ICT技術とは|意味や効果・活用事例を紹介

ICTとは?意味・技術の活用事例を簡単に解説

ICTとは?意味・技術の活用事例を簡単に解説

<ICT技術とは>
ITと似たような意味で使われる「ICT」。名前を聞くことは多くても、詳しい意味は知らない、という方も多いのではないでしょうか。今回の記事ではICT技術について、詳しく・簡単に解説していきます。
ICTとは「Information and Communication Technology」(インフォメーション・アンド・コミュニケーション・テクノロジー)の略で、意味は「情報通信技術」です。身近な例で簡単に説明すると、SNS上でのやり取りやメールでのコミュニケーションも該当します。ネット通販やチャット等、人同士のコミュニケーションを手助けする事もICTに該当します。ITはハード・ソフト・アプリケーション・OA機器等の全体を意味するもので、ICTは「IT技術を使ってどのように人々の暮らしを豊かにしていくか」という活用方法のことです。

ITとICT技術の違い

ITとICT技術の違い
<IT>
「Information Technology」の略語です。「PC/ハードウェア、アプリケーション・OA機器・インターネットやインフラなどの情報を処理する技術の総称」で、「情報を効率的に処理できる技術」という意味です。

<ICT>
世界全体で見るとITよりもICTという言葉の方が定着しています。ITの技術を有効活用することで情報を伝達することに焦点を当てているのがICT技術です。ICTは、「IT技術をどのように活用するか」という点を重視しており、その点がITとの違いです。医療や教育などの様々な分野で、ICT技術が活用されています。

ICT技術の活用事例

ICT技術の活用事例
<高齢者を見守る「見守りシステム」での活用事例>
一般的に知られているのが介護業界での活用事例です。例えば一人暮らしの高齢者の増加が大きな社会問題になっていますが、ICT/インターネットの技術を活用して離れた場所から高齢者の状況を確認できるサービスが増えてきました。有名な機能としては、家電製品にセンサーを設置することで、「電気ポットを使った(生活できている、と確認できる)」という確認ができる機能です。
今後は買い物支援や行政サービスへの申込、診察・診療等がもっと手軽に行えるようになっていくでしょう。

<教育現場での活用事例>
日本政府は教育分野に力を入れており、PCだけではなくタブレットの配布も積極的に行っています。授業で活用するようになっていますし、よりわかりやすく理解しやすいように進化してきました。他にも生徒情報の管理にもICT技術が使われています。また、新型コロナウイルスの影響で学校が休校になったことにより議論が活発化しましたが、オンライン授業等の面でもICT技術が使われています。ICTは「IT技術をどのように使うのか」という考え方になるので、こういった教育現場での導入事例は、どんどん増えている状況です。

<医療機関での活用事例>
カルテや処方箋の電子化が有名です。特に医療現場では慢性的な人手不足の状況なため、ICT技術を用いて紙で管理していたものを電子化することで、医療現場での作業を効率化することに成功しています。

よくある質問

ICTとはどんな意味ですか?
ICTとは「Information and Communication Technology」(インフォメーション・アンド・コミュニケーション・テクノロジー)の略です。意味は「情報通信技術」。簡単に説明すると、SNS上でのやり取りやメールでのコミュニケーション、オンラインショッピング等、人同士のコミュニケーションを手助けしたり、「IT技術を使ってどのように人々の暮らしを豊かにしていくか」という活用方法に関する考え方です。
ICTの活用事例はありますか?
介護業界や教育分野での導入事例が多く見られます。その中で教育分野に関しては急速に導入が進んでいて、「教科書・資料の電子化」や「自宅でも学べるオンライン授業の実施」「動画を活用して授業を受ける」「資料作成をタブレット上で行えるようにする」等の活用事例があります。また、教科書や資料の電子化が進むことで、重たい荷物・ランドセルやバッグを持ち歩く負担も減っていきます。特に近年は猛暑続きで、「教科書の持ち運びの負担」が考慮されるようになってきました。学校に必要な教科書を置いていくだけではなく、ICT技術の進化で教材をタブレット1つに収納していき、そういった部分まで解決することができます。
ICTとITの違い
<IT>
「Information Technology」の略語です。「PCやインフラなどの情報を処理する技術の総称」で、「情報を効率的に処理できる技術」という意味です。

<ICT>
技術を有効活用することで情報を伝達・交換することに焦点を当てています。要するにICTは、「IT技術をどのように活用するのか(すべきか)」に着眼点を置いています。
ICTの読み方
「Information and Communication Technology」の頭文字をとった略語で、読み方はそのまま「アイシーティー」です。
ICTとIoTの違い
ICTとは、Information and Communication Technologyの略称(情報通信技術)
SNS等に代表されるようなIT技術をコミュニケーションに活用する事です。
IoTとは、Internet of Thingsの略称(モノのインターネット)
スマートスピーカーやネットワークカメラ等に代表されます。
>>IoTとは?意味・技術の活用事例を簡単に解説

エリア・駅・路線から探す

年代・性別から、あなたに合った求人をご提案!

未選択

未選択にする

職種から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

職種のチェック解除

業種から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

業種のチェック解除

条件から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

以下の条件を解除

給与で探す

給与形態
給与額

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

以下の条件を削除してもよろしいですか。

検索条件1

検索条件を保存するには 会員登録/ログイン が必要です。

保存できる検索条件は6件までです。

保存済み条件から1件削除し、新しい検索条件を保存します。

削除する条件

保存できる検索条件は6件までです。

保存済み条件から1件削除し、新しい検索条件を保存します。

削除する条件