第二新卒の転職・正社員求人

第二新卒とは?転職体験談と大手の採用担当者が期待している要素

第二新卒とは?転職体験談と大手の採用担当者が期待している要素

第二新卒とは、一度「高校・短大・大学」などを卒業し就職をした人が1~3年内に離職し、再度就職活動にあたる若い世代のことを指します。
年齢層としては22歳から25歳までが多く、海外留学などで就職活動を遅れて始める人も第二新卒と呼ばれます。
厚生省によると、2019年調べで卒業後3年以内の離職者は、高卒は4割以上、大学卒は3割以上にのぼり、新卒で採用された人が離職する数は年々増加する傾向にあります。
雇用動向調査からみる新卒として採用した人の離職理由では、「給与が少なかった」「労働条件に不満足」「企業の将来性に乏しい」「大手企業に挑戦したい」「人間関係の不和」「仕事への興味減退」などが挙げられています。
調査結果から推測されるに、就職前に描いていたイメージと現実のギャップを感じ離職することから、第二新卒が増加していると考えられます。
また第二新卒とよく混同されがちなのが「既卒」です。
この既卒は、学校を卒業してから一度も正規雇用(正社員)として働いていないことで、この既卒の人たちは既卒生と表現されます。
既卒と第二新卒は一見似ているかもしれませんが、正規雇用経験の有無により大きな違いがあるため、混同しないようにしておきましょう。

第二新卒の求人一覧へ

  第二新卒のオススメ新着求人

企業の採用担当者が第二新卒に期待していること・求めること

企業の採用担当者が第二新卒に期待していること・求めること

企業が第二新卒者を採用する際に、主に4つのポイントに焦点を当てて検討します。

1つ目は、社会人としての基礎的なビジネスマナーです。
挨拶、電話対応、言葉使いなど基本的なマナー教育に要する時間と経費を削減する目的から、第二新卒を採用する傾向があります。そのため、常識的な振る舞いができることが鉄則です。

2つ目は、将来性が期待できるかという点です。まだ社会人としての経験が浅い分、新たなことに積極的にチャレンジし会社に貢献できる人材かどうかを判断されます。
新しい環境への前向きな姿勢や、ポテンシャルを発揮していくという姿勢が重要です。

3つ目には、柔軟性の有無です。社会人としてまだ型にはまっていない第二新卒は、企業の理念や社風に柔軟に対応できること、新しいことへの吸収力が高いことを期待されています。

最後に長期的な就業を望めるかということです。企業側は、離職による体験をどのように将来に生かせるビジョンを持っているのかという方向性を確認して採用の判断基準にします。
ポジティブで生産的な志向性が好まれますので、面接の際にも気を付けたい注意点ともいえるでしょう。

第二新卒が転職しやすい時期

第二新卒が転職しやすい時期

第二新卒者が転職しやすいのは、4月入社の1月から3月もしくは、10月入社の7月から9月の時期でしょう。
4月入社(1月~3月)は、新しい年次の始まりで新入社員や新卒者の離職による補充が行われる時期です。
新規求人が増加するとともに、新卒者の応募も多くなる時期です。10月入社(7月~9月)は、移動や転勤による配置移動が見られる時期です。
10月は企業の下半期開始時期とするところが多く、また6月のボーナスを受領して移動、離職する人が多い傾向にあり、企業求人が多くなります。
4月入社と比較すると、移動や転勤組とは年齢層が違う可能性はありますが、離職後すぐに就業したいという人には良いチャンスといえます。
特にキャリアアップを目指す人は、同僚が先輩層の中で切磋琢磨され充実した職場環境を実感するでしょう。

第二新卒として転職するメリット

第二新卒として転職するメリット

第二新卒として就職するメリットは、前職の経験を活かせることです。
一度社会人経験を経て、ビジネスマナーやビジネスマインドに触れているため、社会人としての基礎的振る舞いを踏まえて行動できます。
新卒者と同じように会社研修を受ける場合も、高い理解力で素早く会社理念を吸収することが可能でしょう。
前職で失敗した経験や勉強不足と感じた点は、自身の現状を把握することにつながります。
これからスキル向上を目指すための大切な指標となるでしょう。さらに新卒者とは異なり、企業のイメージと現実との相違を軽減するノウハウにも心得があります。
希望条件や理想の企業ターゲットを絞り、適合する求人を探しやすくなります。
新卒で目指していた企業への就職や、新分野の開拓など就職先の選択の幅が広がり、新たな自分への挑戦ができるのも魅力です。
新卒で明確でなかった将来的な長期キャリアプランも立てやすくなり、本当に希望する職業や企業への就職を実現することがでる可能性もあります。

