30代の転職で求められるスキル

30代向けの転職サイト|未経験からの転職

30代向けの転職サイト|未経験からの転職

企業は、30代の採用では、基本スキルとポテンシャルスキルを焦点に当てています。基本スキルにあたるのは、パソコンスキル、ビジネスマナーなど社会人としての常識と言える条件に相当します。ポテンシャルでは特にコミュニケーション能力、マネージメント能力、リーダーシップ能力などが焦点となります。コミュニケーション能力が長けている人材は、いかなる業態でも才覚を発揮することができます。転職して、新しいコミュニティの調和や統率を図り、事業促進を進めるには、コミュニケーションが不可欠。企業側は、これから企業やチームを先導してくれるコア人物を求めていると言えるでしょう。マネージメントも同様に、ビジネスの場面では全体をまとめる力や、総括的に把握する能力が重要視されます。状況を即座に把握し、効率的な解決策や改革ができる能力を備えた人材は企業の率先力として役に立つことができます。最後にリーダーシップは言うまでもなく、グループやプロジェクトをまとめるために不可欠な要素です。どのような業態においても、支持を下すリーダー的存在が、リスペクトされる素養があることで、事業所や業務を円滑に進めることが容易となります。

30代の転職で求められるスキルの求人一覧へ

30代の未経験でも転職しやすい職種

30代の未経験でも転職しやすい職種

30代で未経験転職を検討するときに、理想と考えられる業界はいくつかあります。近年特に注目されているのが、IT業界です。テクノロジービジネス自体の歴史が浅いことと、技術者などの人材不足などから業界へ参入しやすいと考えられます。IT業界では、プログラマー、システムエンジニア、Webマーケティング、コンテンツ、営業、など職種も多数みられます。建設業界も職人やオペレーション技術者などの高齢化に伴い人手不足といわれる業態です。建設業界も設計、資材、建築、現場管理、ハウスメーカーなど職種も実労働からクリエーション、マネージメントに至るまで多種多様な分野で活躍の場を開拓することができます。また製造業界や運輸業界では近年のEコーマスによるコンシューマーの拡大から、慢性的な人手不足が叫ばれている業態です。製造業では工場などの製造分野をはじめ、営業、マーケティング、開発、などへ移行することもでき、経験を積みながらノウハウを身につけることができるでしょう。また高齢者社会の拡大から、医療機関や介護関連、福祉の業界も需要が広がっています。医療事務や介護者など未経験、無資格で就業を奨励する職業も多数あります。

30代からの転職成功のコツ(自分のキャリアを棚卸しして、どのようにアピールするか整理など)

30代からの転職成功のコツ(自分のキャリアを棚卸しして、どのようにアピールするか整理など)

まずは、転職したい理由の分析を行います。物理的条件よりも、本当にやりたい仕事に従事しているか?という点に焦点を当ててみましょう。入社当時に描いていた理想の仕事が実現できていない、あるいは自分には合わなかった、という現実に直面することは少なくありません。次に自己分析の細分化です。新卒で就職活動をしていたころと、実際に社会で活動してみて自己能力に新たな発見や発掘があったかもしれません。この自己分析が明確でないと、転職の際の職務経歴書の記入や面接で長所を明確に提示することができません。自己分析と同時に、キャリアの棚卸は必ず行いましょう。取得した資格、プロジェクトなどの実績は、転職の際のアピールポイントとなります。さらに重要なことは、入社したいと考える企業理念や社風の研究です。現在、離職したいという人は、理想の会社に入社したにもかかわらず、どこかでミスマッチを感じているのではないでしょうか。転職を希望する会社のWebサイト調査やセミナーへの参加など、会社の理解を深める努力が、第二のミスマッチを回避するために役立ちます。そして、転職を検討している人は、現在の会社で就業しながら就職活動を並行することをおすすめします。転職先が決まらないまま離職すると、経済面などで支障をきたす恐れがあります。焦って希望でない企業に転職しないためにも、余裕を持った転職活動が理想といえるでしょう。

30代の転職で求められるスキルの求人一覧へ

30代の転職で求められるスキルの仕事体験談

キャリアアップのために思い切って30代で転職

キャリアアップのために思い切って30代で転職
30代前半男性

20代前半に就職したスタートアップ企業で30代直前まで勤務いたしましたが、給料が思うようにアップしませんでした。前職の仕事はとてもやりがいあるものでしたが、この先を考えると、不安を感じたのは確かです。そこで、自身のスキルがどの程度通用するのかを図るために、大手企業を中心に転職活動を開始。意外にも複数社からお声かけ頂き、現在では業界トップの企業に勤めています。

30代で未経験からの転職

30代で未経験からの転職
30代前半女性

20代を事務職として過ごしてきたため、このまま特別なスキルを培えないでいることに不安を覚えたのが、30歳になってしばらくのことでした。友人にはシステム化の波に伴い、リストラをされている者もいて、焦りばかりが募っていました。しばらくは前職の経験を活かせる求人をメインで探しておりましたが、30代で同様の待遇は難しい状況。そこで、少し視野を広げて内勤営業を中心に転職活動を続けた所、現在の職場に内定を貰いました。内勤ですので、抵抗のあった外回り等がなくストレスなく業務に当たれています。

30代、子育ての為一旦職を離れるも再就職できました

30代、子育ての為一旦職を離れるも再就職できました
30代後半女性

20代後半から30代前半にかけて立て続けに3人子供を授かり、しばらく職には就いていませんでした。しかし、一番下の子が小学校へ入学するのを機に、再就職を検討。前職で販売の経験があったため、モバイル機器の販売スタッフの内定を頂きました。まだ子供が小さいこともあり、夜遅くまでの勤務には気が引けていたため、フレックスタイム制が導入されていることが就職の決め手でした。

よくある質問

30代でも未経験の職種へ転職できるのか?
30代の転職では、企業の採用側は基礎構築ではなく、中核的存在となる率先力を求める傾向があります。そのため未経験の転職などの場合でも、これまで培った専門分野の技術を活かして、目的志向のもと行動する人材が活躍の場を得ることができるようです。採用する企業側は、30代の転職ではある程度の専門性やスペシャリティを求める傾向があります。同時に採用人材の気質に求められるのは、社会人の常識や知識が備わっていることはもちろんですが、統率力、マーケティング、語学力などを持った人材です。実務的な資格は、転職でも有利な場合がありますが、資格を使った実績やプロジェクト例などをアピールすることが成功の鍵と言えます。
30代の女性が転職する上で準備しておくべきこととは?
30代は女性にとって、人生のターニングポイントとなる人も少なくないでしょう。ライフイベントによって女性は生活スタイルや仕事にも影響があるため、転職でも加味しながら進めていくのもよいアイデアと言えます。転職活動を始める前に、キャリアの短期目標と長期的な計画の細分化も行ってみましょう。ゴールとするポイントが明確であれば、ターゲットとなる業態、職種あるいは雇用形態などを絞りやすくなります。転職の準備では、まずキャリアの棚卸をしてみましょう。過去の経験や実績を生かした転職では、資格や実務経歴はキャリアアップの強みとなります。自身での分析や整理が難しい場合は、転職エージェントや転職サイトなどに登録し、ガイダンスに従って進めるのも有効です。