能力 など

上記のような項目をガクチカから確認することで、入社後に自社で活躍してくれる人材かを見極めています。
会社に入ってからは、さまざまな目標や困難に取り組まなければなりません。
壁にぶつかったときその人が意欲的に取り組めるか、課題に対してどのように向き合い・解決するかといった点の判断材料となるのです。

ガクチカと自己PRの違い

ガクチカは「学生時代に力を入れたこと」である一方、自己PRは「能力や長所、強みをアピールする」項目です。
一見類似する項目に思えるガクチカと自己PRですが、そもそも項目が分かれている点で採用担当者の質問意図に違いがあります。
ガクチカは仕事への意欲や取り組み方を、自己PRは人柄や採用するメリットをチェックしています。

前述したように、ガクチカでは物事に取り組んだ過程を重視している項目です。
つまり、ガクチカで重要なのは「○○を達成するために何をしたか、どう取り組んだか」の「How」の部分が重要となります。
対して自己PRは「こんなスキル・強みがあるから○○が達成できた」の「What」の部分をアピールします。

伝える内容は類似しますが、そこから採用担当者が何を知りたいのかを理解したうえで、それぞれ内容を作り込むことが大切です。

【ガクチカと自己PRの被りはあり?】
基本的には被らないほうが良いでしょう。
ただ、「アピールポイントが違う」場合は、基本的に被っても大丈夫です。
例えばガクチカと自己PRで同じバイトでの経験をテーマとする場合、ガクチカでは「売上目標達成のために接客の仕方を工夫した」と接客の努力を、自己PRでは「3年間お客様のクレームはゼロだった」とコミュニケーション能力の高さをアピールできていれば問題ありません。

対して、どちらも同じテーマかつアピールポイントですと、そのほかに頑張ったことがない、能力や強みがないと思われてしまう可能性があります。
ガクチカと自己PRの役割が異なることを理解し、自分の良い点が最大限アピールできるよう幅を持たせて内容を考えることがポイントです。

ガクチカの書き方

ガクチカがどういった内容を書くべきかわかっても、実際にどう書けばよいかわからないという方もいるでしょう。
ガクチカを効果的にアピールするには、書き方が重要です。
ここでは、ガクチカの3つの書き方を紹介します。

【STAR法を活用】
ガクチカを効果的に伝えるためには、STAR法というフレームワークを用いることがポイントです。

①Situation:頑張ったこと
②Target&Task:課題や目標
③Action:どう取り組んだか
④Result:その結果どんな成果を残したか

ガクチカのテーマとするエピソードをピックアップしたら、上記フレームワークに沿ってエピソードを分解していきましょう。
文章構成も上記フレームワークの順番どおりでOKです。

【数字などを用いて具体的に】
ガクチカは具体性が重要です。
特に、数字はエピソードを具体的に伝えるために効果的です。
例えば1つの課題に対してただ一生懸命取り組んだと伝えるよりも、「○ヶ月間、1日○時間を費やした」と伝えた方が具体的に努力が伝わります。
数字が使えないポイントでは、それ以外の方法で具体的に伝える方法を考えてみましょう。

【事実を書く】
ガクチカを伝えるにあたり、少し背伸びしたいと思ってしまう方もいるでしょう。
しかし、ガクチカは事実のみを伝えることが大切です。
面接ではガクチカの内容について深掘りされます。
事実でないことを書いてしまうと話の整合性が合わなくなってしまい、内容の信憑性が疑われてしまいます。
仕事においても「過程を誤魔化すのではないか」「結果を誇張するのではないか」と、ネガティブな印象を与えてしまうため要注意です。

よくある質問

ガクチカが本当にないです。どう探せば良いですか?
ガクチカが見つからないと悩んでいる方は、日常的に習慣にしていることや他の人があまりやっていないことなどを見つけ、なぜそれをしているのかを深掘りしてみましょう。
もちろんバイトやサークル、ゼミといった代表格のエピソードでもOKです。

ガクチカで重要なのは「物事に対してどう取り組んだか」「そこからどう学びを得たか」です。
そのため、必ずしもエピソードが華やかである必要はありません。
ただし、多くの人がテーマにする内容であるため、埋もれないよう内容をしっかり作り込むことが大切です。
ガクチカの文字数はどれくらいが目安ですか?
文字数指定がない場合、ガクチカは400文字前後を目安に内容を作りましょう。
短すぎると内容が伝わりにくく、長すぎるとわかりにくくなってしまいます。
STAR法にあてはめ、課題や取り組みに比重をおいてガクチカを作成してみてください。
  • ガクチカを書く際のポイント

    ガクチカは採用担当者が就活生を見極めるための重要なポイントです。
    アピール力の高いガクチカを作成するためにも、下記ポイントを押さえてガクチカを作成しましょう。

    【結論から伝える】
    STAR法のフレームワークにもあるように、まずは結論から「何を頑張ったか」を伝えることがポイントです。
    プロセスがわかりやすく伝えられていても、それが何に対するものなのかが明確でないとアピール力が弱まってしまいます。
    ガクチカに限らず、相手に何かを伝えるときは結論から伝えることが重要です。