第二新卒で転職する注意点

第二新卒で転職する注意点

第二新卒での就職活動は、新卒と同様のアプローチで同じ結果を招かないように注意が必要です。
まずは、前職の経験から自己分析をじっくりと取り組んでみましょう。自己分析により、前職を振り替えり、自己認識を明確にします。
そうすることで、具体的な離職原因を明文化したり、改善点と対処方法について検討したりできます。
そのうえで自分が本当に目指している職業や分野から、最終的にどのようなキャリアを築きたいのかという長期的設計を立ててみましょう。
将来のキャリアビジョンについては、面接で必ず質問される項目です。採用側は持続性があるのかという不安感を持って審査しますので、長期的で一貫性のあるキャリア計画で説得できることが大切です。
第二新卒での就活では、採用側は職務経歴書の内容も重視します。
新卒で漠然と描いていた理想から、一歩前進した現実味のある自己PRができることが、第二新卒の戦略法となります。
たとえ離職理由がネガティブであっても、柔軟性とポテンシャルが垣間見える職務経歴書を完成させて、自分の長所を理解してもらいましょう。
取得した資格やスキルをアピールすることで、ポジティブなイメージを印象付けられるように展開できます。

第二新卒の求人一覧へ

第二新卒の仕事体験談

大変だったこと

大変だったこと
20代前半男性

第二新卒としての転職の大変だった点は、時間の工面です。
前職就業中に就活を平行して行っていたので、企業研究や応募書類の準備、さらに面接に向けての対策など時間が足りないと思う日々でした。
また面接に出かける際は、仕事の段取りを同僚に任せたりと、協力を仰ぐことも多々ありました。
さらに一番時間のマネージが大変になるのが、内定が決まった後です。
引継ぎのための時間を定期的に作らなくてはならないので苦労しました。

転職期間中の印象的なエピソード

転職期間中の印象的なエピソード
20代前半女性

転職のきっかけになったのは親友からの一言でした。
新卒で、将来性があるという理由で介護関係に就職しました。介護を長く続けるために専門的な資格を取りたいと思い、資格検定勉強を始めました。
初めは慣れない仕事を覚えるのも楽しく、独学で資格勉強との両立も充実していると感じました。
しかしスタッフ欠員による長時間労働や、認知障害者の看護で精神的に疲れ、バランスが取れなくなりました。
そんな時親友が「転職は逃げるのではなく、より良い人生の選択のため」と後押しをしてくれ気持ちが切り替わり、転職を決意しました。

第二新卒で転職してよかったこと

第二新卒で転職してよかったこと
20代前半女性

外国語大学を卒業して輸入企業の貿易事務として就職をしました。
海外のクライアントによる不備や破損などのクレーム処理は事務担当になり、謝罪するたびに神経が磨り減る思いでした。
それでも上司には仕事に努力が反映されていないと指摘を受け、やりきれない気持ちになって転職を決意しました。
別の業界に転職も考えましたが、貿易で身に着けたスキルを活用するために今度は輸出の会社へ転職しました。
日本発信ということで自信をもって自社を売り込むことができ、転職に満足しています。

よくある質問

第二新卒でも大手に転職できる?
第二新卒で大企業への就職は、チャンスがあると言えます。
大企業が第二新卒を欲しがる理由として、社員教育費削減、即戦力になり得る人材の導入が挙げられます。
新卒とは異なり、ビジネスでの接遇マナーや考え方など根本的な教育の手間が省けます。
また多くの第二新卒者は、前職で基本スキルを構築し、キャリアアップのための具体的な目標が定まっています。
大企業の欲しい人材と適合すれば、時間とコストをかけずにエネルギッシュな人材を手に入れることができるのです。
大企業では、適材適所であることで企業の組織力を向上する姿勢があり、第二新卒にとって実力を発揮できる土壌と言えます。
>>第二新卒歓迎の転職・正社員求人を探す
第二新卒の転職で自己分析を特にしておきたい部分は何ですか?
第二新卒での就職にあたり、自己分析で重要なのは「転職を決意した理由は何なのか」を明文化させておくことです。
そして、転職したい理由からブレイクダウンして「本当に従事したい仕事」と「その内容の詳細」、また従事したい仕事のスキルを高めるための資格や対策など、できるだけ詳細に書き出してみましょう。
そうすることで、自分のスキルにかけていることを理解し、どのようなアプローチが最適なのかという方法が検討できます。
長期的なキャリアアプローチができるよう3年、5年、10年先の自分を想像して具体化してみましょう。
このようにして、本当に求める目標が定まっていなければ、転職成功という目標達成は難しくなります。
そのためにも自分自身の本当の「転職理由」を正しく理解するために、深く掘り下げていく自己分析が必要となります。
・注目のキーワードで仕事を探す
>>第二新卒 採用第二新卒 大手第二新卒 未経験

