建設・建築業界に役立つ資格

土木建築・建設業界で役立つ資格や技術

土木建築・建設業界で役立つ資格や技術

多くの資格がある中で、その職種・業界にあった資格があります。今回の記事では「土木建築・建設業界に役立つ資格や技術を紹介していきます。建築業界の仕事はインフラに関わるもので、多くの国家資格が存在します。電気工事士等の分野であれば主に経済産業省、建築・建設系は国土交通省が管轄している資格です。
この業界は特に専門資格・技術が多岐にわたっており、1つ1つがその仕事に特化したものになっています。その中でも「建設・土木建築業界で転職するのに有利になる資格・技術」に絞って紹介していきます。

建築士とは?|土木建築業界の資格

建築士とは?|土木建築業界の資格
【建築士の働き方】
建築士は、専門性を非常に高く要求される職業なため、基本的に正社員で雇用されることがほとんどです。
就職先にはゼネコン、設計や建築事務所、ハウスメーカー、公務員、住宅関連設備メーカー、不動産会社、建設関連コンサルタント業者など豊富な選択肢があります。
独立して個人事務所を開くという建築士も少なくありません。

<建築士の仕事内容>
家屋や集合住宅、商業施設にビルなどの建築物の空調、排水、電気設備の設計は、設備設計という分野になります。
また建築の専門見地から快適で、効率かつ実用性や住みやすさなどを加味した家屋、ビルなどのプラン構築は、意匠設計と呼ばれています。

<工事監理業務>
設計士の仕事には、建築物の工事進捗がスムーズにかつ計画通り行われているか監督する業務があります。施工現場へ必ず足を運び、職人への施工指示や、顧客との連絡といった業務も建築士の仕事です。

一定規模以上の工事では、現場監督の設置義務がありますが、全員が建築士の資格を持ち合わせてはいません。デザインや効率性、安全や環境管理など設計の観点から監督する建築士の業務は建築で重要な位置を占めています。

<建設のための手続きや診断業務>
建設に取り掛かる前に行う、建設予定地調査も建築士の業務です。空地に建物を建築する場合、土地の建築範囲や建築条件などを認知する敷地調査を行います。
これは現状が更地であっても、地目が農地であったり、都市計画道路指定地だったりすると建設することができないからです。
建築予定地の条件を整えるほか、工事のための道路使用許可など、適切な届け出も建築士が対応にあたります。

【建築士の資格を詳しく調べる】
>>建築士の求人募集|資格・転職体験談と仕事内容

施工管理とは?|建設・建築業界の転職に有利な資格

施工管理とは?|建設・建築業界の転職に有利な資格
<施工管理の仕事内容とは?>
施工管理とは、土木工事、電気工事、管工事などの現場で施工を行う際の、総括的管理を指します。施工管理では主に「工程管理」「品質管理」「原価管理」「安全管理」と言われている4大管理を遂行するのが仕事です。

施工管理の仕事は、建築工事では資材発注、技術者や作業員の手配、工事全体の安全管理、また顧客とのコミュニケーション業務も行います。電気工事においては、設計図の作成から施工資材調達、コスト管理や発注先との打ち合わせなどを担当します。下水道の管工事などでは、施工設計、工事書類や工事写真帳の準備、工事全体の管理に携わります。

施工管理業務の平均的な1日は、現場から始まります。朝は1日の作業内容に準じ、ミーティングで各工事の施工技術者と確認作業を入念に行います。工事施工中の管理者は、工事の進捗、価格、安全性、仕上がりなどを巡視し、手直し個所については写真などで記録するとともに技術者へ伝達します。また工事に関与する各事業所と連携をとり、日々進行する工事状況と計画を照らし合わせながら、安全に作業が行われるようマネジメントにあたります。

【施工管理の資格・仕事内容を詳しく調べる】
>>【施工管理の求人・仕事内容】転職に有利な資格を紹介

電気工事士の求人・転職体験談|仕事内容や資格を詳しく解説!

電気工事士の求人・転職体験談|仕事内容や資格を詳しく解説!
<電気工事士とは?>
名前の通り、「電気関連の工事を行う仕事に携わる人」を電気工事士と呼びます。
皆さんが生活していく上で、住宅やお店・製造工場・ビルや建物、様々な場所で電気が必要になります。
そういった建物の電気設備工事を行う仕事で活躍するのが「電気工事士」です。
安全に電気を使えるように工事業務を管理したり、災害や事故を防止する役目があります。

<仕事内容>
実際に勤務する場合は求人の募集内容によって変わってきますが、概ね電気設備工事に携わることが多くなるでしょう。
電気の配線工事や設備工事があります。
日頃使われている電気設備の保守や管理業務も行いますし、配線や器具の設置や点検等も行います。

【電気工事士の資格・仕事内容を詳しく調べる】
>>電気工事士・設備工事の求人を探す

宅建とは?|土木・建設業界の転職に役立つ資格

宅建とは?|土木・建設業界の転職に役立つ資格
<宅建とは?>
正式名称は宅地建物取引士と呼ばれる国家資格で、略して「宅建」「宅建士」と呼ばれます。
2015年まで宅建は「宅地建物取引主任者」という名称でした。2015年に「宅建士」に変更されています。(司法書士・行政書士と同じ仕業に格上げ)

<宅建士の仕事内容>
宅建の資格を所有する方が活躍するのは、主に不動産取引や建設業界。「宅建士」にしかできない独占業務が3つあります。
・重要事項の説明
・重要事項説明書面の記名・押印
・契約書への記名・押印

