託児所付きの転職・正社員求人

託児所付きの求人・仕事の体験談

託児所付きの求人・仕事の体験談

少子化対策として2016年の企業主導型保育事業への助成金制度によって、企業内に保育所を設置する事業所が増えてきています。正社員として働く女性にとって、子育てしながらでも働きやすい環境を整えるために取り組みが行われています。そういった企業へ転職する女性の方が増えることで、環境整備が進んでいくでしょう。
企業内保育所はその形態によって大きく4つに分類することができます。認可保育所(事業内保育所)は、施設の大きさ、職員数、給食設備、防災対策、衛生管理など既定の基準を満たしたうえで、各地方自治体に認可された保育所を指します。企業主導型保育所(企業主導型保育事業)は、内閣府が助成金を援助して推進している保育所です。児童福祉法上の認可規定に準じないため、開所時間は事業所に合わせるなど柔軟性があるほか、複数の企業によって共同運営することもできます。認可外保育所は、無認可保育園に相当するもので、厚生労働省管轄の児童福祉施設ではありません。各自治体による運営基準を満たしていれば開園でき、助成金は下りないもののベビーホテルなどに見られる地域のニーズに合わせたサービス提供ができる利点があります。最も簡易的な施設に、自治体への申告不要で保育スペース確保のみで設置できる託児スペースというものがあります。ここでは従業員の乳幼児のみ預かることができ、助成金などの援助はありません。

託児所付きの求人一覧へ

  託児所付きのオススメ新着求人

託児所付きの求人にはどのようなものがある?

託児所付きの求人にはどのようなものがある?

「働きやすい仕事・職場環境」を整えるために、大手企業では働く女性向けに設備を整え始めています。託児所付きの求人には、女性の活躍する職種に多くみられます。大手化粧品メーカー資生堂では2017年より「カンガルーム」という企業主導型保育所を設置し、育児と社会復帰を支援しています。小売業で全国各地に商業施設を保有するイオン株式会社も、「イオンゆめみらい保育園」という施設を全国15か所に配置しています。ルートセールスなどで知られるヤクルト食品は、企業内保育を1970年ごろから開始した企業で、今では「ヤクルト保育カリキュラム」という独自の保育システムも導入しています。コンビニエンスストアのセブンイレブンやローソンもスポット保育や臨時保育施設を開設するなどして社員の保育環境改善に努めています。
託児所が完備された職業で最近増加傾向にあるのが、介護、医療、福祉関係の施設です。看護師、介護士、歯科衛生士などの業務においても事業所や医療機関に託児所完備の所が目立ってきました。他には、美容師やビューティシャン、美容外科など女性が活躍する職場でも託児所を採用するところが増加しています。

託児所完備の求人で抑えておきたいポイント

託児所完備の求人で抑えておきたいポイント

託児所完備の求人は年々増加傾向にはありますが、地域や職種によってはまだまだ希少なところもありますので、仕事探しで苦労するかもしれません。託児所付き求人は、倍率も高くなることが予想されますので、常に最新の情報をいち早く入手することがポイントです。転職サイトなどを活用する場合は、アラートなどの設定でアップデートできるように準備をしておきましょう。ただしせっかく面接までこぎつけても、志望動機が「託児所完備だから」という理由では、採用されることは難しいと思われます。検索の際は、企業の会社理念や求職者への要望などを把握しておくことが大切です。また託児所はその形態によって規模も、職員やケアについても様々です。託児所の規模に応じて、平日のみの預かり、または正社員のみなど条件付きの企業もありますので、検索の際にも注意しましょう。託児所付きの求人検索は、初めての求職者にはコツがつかめないこともあります。どこから始めればわからないという方は、専門の転職エージェントに相談することをおすすめします。

託児所付きの求人一覧へ

託児所付きの仕事体験談

託児所付き求人に転職したきっかけ

託児所付き求人に転職したきっかけ
20代後半女性

自宅から近い一般診療所で看護の仕事をしていましたが、子供は保育所に預けていました。保育所とクリニックは車で15分はかかるので、何かあってもすぐに駆け付けられないのがネックでした。しかも個人クリニックなので、急遽仕事を抜けるのは難しいばかりか、時間外でも患者さんがいれば処置をするので、勤務時間ですぐに職場を離れられない環境でした。そんなことが理由で託児所完備の総合病院に転職したいという気持ちが強くなりました。

託児所付き求人だからこそ良かったこと

託児所付き求人だからこそ良かったこと
20代後半女性

以前勤務していた介護施設から、託児所完備のルートサービスに転職をしました。介護業務自体に不満はありませんでしたが、少人数の職員で運営していたため、急な休みや早引きなどができない状況でした。現在の業務は基本的に一人ですが、託児所で顔を合わせる同僚がいることで、子供の相談や会話ができ会社に行くのが楽しみになりました。介護職ではいつも直帰していましたが、今では勤務後に子供連れでお茶をしたりする時間もでき、公私共にバランスが取れていると感じています。

託児所付き求人に転職してからの変化

託児所付き求人に転職してからの変化
30代前半女性

これまで子供を両親に預けて仕事に出ていましたが、両親への負担も考えると転職して託児所があるようになって非常に助かっています。託児所付きの職場は、職場内全体に子供優先という空気が流れています。前職では、小さい子供を持つ方もいなかったせいか、子供の事情を持ち出すのがタブーという雰囲気がありました。しかしここでは同じ年ごろの子供を預けるお母さんも多く、共有できることが多いのも利点です。子育て仲間が増えた気分で、仕事にも精力的に取り組むことができます。

