介護職の夜勤で働くメリット・デメリット

【介護職の夜勤】仕事内容の詳細。夜勤専従や一人でやる仕事はある?

【介護職の夜勤】仕事内容の詳細。夜勤専従や一人でやる仕事はある?

介護職の夜勤の仕事には、利用者の就寝前後のケア、夜間の排泄の手伝い、起床時の手伝い、などがあります。夜勤の職員は、まず仕事に入ったタイミングで日勤の職員から仕事の引き継ぎを受けます。引継ぎの内容は、利用者のその日起きたことや体調・心身状態などです。
利用者が就寝するまでの間、排泄の手伝い・夕食の準備・食事の手伝い・口腔ケア・着替えの手伝いなど、さまざまな仕事をします。
利用者が就寝すると消灯をして巡視をします。巡視は1~2時間に1回ほどが目安です。巡視中には、すぐに寝付けない利用者への声かけなどをしていきます。この間にゴミを片付けたり、義歯を洗浄したりします。また、状況に応じて排泄の手伝いをすることもあります。明け方になると、体調がすぐれない利用者のバイタルチェックを行い、体位交換やおむつ交換なども行います。
利用者が起きてきたら起床介助を行い、早出している職員と朝食の準備なども行います。夜勤の仕事はここで終わりですので、出勤してきた日勤職員に申し送りをします。引継ぎが完了し、記録の整理ができ次第、退勤という流れが一般的です。

介護職の夜勤の勤務時間

介護職の夜勤の勤務時間
介護職の夜勤の勤務時間は、午後4時~翌10時、午後9時~午前8時あたりが一般的です。介護職の勤務形態には「2交代制勤務」と「3交代制勤務」があります。
2交代制勤務は、8時~17時の日勤と16時~翌10時の夜勤を交代に行う形態です。1回あたりの労働時間は16時間を超えるものが多いため、翌日は基本的にお休みになります。これは変形労働制と呼ばれており、1週間当たりの労働時間が40時間以内であれば法定労働時間を超えての労働ができる仕組みです。
3交代制勤務は、6時~15時の日勤・14時~22時の準夜勤・21時~翌7時の深夜勤があります。1回あたりの労働時間は8時間と決められており、2交代制勤務よりも短いですが、働く時間は変則的になります。
勤務の開始・終了時間は病院や施設によって異なるので、自分が働こうと思っているところの求人票に書いてある勤務時間は確認しておくとよいでしょう。

介護職の夜勤の待遇・給料

介護職の夜勤の待遇・給料
夜勤に関する賃金には「深夜割増賃金」と「夜勤手当」の2種類があります。
深夜割増賃金は労働基準法で定められています。22時~翌5時の間は基本給の25%増しの賃金を支給する必要があります。25%を下回ってはいけません。そのため、日勤と同じ時間で働いても夜勤のほうが賃金は高くなります。
一方で夜勤手当は特に法律で払わなければいけない決まりはないので、会社ごとに独自に設けることができます。施設や資格の有無によって手当には幅がありますが、おおよそ3000円~8000円ほどが加算されます。求人によっては、基本給が夜勤手当込みの額で設定されているところもあるので、基本給と手当の境目をはっきりさせておくとよいでしょう。
つまり、介護職の夜勤でもらえる賃金は最大で「基本給+深夜割増賃金+夜勤手当」の3つが加算された賃金が一般的です。

介護職の夜勤で働くメリット

介護職の夜勤で働くメリット
介護職の夜勤は、日勤の業務内容と比べてやらなくてはいけないことが少ない傾向にあります。業務量の多い仕事は日中に行われることが多く、夜間は利用者が寝ているため、仕事の中心は巡回や排泄介助です。
また、2交代制勤務にみられる16時間勤務の場合、翌日は休みになることが多いので、シフトの組み合わせ方によっては連休をとることも可能です。仕事に入るまでの時間は自由に使えるので、環境によっては月に10回ほど夜勤に入り、それ以外は自分の趣味を楽しむこともできますし、家族との時間を大切に過ごすこともできます。まとまった休みでキャリアアップのための資格取得に時間を割くのもいいですね。自分のライフスタイルに合わせた働き方ができるのが魅力だと言えます。
また、介護施設の夜勤は人手が減っているため、休職している人は夜勤対応がある病院や施設も視野に入れておくと、選択の幅が広がります。

介護職の夜勤で働くメリット・デメリットの仕事体験談

夜勤介護の体験談:働いてよかったこと
20代女性

介護の仕事は人と人が触れ合う仕事です。一緒に喜んだり楽しんだりすることができます。利用者の元気な姿を間近で見ることができるので、前向きに生活している様子が見られたときは働いていてよかったと思いました。

夜勤介護の体験談:働いてよかったこと
30代男性

利用者と直接関わることで、自分も元気をもらうことができる仕事です。自分の働きによってその人が笑顔で生活している様子を見て、自分が必要とされているのだと改めて実感することができました。心を開いてくれたと感じたとき、嬉しく思います。

