更新日:2021年12月27日

福利厚生とは|転職で重視すべき?種類や福利厚生が充実している会社の特徴

福利厚生とは|転職で重視すべき?種類や福利厚生が充実している会社の特徴

福利厚生とは|転職で重視すべき?種類や福利厚生が充実している会社の特徴

転職における企業選びで重視されることが多いのは給料や環境、そして待遇です。
この待遇に大きく関係するのが福利厚生。
就業先を決めるポイントとして、基本の労働対価である給料だけでなく、働きやすい環境か、モチベーションが上がる環境であるかも重要です。
そこで今回は福利厚生とは何かを踏まえ、福利厚生の種類や充実している会社の特徴、転職で重視すべきかなどをお伝えします。

【仕事探しならクリエイト転職】
>>クリエイト転職で求人を探す

福利厚生とは|転職時に気になるポイント

福利厚生とは|転職時に気になるポイント
福利厚生は給与や賞与のような基本労働対価に加え、従業員やその家族が受けられる待遇です。
企業が従業員やその家族の暮らしを支えるための保障制度をはじめ、従業員のワークライフバランスの推進や満足度向上のための取り組みの総称を福利厚生制度といいます。

福利厚生は正社員はもちろん、パートタイマーや派遣、有期雇用の従業員も利用可能です。
これまで福利厚生は正規雇用従業員のみが利用できるものでしたが、2020年4月1日に施行した「パートタイム・有期雇用労働法」及び「改正労働者派遣法」により、同一労働同一賃金が義務化。
これにより非正規雇用でも正社員と「同一労働」であれば、賃金のみならず福利厚生などの待遇も同一し、不合理な待遇差を解消することが必要となりました。

【福利厚生の目的】
福利厚生の目的は、従業員とその家族の健康や生活、福祉の向上です。
これまでは社会保障制度としての特徴が強かった福利厚生ですが、近年は優秀な社員の獲得・定着、企業イメージの向上を目的に福利厚生に力を入れる企業が増えています。
その背景には、「終身雇用」の衰退や人材不足が関係しています。
これまでは新卒で入社した会社で定年まで働く終身雇用が一般的でしたが、現在はキャリア形成の中で転職が一般化しています。
自社で育てた優秀な人材が辞めてしまえば、結果的に業績の下降に影響するものです。
さらに離職率が高まれば、企業イメージにもネガティブな印象を与えるリスクがあります。

労働人口が減少する日本において、企業が業績を上げるには優秀な人材の獲得と定着が鍵となっています。
福利厚生が充実していることで「働きやすい、良い職場」と思ってもらうことができ、満足度が高ければ従業員の定着率やエンゲージメントの向上に期待できます。

福利厚生の種類

福利厚生の種類
福利厚生には必須の「法定福利厚生」と任意の「法定外福利厚生」の2種類があります。
ここでは、各福利厚生の種類を詳しくご紹介します。

【必須の福利厚生】
「法定福利厚生」は法律で事業所が従業員に提供することが義務付けられている福利厚生であり、どの企業にも最低限設けられているものです。
主な種類は、以下の通りです。
・健康保険
・厚生年金保険
・介護保険
・雇用保険
・労災保険
・子ども・子育て拠出金

法定福利厚生は、いわゆる「社会保険」にあたるものです。
従業員や家族の生活と雇用の安定を図るための福利厚生であり、会社が保険料を負担する制度です。
法定福利厚生がない企業は法律違反となります。

【任意の福利厚生】
任意の福利厚生は法律による義務はなく、会社が任意で設ける福利厚生です。
そのため導入する福利厚生は企業の自由であり、その種類は以下のように多岐にわたります。

・住宅手当、持ち家援助
・社宅、独身寮
・交通費支給
・財産形成
・社員食堂、食事補助
・健康診断や人間ドックの受診
・退職金
・資格取得手当
・飲み会費補助
・オフィス内のマッサージ利用
・スポーツクラブや映画館の割引
・宿泊施設、テーマパークの優待
・社内保育園
・部活動費 など

任意の福利厚生は従業員の満足度やモチベーションの向上、人材の獲得・定着を図ることが目的です。
一般的には企業規模が大きいほど法定外福利厚生が充実している傾向にありますが、近年は企業規模にかかわらずユニークな福利厚生を導入して注目を集める企業も増えています。

