デジタルトランスフォーメーション(DX)の事例・効果を紹介

DXとは?|企業の導入事例や効果・DXの意味を解説

DXとは?|企業の導入事例や効果・DXの意味を解説

<DXとは?(デジタルトランスフォーメーション)>
2004年、ウメオ大学(スウェーデン)のエリック・ストルターマン教授によって提唱された概念で、大まかに意味は「ITの浸透が、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させること」です。
2018年には経済産業省からも日本企業がDXを進める動きを加速させるための動きとして、「デジタルトランスフォーメーションを推進するためのガイドライン(DX推進ガイドライン)」を発表しています。

※一般的には「最新のデジタル技術を駆使した、デジタル化時代に対応するための企業の変革」というビジネス用語として使われています。

DXの定義は?デジタルマーケティングの新常識

DXの定義は?デジタルマーケティングの新常識
DXは様々な企業で提唱されていますが、NECでは『実世界の出来事をデジタル化してサイバー世界に取り込み、人・モノ・コトをつなげて新しい価値を生み出し、生活やビジネスをより良く変えていくこと』と定義されています。
今までは個別の家電商品だった冷蔵庫・炊飯器・洗濯機・エアコン等も、スマートフォンと連動させ、AIやIoTなどのデジタル技術を使って新しいものに変革していく。
ビジネスやユーザ体験を進化させていく考え方を、さらに推し進めたものがDXです。

DXを活用する業界|コロナ不況を打破するための起爆剤となるか

DXを活用する業界|コロナ不況を打破するための起爆剤となるか
様々な業界でDX導入が進められていますが、最近の動きとしては「新型コロナウイルスにより大きな打撃を受けている飲食店・外食産業で活用される動きが出てきました。
例えば、様々なビッグデータやAIを活用して来客数を予測する仕組みを導入することで、仕入れにも無駄がなくなりますし、廃棄も減ります。
従業員の勤務状況等もコントロールしやすくなりますし、導入負担はあるもののメリットがあると注目されるようになってきました。
特に昨今のリモートワーク/テレワークの普及や、外食を避ける動きが加速していることで、来客数は大幅に減少しました。
テイクアウトサービスを開始する等して解決策を見出そうとする動きが一般的ですが、このDXを活用することで「無駄を省き、より効率的に集客していく」という考え方が広がってきています。(Webマーケティングの分野に近いと言えるでしょう)
※飲食店関連であれば、「近くを歩く人数」「駅を利用する人数」「天気・気象情報」「時間帯」等、様々なデータと、今までの来客データを組み合わせて考えていく。
同様に不況が続くタクシー業界でも、スマホの位置情報システムなどを活用し、ボタン一つですぐにタクシーを呼べる「タクシー配車アプリ」が活用されるようになっています。
これもデジタルトランスフォーメーションの活用事例として挙げられます。
今まではこのようなIT分野とは無縁だった業界でも導入が始まっており、ここからの1年は「変革の年」と言われるかもしれません。

よくある質問

なぜDTではなくDXと略すのか?(Digital TransformationならDTでは?)
経済産業省でもDXという略語で紹介されています。
デジタルトランスフォーメーションをDXと略す理由は英語圏の影響です。
「Trans」を「X」と略すことが一般的なこともあり、DTではなくDXと略されています。
DXとは何の略・読み方は?
デジタルトランスフォーメーションの(Digital transformation)のことで、DXと略されます。
DXの意味とは
デジタルトランスフォーメーションの(Digital transformation)のことで、ICT技術やデジタルマーケティング分野でよく使われる言葉です。
DXの意味は「デジタルを効果的に活用し提供ができるよう、ビジネスや組織の活動・内容・仕組みを戦略的、構造的に再構築していくこと」です。
DXを導入した企業の事例
<DXの導入事例>
①メルカリ
インターネット上のオークションサイトでは、PC上で行われることが一般的で、消費者や出品者も個人情報を出すことが前提となっており、ハードルが高いと感じるユーザーが多い状況がありました。
メルカリはスマホアプリ上で誰でも手軽に出品でき、匿名でやり取りすることが可能なサービスを作り上げたことで一気に普及。定着しました。
ネット上で取引を完了できる手軽さもあり、顧客目線のサービスとして定着しています。
個人間での商品の売買を手軽にできるようにした功績は大きいでしょう。

②マイクロソフト
世界的に有名なDXの導入事例としては、マイクロソフトの戦略変更が挙げられます。
今までは切り売りタイプで販売していたOfficeをクラウドサービスとして提供することで、利便性を飛躍的に向上させました。他にも月額サービス等を展開することで新しい層の取り込みにも成功し、売り上げを伸ばしています。
DX導入で期待される効果
<DXの効果>
基本的にはデジタル化を進めていくことで、企業の生産性向上を期待するものですが、流れを説明すると以下のような効果を期待して導入する場合が多いでしょう。
・デジタルテクノロジーを活用することで、業務効率化・コスト削減を実現する。

・業務の進め方や社内でのコミュニケーションの取り方も変革させ、働き方がアップデートされる。(働き方改革にもつながる)

・最終的に、企業の生産性向上が期待される

このように、生産性を向上させるための好循環の初手として、DXの効果が期待されています。
DXの活用事例
①医療・診察分野の事例
一般的に認知されてきているのは医療分野。
家にいながら遠隔で診察を行ってもらえるような環境を整えることに活用されています。

②家電分野の事例
ICT(情報通信技術)とセットで登場することが多いDX。様々な家電をスマートフォンに繋げることで、より生活しやすく、便利にすることに役立てられています。(IoT家電・スマート家電とも呼ばれます)

③混雑状況をチェックできる活用事例
最近増えてきているのが、トイレや駐車場・電車の混雑状況をリアルタイムに把握できる仕組みです。
日常的に役立つ便利なものが多いですが、特に電車の混雑状況等は新型コロナウイルスへの感染予防対策にも役立つこともあり、注目が集まっています。

④タクシーの配車アプリ
スマホの位置情報に関する仕組みを活用することで、その場所にすぐタクシーを呼べる「タクシー配車アプリ」もデジタルトランスフォーメーションの活用事例と言っていいでしょう。
今まではタクシーを呼ぶには「タクシー会社に電話する」か「通りがかるタクシーを呼び止める」「タクシー乗り場のある駅前等に移動する」というやり方ぐらいしかありませんでした。
タクシー配車アプリを使うことで、スマホの位置情報等を活用しその場にタクシーを呼べるようになり、人間がやっていた調整業務を無くすだけの業務改善が行われています。
利用者にとってもタクシー会社にとっても大きな変革となっており、DX導入事例の代表的な1つに挙げられています。

エリア・駅・路線から探す

年代・性別から、あなたに合った求人をご提案!

未選択

未選択にする

職種から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

職種のチェック解除

業種から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

業種のチェック解除

条件から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

以下の条件を解除

給与で探す

給与形態
給与額

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

以下の条件を削除してもよろしいですか。

検索条件1

検索条件を保存するには 会員登録/ログイン が必要です。

保存できる検索条件は6件までです。

保存済み条件から1件削除し、新しい検索条件を保存します。

削除する条件

保存できる検索条件は6件までです。

保存済み条件から1件削除し、新しい検索条件を保存します。

削除する条件