不動産契約は高額取引となるため、買い主や借り主に丁寧な説明が求められます。
お客様が不利益を被らないようにする必要があり、その説明をするための専門的な知識をもった人が「宅建士」です。
宅建士がいなければ不動産売買・取引が成り立たないため、不動産関連の会社には必ず必要になってくる資格です。
1つの事業所につき、「従業員5人に1人以上の割合で、宅建士を正社員で雇う」ことが法律で義務付けられています。
そのため、求人募集でも「宅建の資格所有者」を募集する場合が多々あり、就職・転職する上で有利になりやすい資格と言われています。

【宅建の資格・仕事内容を詳しく調べる】
>>宅建とは?求人や仕事内容|就職・転職に役立つ資格

電気主任技術者の求人募集|資格・仕事内容

電気主任技術者の求人募集|資格・仕事内容
電気主任技術者とは、電気設備を設置している工場やビル、事業所などの受電設備や配線、電気の保安監督などを管理する責任者です。
電気主任技術者の資格は、取り扱う電圧値により第1種(電圧の制限なし)、第2種(17万ボルト未満)、第3種(5万ボルト未満・出力5千キロワット以上の発電所除外)の3種類に分類されています。

電気設備を設けている事業主は、電気の保安と監督のために電気主任技術者の選任することが法令により義務化されています。
平均的なビルや工場から中規模の建物では第2種と3種が適当ですが、都市計画規模の大型工事や発電所では第1種資格者の設置が必要となります。

【電気主任技術者の資格・仕事内容を詳しく調べる】
>>電気主任技術者の求人募集|資格・仕事内容

土地家屋調査士とは?|土木建築業界の転職に有利な資格

土地家屋調査士とは?|土木建築業界の転職に有利な資格
【土地家屋調査士の仕事内容】
不動産登記に基づく調査
土地家屋調査士は、土地や建物を登記簿に正しく反映するための調査や測量を行います。建設・建築業界にとっては切っても切り離せない分野の仕事で、重要な資格・仕事です。
地積測量図をもとに形状や所在を把握し、隣接所有者などの立ち合いを得るなどして、土地の境界となる筆界を確認。そのうえで正しく登記を作成します。

不動産登記の申請
土地や建物などの不動産所有者は、登記簿を登録しなくてはなりません。登記簿には、土地の形状などを特定するため、用途を示す「地目」、土地面積を示す「地積」など一般では使用しない専門用語もたくさん記載されています。
土地家屋調査士は、こうした情報を理解した上で調査と測量を行い登記申請をします。

【土地家屋調査士の資格・仕事内容を詳しく調べる】
>>土地家屋調査士とは?求人・資格の詳細|転職に有利な資格

CADオペレーターの求人募集|仕事内容と未経験からの転職

CADオペレーターの求人募集|仕事内容と未経験からの転職
<CADオペレーターの仕事内容とは?>
CADオペレーターは製品を作る初期段階で、コンピューターを使った設計図を作成する仕事です。CADとはコンピューター設計支援のことで、家電製品や自動車、飛行機などに組み込まれる精密機器や土木工事、服飾分野など幅広い製品製造で活躍します。

CADオペレーターの主な仕事内容には以下のようなものがあります。

・設計者やデザイナーの指示のもと、CADソフトを使って設計図やデザインの作成を行う
・変更指示に従ってデータの修正を行う
・製図データの管理

設計者やデザイナーの意図を汲みつつ、画面上で表現するのがCADオペレーターの仕事なので、CADを操る深い専門知識とスキルが求められます。また、設計者やデザイナーとのコミュニケーションや正確に表現するスキルも必要です。

【CADオペレーターの資格・仕事内容を詳しく調べる】
>>CADオペレーターの求人募集|仕事内容と未経験からの転職

重機オペレーターの求人募集|免許・仕事内容の詳細

重機オペレーターの求人募集|免許・仕事内容の詳細
重機オペレーターは、ビル建設、公共道路工事、解体などで使用するダンプ、油圧ショベル、ユンボ、クレーンなどあるいは、工場や倉庫で使用するフォークリフトなどを操作する技能者です。
重機オペレーターは工事現場においては、プロジェクトの初期段階から最終作業までさまざまな工事過程で活躍しています。

ビルなどを建設する前に建設土壌を形成する造成工事では、ショベルカーやダンプ、ブルドーザーを使用して土地をならしていきます。
大規模な鉄骨建設現場では、大型クレーンやバックホー、ユンボなどを使用して大型資材を効率的かつ安全に移動、運搬します。

公共工事などによる高速道路や舗装作業では、路面をならすためのグレーダー、基礎地面を強固にするロードローラー、さらにアスファルト面を乳化して凝固させるディストリビューターなど用途に応じた重機を導入します。
重機オペレーターは、大型工事では常に現場の中核的作業を担っているといえるでしょう。

【重機オペレーターの資格・仕事内容を詳しく調べる】
>>重機オペレーターの求人募集|免許・仕事内容の詳細

エリア・駅・路線から探す

年代・性別から、あなたに合った求人をご提案!

未選択

未選択にする

職種から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

職種のチェック解除

業種から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

業種のチェック解除

条件から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

以下の条件を解除

給与で探す

給与形態
給与額

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

以下の条件を削除してもよろしいですか。

検索条件1

検索条件を保存するには 会員登録/ログイン が必要です。

保存できる検索条件は6件までです。

保存済み条件から1件削除し、新しい検索条件を保存します。

削除する条件

保存できる検索条件は6件までです。

保存済み条件から1件削除し、新しい検索条件を保存します。

削除する条件