更新日:2021年5月17日

トレーサビリティの意味とは|使い方・例文を解説

トレーサビリティ とは|意味や使い方を徹底解説!

トレーサビリティ とは|意味や使い方を徹底解説!

トレーサビリティ(Traceability)とは、トレース(Trace)とアビリティ(Ability)の二つの単語から組み合わせた造語です。
日本語では「追跡可能性」というように言われています。(トレース:追跡、アビリティ:能力)
また、「トレサビ」とも言います。

自動車や電子部品、食品、医薬品などの業界によって定義は多少異なります。
製造業では以下のようになります。
「製品がいつ、どこで、だれによって作られたのか」を明らかにし、原材料の調達から生産、そして消費または廃棄まで追跡可能な状態にすること、および生産や流通の履歴を正確に記録・管理するシステムのことです。
食品業界に限らず、製造業界や販売業界など、流通に関わる業界全体で使用されています。

また、トレーサビリティでは、対象の商品だけでなく、その商品を構成している部品や原材料の流通経路まで追跡・確認可能です。
トレーサビリティはBSE(牛海綿状脳症)への対策として2003年に農林水産省が導入した「牛肉のトレーサビリティ」から広く認知されるようになりました。

【豊富なおすすめ機能で仕事探しをサポート】
>>クリエイト転職で正社員の求人を探す

チェーントレーサビリティとは

チェーントレーサビリティとは
トレーサビリティは大きく2つに分けることができます。
それはチェーントレーサビリティと内部トレーサビリティです。

まずはチェーントレーサビリティの説明をします。
チェーントレーサビリティとは、流通の各段階における移動を把握するものです。
一般的に言われるトレーサビリティはチェーントレーサビリティを指します。
原材料や部品の生産、加工、卸売、小売等の段階で、商品がどのように移動したのかを把握できます。
企業、消費者ともに明確な情報を得られます。
この構造の実現には企業間連携が重要です。
製品に予期せぬ問題が発生した場合、早期の原因究明や回収作業が容易になるという利点があります。
消費者にとっても信ぴょう性の高い製品をチョイスする指標となり、表示偽装などの不安を取り除くことができます。

内部トレーサビリティとは

内部トレーサビリティとは
トレーサビリティのもう一方は内部トレーサビリティです。
内部トレーサビリティは、サプライチェーン全体において、1つの企業や工場と言った、特定の範囲に絞って製造事業者内で部品・商品がどのように移動しているかを追跡し自社の製造品のトレースをできる状態、トレーサビリティのことです。

商品を組み立てて調査した場合、最終的にどの企業に渡ったのかを追跡できるようになります。
内部トレーサビリティは自社内で完結可能であるため、導入しやすいです。

例えば、パソコンの製造工場であれば、各部品の仕入先、組立方法、検品結果、完成した製商品の納品先などを内部トレーサビリティによって追跡できます。

計量に用いる計測機器の校正とトレーサビリティも内部トレーサビリティの一つです。
内部トレーサビリティを構築することで、作業効率、品質向上を図ることが可能になります。

トレーサビリティはどうして必要なのか

トレーサビリティはどうして必要なのか
トレーサビリティは、製品に欠陥や問題があった場合に、要因を解明したり、すばやく有効な対策を行うために必要です。
もしトレーサビリティが十分ではないと、欠陥や問題発生した際に対応が適切でなかったり、迅速な対応ができず、消費者や取引先の不信感を高め、自社に対する消費者からの信頼を失い、企業の存続が困難となるケースもなりかねません。

一方で、消費者を保護するための法律が成立しております。
問題のある商品を迅速回収することを義務づけられる事例が年々増えています。

近い将来、トレーサビリティの仕組みをきちんと構築し、更に広まり、確実なものとなることで、企業に対する信頼の担保に繋がります。

トレーサビリティを導入するメリット

トレーサビリティを導入するメリット
トレーサビリティを取り入れることで、いろいろなメリットが得られます。
トレーサビリティは安全性や問題発生した時に迅速な解決が見込め、損害を最低限にとどめることができます。
また社会的要請もあり、政府主導での動きもあります。
そのため行っていれば消費者からの信頼性もあり、商品価値を高めることが可能です。
トレーサビリティを導入するメリットについて具体的にお伝えします。

自社に対する消費者からの信頼度の向上
トレーサビリティを構築して実行することは、安心・安全が確実なものとなります。
生産元がどこの原材料を使っているのか、どこの生産工場で作られたのか等の情報を見せることで、自社商品の安全性を提示することができます。

顧客満足度向上
製品がどのように自分の元に届くのか気になる消費者は多くいます。
経路が明確な商品のほうが製造元や生産元が曖昧な商品よりも、消費者は安心感をもって手にするに違いありません。
同じ品質の商品でも、トレーサビリティをしっかりしている企業は、顧客満足度向上につながります。

不良品流出防止
製造過程で、製造や調査の不備により発生した問題や欠陥を、経路をたどることで、リスクの工程を追求することが可能です。
問題の早期解決は、欠陥品の流出や不良品発生を防止することができ、欠陥品の回収などによる費用負担を大幅に経験します。

迅速で有効な対策が生み出す利益
トレーサビリティによって得られる情報は、不足の事態において問題解決に必要不可欠です。
どの工程に問題があったのか、問題製品はどういうふうに出回ったのか等を知ることで、迅速かつ有能な対策を打つことができます。
そしてこのような事態の早期解決は、早期復旧とし、供給不足にある場合は、業績回復の大きな力となります。

リスク管理が創り出すブランドイメージ
消費者が商品を選ぶとき、最も重視するポイントは安心と安全性です。
トレーサビリティを導入し、リスク管理明確にすると、製品の高品質化をブランドイメージとして印象づけることができます。
企業の規模を問わず、他社との差別化というブランド戦略ができます。
売り上げの最大化を実現します。

顧客管理のムダを削減
最終的に商品は、消費者の手元に渡ります。
トレーサビリティを導入することで、顧客や納入先の情報を入手し、購入履歴や基本情報などのデータを蓄積することができます。
このデータを元に、受注の予想や生産の計画、顧客層に応じたマーケティング戦略が可能になり、ムダのない顧客管理が実現します。

製品の品質向上とリスク管理の強化
トレーサビリティを導入すれば、商品の流通について明確に把握が可能です。
問題発生しても原因特定が容易です。
リスク管理を強化し、早い段階で原因解明できれば、問題を最小限に留めることも簡単です。
時間や手間も軽減され、コスト面でもメリットを存分に感じます。

エリア・駅・路線から探す

年代・性別から、あなたに合った求人をご提案!

未選択

未選択にする

職種から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

職種のチェック解除

業種から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

業種のチェック解除

条件から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

以下の条件を解除

給与で探す

給与形態
給与額

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

以下の条件を削除してもよろしいですか。

検索条件1

検索条件を保存するには 会員登録/ログイン が必要です。

保存できる検索条件は6件までです。

保存済み条件から1件削除し、新しい検索条件を保存します。

削除する条件

保存できる検索条件は6件までです。

保存済み条件から1件削除し、新しい検索条件を保存します。

削除する条件