転職の際にチェック!人気の福利厚生

転職の際にチェック!人気の福利厚生
ここでは法定外福利厚生の中から、人気の福利厚生をご紹介します。
転職の際は給与などの基本的な労働報酬のみならず、法定外福利厚生の内容についてもチェックしてみましょう。

【住宅手当】
住宅手当は、家賃や住宅ローンの一部を会社が負担してくれる制度です。
住宅手当があることで従業員の暮らしが安定し、結果的に仕事のパフォーマンスも向上するといえるでしょう。
なかには会社から半径何km以内であれば住宅手当を出すなどして、意図的に会社周辺に住むことを推奨するケースもあります。

【育児・介護関連】
介護・育休に関する福利厚生は法定でもありますが、企業によっては法定以上の休暇日数や手当を設けている場合があります。
そのほか短時間勤務制や男性・女性の育休プラス、社内の託児・保育施設の設置やベビーシッター料の補助などその内容はさまざま。
育児や介護は、男女ともに将来的に仕事に影響を与えるものです。
就職・転職の時点では育児や介護に無縁であっても、将来を考えて育児・介護関連の福利厚生は充実しているかはチェックすべきポイントといえます。

【特別休暇】
有給休暇は法定で取得できる日数が決まっていますが、会社によっては特別休暇として法定以上の有給休暇を設けている場合があります。
バースデー休暇やリフレッシュ休暇、アニバーサリー休暇や生理休暇(女性限定)といった一般的な休暇だけでなく、失恋休暇や二日酔い休暇、プロポーズ休暇など独自のユニークな特別休暇を設定している企業も増えています。
特別休暇はライフワークバランスの充実にも繋がるため、チェックしてみるとよいでしょう。

【食事補助】
食事補助は社員食堂やカフェテリアを設け、無料または格安で食事が利用できる福利厚生です。
社員食堂は食費が抑えられるだけでなく、栄養バランスも考慮されているため健康面でもメリットがあります。
そのほかスナックや軽食の無料、飲み物飲み放題など食事に関する福利厚生もさまざまです。

よくある質問

福利厚生はいらないとも思うのですが、転職時は福利厚生も重視すべきですか?
転職時に福利厚生を重視すべきかは、人それぞれです。
なぜなら福利厚生が充実していても、全ての人がそれを平等に活用するとは限らないからです。
たとえばワークライフバランスを重視して働きたいのであれば、法定外福利厚生で特別休暇などが設けられているかをチェックすべきです。
そのほか、固定費を抑えたい場合には交通費や住宅補助といった福利厚生が役立ちます。
一方、福利厚生は会社のコストで運用するものです。
つまり、本来であればその分のコストは給与や賞与アップなど基本労働対価として反映されるかもしれないものなのです。
大手企業であれば福利厚生が充実していても給与などに大きく影響しませんが、中小企業やベンチャーでは影響が出る可能性が否めません。
福利厚生の充実度が従業員の満足度やモチベーションの向上に効果的であるのも事実ですが、それよりも労働対価が給料として支払われる方が満足度もモチベーションも向上するという方もいるでしょう。
そのため福利厚生は必ずしも重視すべきではなく、ご自身の働き方や希望に応じてチェックするものといえます。
福利厚生は企業にとってどんなメリットがあるのですか?
福利厚生は、以下のように企業にとって多くのメリットがあります。

・採用力の向上
・従業員満足度、定着率、モチベーションの向上
・節税効果
・従業員の健康管理
・企業イメージの向上

福利厚生が充実しすぎていると、裏があるのではと不安になる方もいるでしょう。
しかし福利厚生は企業にとっても多くのメリットがあるため、福利厚生が充実している会社を選んで損することはありません。

エリア・駅・路線から探す

年代・性別から、あなたに合った求人をご提案!

未選択

未選択にする

職種から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

職種のチェック解除

業種から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

業種のチェック解除

条件から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

以下の条件を解除

給与で探す

給与形態
給与額

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

以下の条件を削除してもよろしいですか。

検索条件1

検索条件を保存するには 会員登録/ログイン が必要です。

保存できる検索条件は6件までです。

保存済み条件から1件削除し、新しい検索条件を保存します。

削除する条件

保存できる検索条件は6件までです。

保存済み条件から1件削除し、新しい検索条件を保存します。

削除する条件