シニア転職の市場や実際の転職状況とは?転職成功のためのポイントも解説

シニア転職の市場や実際の転職状況とは?転職成功のためのポイントも解説

シニア転職の市場や実際の転職状況とは?転職成功のためのポイントも解説

少子高齢化は、転職市場にも影響を与えています。
高齢者人口の増加により、働く高齢者も増加。
定年後に新たなキャリアを築く方も多いことから、必然的と転職市場も高齢化しつつあります。
一般的に転職は、年齢が上がるとともに難しくなるもの。
その中でシニア転職は本当に可能なのかは気になるポイントでしょう。
今回はシニア転職の市場や実際の転職状況を踏まえて、転職成功のためのポイントなどもお伝えします。

【シニアの仕事探しならクリエイト転職】
クリエイト転職でシニアの求人を探す

シニア転職市場

少子高齢化が進む日本では、労働力の不足が課題となっています。
そこで注目を集めているのが、シニアの雇用です。
令和3年4月1日には「高齢者等の雇用の安定等に関する法律」(高年齢者雇用安定法)の一部改正が施行され、70歳までの就業機会の確保に向けて、事業者が講ずるべき措置などを整えました。
これは定年を70歳に引き上げることを義務付けるものではなく、あくまで定年後に働く意欲のあるシニアに対する努力措置として定められたものです。
このような社会的背景もあり、再雇用制度や勤務延長制度などを取り入れる企業も増加。
さらに、シニア向けの求人も増えつつあることから、シニアの転職市場は今度も拡大することが見込まれます。

シニア歓迎の転職求人を探す

シニアの転職事情

拡大しつつあるシニア転職市場ですが、実際のシニア転職事情については気になるところ。
厚生労働省資料「令和2年雇用動向調査結果の概要」を参考に、シニアの転職事情についてみていきます。

【60歳以上の離職・入職率】
60歳以上の離職率、および入職率は以下のように推移しています。

▼離職率:男性
・60〜64歳:17.0%
・65歳以上:25.4%

▼離職率:女性
・60〜64歳:14.8%
・65歳以上:18.7%

▼入職率:男性
・60〜64歳:13.4%
・65歳以上:12.5%

▼入職率:女性
・60〜64歳:8.4%
・65歳以上:6.2%

男女ともに、60歳以上になると離職率が入職率を上回ります。
一方で、全体的に見ると男性の入職率は60歳以上から上昇している点が特徴です。
男性の入職率は年齢が上がるとともに下降し続け、50〜54歳には最低値の4.7%に到達。
しかし55〜59歳から上昇し、60〜64歳には30〜34歳の入職率を上回る数値となります。
女性の入職率は年齢の上昇とともにそのまま下降していますが、男性は年齢が一定上がると入職率も高くなることがわかりました。
離職率の方が高いものの、入職率だけでみればシニアの働く意欲は若手に劣らないといえます。

【シニアの転職理由】
下記は、厚生労働省資料「令和2年雇用動向調査結果の概要」に記載されているシニアの転職理由です。

①定年・契約期間の満了
②会社都合
③職場の人間関係が好ましくなかった
④労働時間、休日等の労働条件が悪かった
※解答率の多い順

60歳以上は定年にあたるため、転職せずにそのまま定年で辞める人も一定数います。
また会社都合で辞める人の割合が多い点もシニアの特徴です。
一方で、他の年代と比較すると給料への不満辞める人の割合が少ない点もシニアならではの特徴といえます。
そのため、シニアは給料よりも、職場の人間関係や労働条件を重視して転職していると考えられるでしょう。

シニア転職が難しいと言われる理由

年齢の上昇とともに、難易度が上がるのは転職市場の特徴です。
その中でも最高齢であるシニア転職ですが、どういった点で転職が難しいかをみていきます。

【専門性・即戦力が求められる】
転職では、年齢が上がるほど専門性や即戦力になるかが重視されます。
そのため専門的なスキルや経験が少ないと応募できる求人が少なくなり、結果的に希望が叶う求人も見つけにくくなってしまうのです。
また同じ求人に若手の応募があれば、シニアよりも長く働ける若手を採用する可能性が高まります。
それを覆せるのが専門的なスキルや経験であり、即戦力として企業に貢献できるかが重要となってきます。

