ワーケーションとは?|ニューノーマル時代の働き方

ワーケーションの効果、企業の導入事例・メリット/デメリット

ワーケーションの効果、企業の導入事例・メリット/デメリット

<ワーケーションとは?>
「仕事(Work)」と「休暇(Vacation)」を組み合わせて生まれた造語です。
2000年代のアメリカで生まれたと言われていて、大体の意味としては「リゾートのように環境がいい場所で、休暇を取りつつリモートワーク・テレワークを行う労働形態」を指すことが多い。
旅行をしながら出勤扱いになる、と聞くとまだまだ日本人には馴染みがないかもしれませんが、2020年の夏、JALがワーケーション導入を決めたことで認知されるようになってきました。
また、菅義偉官房長官が観光戦略実行推進会議で「ワーケーション」の推進を発表したことも広まるキッカケになったと言えるでしょう。

<ニューノーマルとは?>
リーマンショックで世界経済が大きく様変わりし、「元の姿には戻れないだろう」という見解から生まれた言葉です。
新型コロナウイルスが世界規模で蔓延したことにより、新しい生活様式を取り入れることが求められたことで再び使われるようになりました。
身近なところでは「マスクの着用」「ソーシャルディスタンスの確保」等が挙げられます。
ビジネスでは時間や場所にとらわれない働き方が求められるようになりましたが、その分かりやすい代表的な例がリモートワーク・テレワークと言えるでしょう。

ワーケーションを導入した企業の事例

ワーケーションを導入した企業の事例
<ワーケーションの導入事例>
①JAL
日本で有名な導入事例はJALです。JALでは「国内外のリゾート地や帰省先、地方などでテレワークを実施する」と発表。
休日休暇に旅先等で仕事をするという新しい働き方を取り入れることで、様々な効果をもたらすと考えられています。
例えば早朝や夕方以降の時間を社員が自由に過ごすことで、リフレッシュする。
それが業務への活力につなげることが狙いです。また、ワーケーションにより、旅行の機会を増やすことも狙いの1つのようです。
家族と過ごす時間を増やしたり、地方で開催されるイベントに参加しやすい環境を作る等して、地方・地域の活性化につなげていく狙いもあるそうです。

②Uber
こちらはビジネスに直結させる導入事例です。普段は一緒に仕事をしないメンバーを少人数で組ませ、旅先で利用者に近い目線で会社の課題解決を探すようにする狙いがあったそうです。
そこで実感したことから改善案を考え、ビジネスへ上手く取り入れていく。
ドライバー体験をより良いものにしていくために、役立てているそうです。

ワーケーションやニューノーマルに関連性の高い情報

ワーケーションやニューノーマルに関連性の高い情報
<アフターコロナのビジネス>
2020年4月に緊急事態宣言が出て以降、海外への旅行はもちろんですが国内旅行等も自粛となり、県跨ぎの移動が解禁された後も以前と同じような状況には戻っていません。
医療関係者の中には「完全に元に戻ることはないだろう」「with Corona(ウイズ コロナ)・アフターコロナの世界では新様式を受け入れていくしかない」といった声が聞かれるようになってきました。
これがニューノーマル時代です。
>>アフターコロナの仕事・働き方|ビジネスの世界はどう変わる?

<Uターン・Iターン>
以前より定着していた言葉ではありますが、新型コロナウイルスの蔓延により、東京で働くことに危険を感じ、地方で働くことを考える人が増えてきました。
特にテレワーク・リモートワークが普及してきたことで、場所を選ばずに働くことができるようになってきており、ワーケーションと合わせて新しい働き方の1つとして定着していくかもしれません。
>>Uターン・Iターンの転職・求人募集|地方へ就職するメリット

よくある質問

ワーケーションとはどんな意味ですか?
「仕事(Work)」と「休暇(Vacation)」を組み合わせて生まれた造語です。
日本では1990年代頃からIT企業を中心に、リゾート地に拠点を置いて創造性や生産性を高める取り組みが行われてきました。
受け入れ側の地方自治体同士の連携も進んでいて、2019年11月には和歌山や長野など7道県と58市町村で構成する「ワーケーション自治体協議会」が設立されています。
ニューノーマルとはどんな意味ですか?
以前よりあった言葉ですが、新型コロナウイルスの蔓延により再び使われるようになりました。身近なところでは「マスクの着用」「ソーシャルディスタンスの確保」といった新生活様式を取り入れることを指す場合が多いと言えます。ビジネスでは時間や場所にとらわれない働き方を取り入れることが求められており、代表的なのが「リモートワーク・テレワーク」と言えるでしょう。
ワーケーションの課題・メリット・デメリットは?
<ワーケーションの課題・メリットやデメリット>
ワーケーションの言葉が広がったのは、アメリカでした。有給休暇の取得率が低かったことがキッカケで、「休日休暇でオフィスを離れ、旅先などにいる時に電話会議や報告書の作成など行う」といった新しい働き方として広がっています。
日本ではまだ定着したとは言い難い状況ですが、少しずつ導入する企業が増えており、優れた人材獲得のためにも導入が進んでいくでしょう。
大きな課題/デメリットは「仕事と休暇の線引きが難しい」点や「勤務時間の認定が難しい(労務管理)」という点です。
そもそも旅行先でも仕事をしていれば落ち着かないでしょうし、「精神的なリフレッシュにつながらずストレスを抱えてしまう」という場合もあります。
働く側のメリットとしては、リゾート地等で心身を休めながら仕事ができますし、家族と過ごす時間を増やしやすいのはメリットでしょう。
夏休み・冬休み・GW等の繁忙期を避けることで、安価に移動できるのも大きなメリットです。
企業側にとっては、従業員が有給休暇を取りやすくなり、有給休暇の取得率向上が期待されています。

エリア・駅・路線から探す

年代・性別から、あなたに合った求人をご提案!

未選択

未選択にする

職種から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

職種のチェック解除

業種から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

業種のチェック解除

条件から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

以下の条件を解除

給与で探す

給与形態
給与額

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

以下の条件を削除してもよろしいですか。

検索条件1

検索条件を保存するには 会員登録/ログイン が必要です。

保存できる検索条件は6件までです。

保存済み条件から1件削除し、新しい検索条件を保存します。

削除する条件

保存できる検索条件は6件までです。

保存済み条件から1件削除し、新しい検索条件を保存します。

削除する条件