    【入社後に活かせることを明確にする】
    ガクチカから採用担当者が見極めたいことは、入社後にどう活かせるかです。
    困難や課題に直面した時その人はどう考えるのか、どう対応するのかといった点をガクチカから判断しています。
    そのため、仕事にどう取り組むかがイメージできる内容を明確に伝えることがポイントです。

    【応募企業が求めていることに合わせる】
    ガクチカはすべての企業で同じ内容を伝えるのは控えましょう。
    学生時代に頑張ったことを伝える点では共通しますが、企業によって採用担当者が見極めたいポイントは異なります。
    そのため、ガクチカの内容は応募企業によってカスタムすることが必要です。
    応募企業がどんな人物像を求めているかを把握し、そのポイントに合わせて内容を作成してみましょう。

  • ガクチカの例文(学生時代に力を入れたこと)

    ここでは、3つのテーマに合わせてガクチカの例文をご紹介します。

    【アルバイト】
    私は、バイトしていた個人飲食店のSNS集客に力を入れました。
    老夫婦が営む定食屋だったため現代的な集客は行なっておらず、お客さんのほとんどは常連の方でした。
    しかし、段々と売上が落ち込んでいるとのお話を聞き、学生である私が集客プランを考えました。
    若者の集客を目標としていたため、やはり一番効果的なのはSNSでの集客と考え、TwitterやInstagramを活用して宣伝しました。
    初めはただ投稿していただけだったのですが、それでは短期間で効果がないと考えた結果、本格的にSNSマーケティングを勉強しました。
    結果として、アカウント開設から2ヶ月で売上は約2倍に上がり、学生を中心としたお客さんが増えました。
    この経験から自分にできる役割を全うする重要さ、そして勉強したことは必ず結果に結びつくということを学びました。

    【ゼミ】
    私は、ゼミ活動における弁論大会に力を入れました。
    参加した弁論大会は専門分野の中で開催されている大会の中でも有数のものであり、多くの有識者が参加する規模の大きいものでした。

    大きな実績となる弁論大会で結果を残すため、3位以上入賞を目指して準備に力を入れました。
    私はチームリーダーとして、まずは個々の強みや得意分野を把握し、それぞれが本領を発揮できるよう準備を割り振りました。
    そして効率的に不足なく準備が進められるよう、全員のスケジュールを確認しながら、細かくプランを作成しました。
    その結果、全員がバイトや授業がある中でも必要な準備ができ、本番のプレゼンは大成功でした。
    目標となる3位以内入賞は達成できませんでしたが、学内で初となる5位入賞を獲得しました。

    この経験からリーダーに必要な適性を身に付けられただけでなく、実行する力や周りを巻き込んで物事を達成する大切さがを学びました。

    【インターン】
    私が学生時代に力を入れたことは、半年間の長期インターンです。
    参加した長期インターンは、正社員と同じくアポ活動するというものでした。
    アポや営業は初めてだったため、最初は何もできない自分に悔しさを覚えました。
    インターンだったためノルマはありませんでしたが、自分自身で月1件の受注を目標に設定しました。
    単に教えてもらったことを実践するだけでは不十分であると感じたため、出社日はいつも1時間早く出勤し、過去の営業記録やアポ予定の企業様の情報収集に取り組みました。
    そして稼働時間も積極的に社員さんの同行を依頼し、可能な限り実際の現場へと足を運びました。
    結果、2件受注できた月もあり、半年間で計7件と目標以上の受注に成功しました。

    この経験から自ら積極的に行動して学びにいくこと、そして目標を設定しそのために自分に不足するものは何かを考えて実行する力を身につけることができました。

  • 就活のお役立ち情報

  • この記事の監修・著者プロフィール(株式会社クリエイト Webマーケティング部門)

    この記事の監修・著者プロフィール(株式会社クリエイト Webマーケティング部門)

    ※記事関する問い合わせは受付しておりませんので、ご了承下さい。

    配信中の記事では、職種ごとの詳細な仕事内容、エリア情報、就職に役立つ資格の解説、ビジネス用語・経済ニュースの解説など、社会人として押さておきたい基本的な知識や最新情報をお届けしています。

    クリエイト転職は地域密着をコンセプトに、仕事探しに役立つ最新の求人情報をお届けしています。

    【コンテンツポリシー】
    記事制作におけるコンテンツポリシー

    【詳細プロフィール】
    記事の監修・執筆者の詳細プロフィール

    【クリエイト転職で仕事探し】
    クリエイト転職で正社員の求人を探す

エリア・駅・路線から探す

年代・性別から、あなたに合った求人をご提案!

未選択

未選択にする

職種から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

職種のチェック解除

業種から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

業種のチェック解除

条件から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

以下の条件を解除

給与で探す

給与形態
給与額

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

以下の条件を削除してもよろしいですか。

検索条件1

検索条件を保存するには 会員登録/ログイン が必要です。

応募先企業

ダミー文字列です。

職種

ダミー文字列です。

保存できる検索条件は6件までです。

保存済み条件から1件削除し、新しい検索条件を保存します。

削除する条件

保存できる検索条件は6件までです。

保存済み条件から1件削除し、新しい検索条件を保存します。

削除する条件