更新日:2021年5月2日

臨床心理士の仕事内容や資格取得・転職に役立つ情報

臨床心理士の求人|転職状況や未経験での就職について

臨床心理士の求人|転職状況や未経験での就職について

近年、臨床心理士の仕事に関して、占いなどの影響により興味を持つ人が増加傾向にあります。
臨床心理士の資格を取得することにより、医療分野だけでなく教育現場や福祉・司法・労働など様々な分野で働けるため、仕事場所の幅が広くなると捉える方もいるかもしれません。
しかし臨床心理士の方で非常勤の業務や勤務先を複数掛け持ちしているという方も珍しくありません。
臨床心理士という職業は人気がありながらも正社員での就職先が少ない傾向にあるため、少ない倍率で戦うためにも、臨床心理士になると決めた場合は、強い志があるほうが挫折しにくいかもしれません。

【クリエイト転職で仕事探し】
>>臨床心理士の転職・求人を探す

>>医療・看護の転職・求人を探す

臨床心理士とは

臨床心理士とは
依頼者(クライエント)が抱える、心の問題や悩みを解決していく仕事で、依頼者に対して直接、診療と診察の両方を行えます。

臨床心理士の仕事は、心理学の中でも「臨床心理学」というものにあたり、臨床心理士はいわば臨床心理学の専門家というべき存在です。

臨床心理士は、「公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会」が定めた臨床心理士の資格を持つ方だけが臨床心理士になれます。

臨床心理士の役割
臨床心理士は、簡単に言うと依頼者の相談相手という役割を果たします。本記事をご覧になっている方の中にも「誰かに悩みを話したらすっきりした」という経験を持つ方もいるかもしれません。
悩んでいる方の心の問題を、ひとりひとりの立場や価値観・状況などを理解したうえで、ヒアリングや心理療法などを用いて解決に導くのが、臨床心理士の役割です。
また、臨床心理士は現場のスタッフと連携も必要となるでしょう。例えば、医療現場で働く臨床心理士の場合は、精神科医など現場の医師たちとの連携が必要です。
所属する分野や業界によっても臨床心理士の役割は異なるため、どの分野や業界で活躍したいかも考えたうえで仕事を探すのが理想的だといえます。
臨床心理士と公認心理師の違い
心理学系の専門家として、臨床心理士の他に公認心理師と呼ばれる国家資格を必要とする、似たような職種があります。
仕事の内容はほぼ共通していますが、臨床心理士の場合は民間資格というだけでなく5年ごとの更新が必要であることや「心理学に基づいた研究と調査発表」も必要とされることから、より専門性が高いといえるでしょう。
また、公認心理師という職業自体が、2018年に1回目の国家試験が実施されたばかりの新しい職種です。
現在は臨床心理士と公認心理師における業務的な違いはほぼ見られないといっていいものの、今後どのようにすみ分けされるのかも注目しながらどちらを目指すか判断しましょう。

臨床心理士になるには

臨床心理士になるには
臨床心理士になるためには、「日本臨床心理士資格認定協会」が主催する資格試験を受けて合格しなければなりません。
資格試験を受験するためには、指定大学院や専門職大学院の修了など一定の条件を満たす必要があります。
どの指定教育機関を経て受験資格を得るかによって、臨床心理士までの道のりが変わるのが特徴です。

臨床心理士の仕事内容

臨床心理士の仕事内容
臨床心理士の資格受験を主催する「日本臨床心理士資格認定協会」によると、定義された4つの項目から専門的に依頼者の心にアプローチし、問題を解決していくのが主な仕事内容です。

心理アセスメント/心理面接/臨床心理的地域援助/研究活動

様々な悩みや性格・考え方の方がいれば、その数だけ相手に影響を与える仕事といっても過言ではありません。

臨床心理士の仕事内容や資格取得・転職に役立つ情報の仕事体験談

臨床心理士の転職体験談 良かったこと

臨床心理士の転職体験談 良かったこと
(30代 男性)

治療を行った患者様が回復に向かうととてもやりがいを感じますね。
カウンセリングを通じての治療は、早く終わることもあれば、長期にわたることもあります。3年以上もかけて治療をしてきた方が、徐々に回復に向かっていったときは、自分がこの仕事をする意義を実感することができました。

臨床心理士の転職体験談 良かったこと

臨床心理士の転職体験談 良かったこと
(40代 女性)

さまざまな人生に対して、真剣に向き合うことができるのが、臨床心理士をやっていて良かったことです。
最初は正直、臨床心理士になって後悔しました。
臨床心理士の仕事はただおしゃべりをするわけではありません。質問をして深く相手のことを知っていくからには、相手の人生に対して真剣に向き合う覚悟が必要です。
大変ではありますが、臨床心理士をやっていたからこそ得られた経験や喜びは、今ではかけがえのない宝物です。

臨床心理士の転職体験談 大変だったこと

臨床心理士の転職体験談 大変だったこと
(30代 男性)

臨床心理士として、患者様の治療にあたるのはとても地道で大変なものです。プロだからといって「一対一で話したら魔法みたいに心の全てがわかる」なんてことはありません。患者さんと真剣に向き合い、長い時間をかけて少しずつ手掛かりを集めていきます。
魔法使いや超能力者みたいな誤解があると、かなりギャップを感じてしまうかもしれません。ただこうして時間をかけて解決していくからこそ、回復につながった時の喜びもひとしおです。

よくある質問

「社会人からでも臨床心理士になれますか?」
社会人からでも臨床心理士になれます。
ただし、受験資格を得るために大学院などに入学しなければならず、資格取得前後の実務経験の積み重ねが必要など、道のりは決して平たんではありません。
前提として、臨床心理士試験の受験資格を得るためには、指定の大学院や専門大学院に入るための試験を突破することが求められています。
実際に臨床心理士になるまでには膨大な時間がかかるため、長期的な計画を立てる必要があるでしょう。
「臨床心理士の試験・資格の難易度はどれくらいですか?」
臨床心理士の資格試験の合格率は60%~65%であるため、しっかりと試験対策をすれば合格できると言えるでしょう。

臨床心理士の試験は、マークシート形式の一次試験と面談の二次試験の2つで構成されています。

心理学に関する広範囲の専門知識だけでなく、臨床心理士としての業務や法律知識も求められるため、大学院などで勉強してきたことを網羅的に理解しなければなりません。

また、二次試験の面談では、臨床心理士としての人間関係を構築する力などが求められる傾向にあるようです。試験内容も非常に専門的であるため、きちんと準備したうえで臨むと良いでしょう。

エリア・駅・路線から探す

年代・性別から、あなたに合った求人をご提案!

未選択

未選択にする

職種から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

職種のチェック解除

業種から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

業種のチェック解除

条件から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

以下の条件を解除

給与で探す

給与形態
給与額

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

以下の条件を削除してもよろしいですか。

検索条件1

検索条件を保存するには 会員登録/ログイン が必要です。

保存できる検索条件は6件までです。

保存済み条件から1件削除し、新しい検索条件を保存します。

削除する条件

保存できる検索条件は6件までです。

保存済み条件から1件削除し、新しい検索条件を保存します。

削除する条件