よくある質問

託児所完備の正社員の求人は多い?少ない?
日本全国の求人数から見る託児所完備の求人は約4%ほどで、決して多いとは言えないでしょう。傾向的には全体の求人の半数が、介護、看護、薬剤師、医療事務などを含む医療関係の業界に求人が分布しています。販売業や営業部門、食品会社のルートサービスなどにも求人があります。また少数ではありますが、大手自動車メーカーやアパレル業界の製造部門など生産・製造業にも託児所付き求人は募集されています。最近のインバウンドのあおりを受けてタクシー業界でも重要が高くなっているため、タクシードライバー求人でも託児所付きの募集が増加しています。
>>託児所ありの正社員求人を探す
託児所は子供がいれば誰でも利用できるのですか?
託児所と言われるのは「事業所内託児所」いわゆる企業主導型保育所と商業施設や病院などで一時預かりをする「一般託児所」があります。一般託児所は、商業施設やある事業所もしくは医療機関などに自身が訪れている間ですので、誰でも子供を預けることができます。「事業所内託児所」はその事業所で就業する人のみに開放されている託児所ですので、一般の人は利用はできません。また企業主導型保育所と呼ばれるこの認可外保育では、職員や保育士、給食、防災管理、衛生管理といった規定を満たす必要がないため、スタイルも様々です。また勤務形態によって利用状況に制限がある場合もあり事前に確認が必要でしょう。
>>託児所つきの正社員求人を探す

託児所付き × 勤務地で絞り込む

託児所付き × 職種で絞り込む

託児所付き × 業種で絞り込む

  • 託児所付き正社員求人の抑えておきたいポイント

    託児所付き正社員求人の抑えておきたいポイント

    託児所付きの求人は子供を仕事場で預けられる安心感が利点です。しかし認可保育所とは異なり、確固とした運営の規定がないことが反面に出る場合があることも心得ておきましょう。事業所内託児所は、認可保育所ではないため、保育にあたるスタッフに資格は必要ありません。将来保育士を目指している保育士の卵などが従事することも多く、経験不足な人材が担当することも考えられます。こういった保育施設は主に正社員を対象している場合もあり、求人応募の際にはどのような人材が何人でいつ、どんなふうに対応するといった概要の確認がポイントとなります。転職する際には、よく確認するようにしましょう。
    また保護者側からも子供の特徴や傾向など、保育担当者に説明をし適切な保育を受けられるようコミュニケーションを密接に取りましょう。もう1つ大切なポイントとして、託児所の根本的な定義の認識です。託児所は保護者の委託を受けて乳児・幼児を保育する目的で設けられています。これは管轄や認可外という相違はあるものの、ほぼ保育園と同等の役割を果たします。心身の発達を助長する目的で設けられている幼稚園のような教育施設ではありません。幼稚園に通う子供は、年間行事やクラスの中で社会生活を経験することになります。3歳を超えたら、託児所で十分なのか、子供の教育課程について検討する必要があるかもしれません。託児所付き求人は親にとってはありがたい施設ですが、子供の状況や年齢に応じた保育方法も考慮に入れるようにしましょう。

  • 託児所によって1日の流れは様々

    託児所によって1日の流れは様々

    託児所は企業主導型の場合、企業や事業所の営業時間に合わせることが多く、大きく分類すると、デイ保育と夜間保育の2種に分かれています。デイ保育の開園時間は7時もしくは8時くらいが一般的です。開園から9時までの間は、保護者の時間に合わせた登園時間となっています。9時半から10時くらいから午前のおやつ・自由遊びの時間です。事業所によってはこの時間内に、英語のレッスンやお散歩、おかたずけといった教育としつけを取り入れているところもあるようです。11時半から12時半が給食で、そのあと15時頃まで、お昼寝の時間となります。15時半から16時までは午後のおやつと帰り支度です。デイ保育は17時から18時までにはお迎えがあり、順次降園となります。夜間保育の施設は、この後18時からが夜の部の登園時間です。19時から20時に夕食をすませ、21時には消灯というスケジュールになります。事業部やシフトによって最終のお迎えの時間は異なってきますが、1日のタイムスケジュールはこのような流れが平均的でしょう。また預かりの子供の年齢や、保育担当の人数によってもスケジュール内容は変化します。パート雇用などで勤務時間が短い場合は、お昼寝までやお昼からなどシフトによって柔軟に対応してくれるため一般の保育所よりも非常に効率的です。

  • もし不安なら一度託児所を見学するのもベター

    もし不安なら一度託児所を見学するのもベター

    託児所は、事業所ごとに独自の運営をしています。保護者のニーズに合わせてスケジュールなどを柔軟に変更できるのも魅力と言えます。最近では、企業が運営する託児所は、従業員者向けの共同利用開発が進み、全国に徐々にシェアを広げています。一般の保育園と異なり、各企業が託児所を運営しますが、一定のブランド化と質の安定が図れることから共営の企業主導型保育所に契約している会社が増加しているようです。これらの施設は企業内だけでなく、病院内保育、認可保育園から学童保育に至るまで、従業員のニーズや事業所の形態に合わせてカスタマイズされているのが特徴です。多くの託児所ではおむつやミルクその他の必要備品は施設で準備があります。ただし、おむつの処分やおしりふき、毎日の着替えやパジャマなど荷物や手間になる事柄を施設に依存する場合と、保護者が対処する場合があります。オプショナルとしても提案しているところもあり、施設費が変わる可能性がありますので、あらかじめ確認しておきましょう。また同様に、お昼時間やおやつ時間のタイミングで預かりを希望する場合も、別途料金がかかる施設もあります。託児所を完備している多くの事業所では、仕事見学と合わせて託児所の見学も随時実施していますので、自身の目で一度確かめておくのもよい方法でしょう。