夜勤介護の体験談:大変だったこと
40代女性

夜勤の仕事内容でも、介助など体を動かす内容はあるので体力が慣れないと大変だと感じることがありました。いくら8時間勤務とはいえ、中には一人(ワンオペ)でやる仕事もあってハードな動きがあるので家に帰るころにはクタクタになることもしばしば。でも利用者の笑顔を見ていると自分が役に立てているのだと感じ、達成感と活力が湧いてきました。

よくある質問

介護職の夜勤はつらいって本当ですか?
介護職の夜勤は、業務を担当する人員が日勤よりも少ないため、利用者に何か起きたときの対応や責任の負担が重くなります。そのため、働いていくうちに精神的にもつらく感じてしまう人もいるかもしれません。しかし業務の量は日勤と比べて多くないので、体への負担は減ると言えます。また2交代制にある16時間勤務などの場合は、翌日に休みをとることもできるので、心身ともにリフレッシュして新たな仕事に臨めます。夜勤に入る回数は1ヶ月に4~5回が平均となっており、そこまで多くないので体調管理もしやすいと言えるでしょう。
夜勤をするときの注意点はありますか?
介護職の夜勤は、働く時間が夕方~朝になるため、人間の本来持っている生活リズムが変わりやすくなります。そのため、体調を崩しやすい環境になってしまうこともあります。仕事をしていく上で体調は万全にしておきたいですが、どうしても体調がすぐれないときは休む決断も大切です。職場の周りの人にも相談できるよう、チームワークを構築しておくことも必要でしょう。日頃から自分の体調に意識を向けて過ごすことで、ささいな変化に気づくこともできます。
  • 利用者が急変したときの対応方法

    利用者が急変したときの対応方法

    介護をしていて、利用者の様子がいきなりおかしくなってしまったときは、焦らず冷静に対応することが大切です。
    夜勤対応のある病院や施設には、看護師などに連絡ができるオンコール体制が整っているところが多くあります。利用者におかしなところが見られる場合は、看護師の指示に従いましょう。
    もしも救急車を呼んだ場合には、搬送時に付き添うこともあります。救急車が来る前に心肺蘇生が必要なこともありますので、AEDの場所を把握しておきましょう。
    また、病院や施設には緊急時に読むべきマニュアルがあります。日頃から読んでおき、いざというときにどのような行動を取ればよいのかを把握しておくと、トラブルが起きたときにもスムーズに対応しやすくなります。

  • 介護職の夜勤で働くためには資格が必要?

    介護職の夜勤で働くためには資格が必要?

    介護職の夜勤で働くための資格は特に必要ありません。無資格であっても介護職の夜勤で働くことは可能です。介護職が夜勤を行うにあたり、特に法律では資格について定められていないのも事実です。ただし、無資格であっても実際に介護の世界で働くにはそれなりの知識や技術は必要です。多くの現場では研修があり、まずはトレーニングから始めます。慣れてきたら日勤の仕事で経験を積み、入職して約1~3ヶ月後から夜勤を任せるところが多いです。
    無資格で介護職の夜勤に就くことは可能ですが、夜勤に就いている頃にはある程度の知識が身に付いているはずです。働きながら、もっと介護について深く学ぶ必要があると感じた方は、資格を取得することも視野に入れてよいでしょう。

    >>介護職の資格について知りたい方はこちら

  • 介護職の夜勤専従に転職するには?

    介護職の夜勤専従に転職するには?

    「夜勤専従」は夜勤専門で働くスタッフのことを言います。介護職の夜勤は1回あたりの勤務時間が長いため、2交代制勤務でみられる変形労働時間制を取り入れています。勤務時間が長いといっても、16時間勤務した場合は2日分に値するので、休みもしっかりとることができます。しかし、その分責任が重いので、それなりの知識や経験、技術がないといざというときに適切な判断ができません。お給料は高めですが、その分求められるレベルも上がります。
    以上のことを踏まえて、自分がなぜ夜勤専従に転職したいのかをよく考えて、軸のある説明ができると、面接官に説得力のあるアピールができます。介護職に転職するときの志望動機のコツもおさえておきましょう。

    >>介護職に転職するときの志望動機の書き方はこちら

  • 仕事探しのお役立ち情報

  • 正社員の求人を探すならクリエイト転職

    正社員の求人を探すならクリエイト転職

    クリエイト転職は、職種や勤務地・駅、フリーワードでの絞り込み機能を利用した検索方法で、ご希望の検索条件にそった正社員求人の検索が可能な転職サイトです。
    また、キャリアチェンジをご希望の方や働き方から探したい方には、こだわり検索や特集、おすすめPR求人でのお仕事探しをおすすめしています。

    【豊富なおすすめ機能であなたのお仕事探しをサポート】
    >>クリエイト転職で正社員の求人を探す

エリア・駅・路線から探す

年代・性別から、あなたに合った求人をご提案!

未選択

未選択にする

職種から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

職種のチェック解除

業種から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

業種のチェック解除

条件から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

以下の条件を解除

給与で探す

給与形態
給与額

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

以下の条件を削除してもよろしいですか。

検索条件1

検索条件を保存するには 会員登録/ログイン が必要です。

保存できる検索条件は6件までです。

保存済み条件から1件削除し、新しい検索条件を保存します。

削除する条件

保存できる検索条件は6件までです。

保存済み条件から1件削除し、新しい検索条件を保存します。

削除する条件