第二新卒 × 勤務地で絞り込む

第二新卒 × 職種で絞り込む

第二新卒 × 業種で絞り込む

  • 第二新卒の退職理由の伝え方

    第二新卒の退職理由の伝え方

    第二新卒の離職原因は、どうしてもネガティブな理由が多くなりがちです。
    履歴書や面接の際に、離職理由がポジティブな印象を与えるような伝え方を学んでおきましょう。
    離職の理由に最も多く見られるのが、給与面の不満です。
    その場合「給与が安くて辞めました」ではなく、「自身が成し遂げた実績を実感しながらさらに即戦力として貢献したい」のようなポジティブな文面が好ましいでしょう。
    サービス残業に関しても、「サービス残業が嫌で辞めました」というよりも、「成果に見合う評価を受けたい」という表現だと好感が持てます。
    営業でよくあるのが、「ノルマがきつすぎる」という理由で離職した人です。
    その場合、「数字先行ではなく顧客の一人一人と長く信頼のあるビジネスを構築したい」という伝え方が効果的と言えます。
    また中小企業や小売りなどによくみられる「社長のワンマン経営への不満」も理由として一般的です。
    このケースでは「社長の意向に共感しながら、同じ方向性でビジネスに貢献したい」のような見解が望ましいでしょう。
    会社内の人間関係が問題だった人は「チームワークをとりながらプロジェクトを成し遂げたい」などグループタスクに従事したい点に焦点を当てると良いでしょう。
    他にも「通勤時間が長い」のようなケースでは「通勤に充てる時間を有効的に仕事に活用したい」と表現するとタイムマネジメントが上手な人というアピールにもなります。

  • 退職理由のポジティブな考え方

    退職理由のポジティブな考え方

    新卒で離職になった原因は、常にネガティブな部分ばかりではありません。裏を返せばポジティブにとらえられる解釈がいくつもあります。
    給与面に不満を感じるということは、自分の実績やスキルが正当に評価されていないという気持ちの表れと考えることができます。
    また社内での人間関係がうまくいかなかったのであれば、個人プレーあるいはチームプレーのどちらかに長けているのかもしれません。
    ノルマを課せられる営業職を離職したのであれば、短時間で成果を上げるコミュニケーション能力には長けていないかもしれないが、長く付き合うことで真の自分を理解してもらい深い信頼を築くことができる人と解釈することができます。
    営業経験者だからこそ、将来的には商品企画やマーケティング戦略など商品を売れるものに作り上げるブレーンとして活躍ができるのかもしれません。
    中小企業で会社や上司の直接的な指示がワンマンすぎると感じたのであれば、組織が細分化された大企業が適所ということもあるでしょう。
    離職した理由は人それぞれですが、解釈は常に一つではありません。
    第二新卒で就職にあたり気持ちを一新するためにも、ネガティブな解釈ではなくポジティブに転向できる努力をすることは、キャリア向上への前進にもつながります。
    離職原因を掘り下げプラス思考に展開する取り組みをしましょう。

  • 面接での効果的なアピールの仕方(自己PR)

    面接での効果的なアピールの仕方(自己PR)

    面接でのアピールを効果的にするために、自己PRの焦点は絞って伝えるようにしましょう。
    長所や強み、スキルなどをいくつも並べると面接官へ強調したい根本が伝わりにくくなります。
    基本軸にするテーマは1つもしくは2つに絞り、イメージしやすい具体例を交えるのが効果的です。
    面接では求人者の制限時間は限られています。企業によっては、自己PRを時間内に述べることを要求するところもあり、面接用に要点をまとめた自己PRを、1分ないし3分で準備しておくことをおすすめします。
    文章構成は、アピールしたい事柄をまず最初に切り出します。具体例は、できれば起承転結形式で、問題が自身の長所やスキルによって、解決された過程を説明するストーリーが望ましいでしょう。
    長所を挙げる場合は、希望の部署、会社理念に沿った内容が適切です。
    将来、会社に貢献できるスキルや長所を持ち合わせた人材であるということを、アピールする内容を話すことが重要となります。
    そもそも自分の強みを客観的に探せないという場合は、キャリアアドバイザーなどへの相談もおすすめです。
    自身で発見できない長所を引き出して効果的に活用することが容易になります。
    面接の際に緊張で言葉が出てこないというハプニングに見舞われないために、さまざまなシチュエーションを予測してシュミレーションを行いましょう。

    <就職に役立つ転職ノウハウ>
    >>女性のための転職ノウハウ!あると便利な資格や年齢別の成功例を紹介

    >>未経験でも転職しやすい仕事は?面接での自己PR方法(長所・短所の伝え方)