【給料が下がりやすい】
働くのであれば、納得のいく給料を受け取りたいものです。
しかし、実際は年齢が上がるとともに転職入職者の給料は減少傾向にあります。
下記は、厚生労働省「令和2年雇用動向調査」における、転職入職者の賃金変動状況の割合です。


・60〜64歳 増加:11.9 減少:71.3
・65歳以上 増加:19.8 減少:53.2

60〜64歳では、転職で給料が減ってしまう人の割合が約7割とほとんどを占めています。
なお、65歳以上で増加率が上がるのは、給料アップのために転職する人が増えているからだと考えられます。
生活のために働くシニアもいる中、給料が下がりやすい点はシニア転職の痛い部分です。

【新しい職場や仕事に馴染めない】
年齢が上がると、転職で懸念されるのが新しい職場や仕事に馴染めないのではといった点です。
仕事の進め方や人との関わり方などは、シニア層の現役時代とは異なる部分も多いもの。
過去の栄光や考え方は捨て、新しい環境に馴染むための努力が必要になるシーンも多々あるでしょう。
柔軟に対応できる力がないと、シニア転職もなかなかうまくいきません。

シニア転職の市場や実際の転職状況とは?転職成功のためのポイントも解説の仕事体験談

シニア転職の体験談|良かったこと

シニア転職の体験談|良かったこと
[60代 男性]

62歳で退職し、シニア向けの仕事を探しましたが職種は限定的です。
その中で条件を絞り、マンション管理人の仕事を中心に応募。
5ヶ月と期間を要しましたが、自宅からも近いほぼ希望通りの条件で仕事が見つかりました。
仕事は自分のペースで行えるため、満足しています。

シニア転職の体験談|良かったこと

シニア転職の体験談|良かったこと
[60代 男性]

定年後に再雇用で会社に残りましたが、給与減により転職を決意しました。
登録した求人サイトで紹介された仕事は、希望通りであったものの今まで経験したことのない派遣としての雇用でした。
最初は戸惑いましたが、シニア転職で希望を叶えるのなら派遣という働き方も考えるべきだと思うようになりました。
立場が変わっても、これまでのスキルと経験を活かして活躍できとても嬉しいです。

シニア転職の体験談|大変だったこと

シニア転職の体験談|大変だったこと
[60代 女性]

55歳を過ぎてからの仕事探しでは、面接で過去の成功体験を話しても採用にプラスになるどころか、煙たがれることもしばしばありました。
年を取れば採用される職種や業種は限られてくるため、市場を理解して仕事を探すことが必要だと実感しました。

よくある質問

シニア転職に有利な資格はありますか?
以下のような資格は、シニア転職で有利になるでしょう。

・ファイナンシャルプランナー(FP)
・宅地建物取引士
・社会保険労務士(社労士)
・管理業務主任者
・マンション管理士
・調理師
・介護福祉士
・警備員検定
・衛生管理者 など

有利になりやすいのは専門性の高い資格、または資格がないとできない仕事に関する資格です。
資格があれば専門性がアピールできるだけでなく、企業によっては資格手当により給与が上がる場合もあります。
資格によっては難易度が高く、取得に時間を要するものもあるため、早いうちからシニア転職を視野にしれ資格を取得することがおすすめです。
シニア転職の面接ではどんなことが聞かれますか?
シニア転職の面接では、以下のようなことがよく聞かれます。

・転職理由
・志望動機
・長所や短所
・今後のビジョン
・これまでの職務経歴
・応募企業でどのように貢献できるか など

シニア転職ではある程度即戦力となる人材を求めているため、スキル・経験について聞かれることが多いです。
加えて、仕事への意欲や熱意、人間性に関する質問も多いため「一緒に働きたい」「仕事を安心して任せられる」と思ってもらえるような回答を準備しましょう。

エリア・駅・路線から探す

年代・性別から、あなたに合った求人をご提案!

未選択

未選択にする

職種から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

職種のチェック解除

業種から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

業種のチェック解除

条件から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

以下の条件を解除

給与で探す

給与形態
給与額

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

以下の条件を削除してもよろしいですか。

検索条件1

検索条件を保存するには 会員登録/ログイン が必要です。

応募先企業

ダミー文字列です。

職種

ダミー文字列です。

保存できる検索条件は6件までです。

保存済み条件から1件削除し、新しい検索条件を保存します。

削除する条件

保存できる検索条件は6件までです。

保存済み条件から1件削除し、新しい検索条件を保存します。

削除する条件