更新日:2021年3月31日

認定薬剤師とは?資格や仕事内容を解説

認定薬剤師の求人|転職状況や未経験での就職について

認定薬剤師の求人|転職状況や未経験での就職について

薬剤師資格を取得したあとのキャリアアップとして、認定薬剤師という道があります。
薬剤師は就職や転職に有利な資格ですが、認定薬剤師であればさらに有利になるでしょうし、現在の職場での昇給や昇進なども期待できます。
2016年に制度がスタートした「かかりつけ薬剤師」になるためには認定薬剤師であることが条件であり、今後認定薬剤師の需要はさらに増すことが予想されます。

【クリエイト転職で薬剤師の仕事を詳しく調べる】
>>薬剤師の求人|転職状況や未経験での就職・仕事内容について

そもそも認定薬剤師とは

そもそも認定薬剤師とは
専門分野の最新知識や技術を有していると認められた薬剤師のことです。
必要な研修や実習プログラムを受け、単位を取得後に認定試験を受けるなどして、各都道府県の薬剤師研修協議会へ申請することで認定されます。
認定薬剤師の資格は期間限定のため、更新にはさらに研修を受講し単位を取得する必要があります。
このことから、認定薬剤師は「自己研鑽により資質向上努力を継続している薬剤師」としての評価も期待できます。
研修認定薬剤師制度について
研修認定薬剤師制度とは、認定薬剤師を育成するにあたり公益財団法人日本薬剤師研修センターが発足させた制度です。
基礎薬学や倫理などの受講内容と取得単位を定め、多領域の認定薬剤師としての素質を客観的に認定する制度します。

認定薬剤師には種類があり、目指す認定薬剤師によって必要な研修や試験が異なります。
そのため薬剤師にとって自身のキャリアと離れた領域で認定薬剤師になることはなかなか難しいのが現状でした。
日本薬剤師研修センターではそのような職域にとらわれず認定薬剤師になる手段のひとつとして研修認定薬剤師制度を設けています。

認定薬剤師の種類
認定薬剤師には様々な種類があります。
例えば「がん薬物療法認定薬剤師」は専門色の強い認定薬剤師で、取得すると専門機関での就職が期待できます。
「プライマリ・ケア認定薬剤師」「在宅療養支援認定薬剤師」「漢方薬・生薬認定薬剤師」なども近年需要が増加しており、取得すると薬剤師としてのキャリアアップが期待できるでしょう。

その他にも専門領域の認定薬剤師は多数存在します。
現在の専門に近い分野だと研修の受講や試験対策も比較的準備がしやすいので何を取得するかは自身のキャリアを考えて選ぶとよいでしょう。

認定薬剤師の種類一覧
救急認定薬剤師/研修認定薬剤師/抗菌化学療法認定薬剤師/小児薬物療法認定薬剤師/腎臓病薬物療法認定薬剤師/精神科薬物療法認定薬剤師/糖尿病薬物療法認定薬剤師/日病薬認定指導薬剤師/日病薬病院薬学認定薬剤師/日本医療薬学会認定薬剤師 /認定実務実習指導薬剤師/HIV感染症薬物療法認定薬剤師/外来がん治療認定薬剤師/感染制御認定薬剤師/緩和薬物療法認定薬剤師/公認スポーツファーマシスト/妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師

認定薬剤師の仕事内容

認定薬剤師の仕事内容
認定薬剤師の具体的な仕事内容については、専門領域によって異なります。

例えば「がん薬物療法認定薬剤師」であれば、がん治療を行っている病院や施設、がん研究センターなどでより専門性を活かした仕事内容に携わることもできるでしょう。

また認定薬剤師になると「かかりつけ薬剤師」としてキャリアップが可能です。
「かかりつけ薬剤師」の仕事内容の主なものとしては、個人の服薬情報を一元化し、担当する患者へ個別の服薬指導や調薬を行うことが挙げられます。

認定薬剤師になるには

認定薬剤師になるには
認定薬剤師になるには、認定を行う各種団体が定める研修を受けて認定を受ける必要があります。
例えば、研修認定薬剤師の認定を受ける場合、以下のような手順になります。


1. 日本薬剤師研修センターで薬剤師研修手帳を入手
2. 認定団体が定める研修プログラムに参加し、単位を取得
3. 薬剤師研修手帳に取得した単位を記録
4. 都道府県の薬剤師研修協議会へ申請書と薬剤師研修手帳を提出し認定を申請する

研修について
認定薬剤師の種類によって、認定に必要な研修は異なります。
例えばがん薬物療法認定薬剤師の場合、日本病院薬剤師会が認定するがん領域の講習会、及び別に定める学会が主催するがん領域の講習会などを受講する必要があります。
研修認定薬剤師の場合は、センター主催の研修や各都道府県で開催される集合研修などを認定の対象としています。
認定対象の研修については各種団体のホームページ等で案内されていますので、まず目指す認定薬剤師を決めてから必要な研修の確認をするとよいでしょう。
単位について
認定薬剤師の種類によって、必要な研修の単位やその記録方法も異なります。

例えば研修認定薬剤師の場合は最長4年以内に40単位以上を取得して申請します。
単位は参加した認定団体より単位シールをもらい、薬剤師研修手帳に添付することで記録されます。
受講シールの配布が行われない研修の場合は、研修終了後に日本薬剤師研修センターへシールを請求します。

単位の必要取得数や記録方法は認定を行う各種団体のホームページで確認できます。

認定薬剤師の難易度

認定薬剤師の難易度
認定薬剤師の難易度は種類にもよるものの、薬剤師資格を取得するまでの努力ができる方であればそれほど高くはないでしょう。

基本的には認定団体が定める研修に参加し単位を取得するのがメインになるので、薬学部入学や国試を受ける時のような長時間の勉強は必要ありません。

ただし単位を取得するための時間は仕事の合間に確保しなければならないので、計画的に進めていくのに苦労するかもしれません。

認定薬剤師の種類によっては、認定を受けるために一定の条件が設けられているケースがあります。
例えば「がん薬物療法認定薬剤師」の認定条件には「がん患者への薬剤管理指導の実績が50症例以上(複数のがん種)』というものがあるので、認定を受けたいと思っても一定のキャリアを積まないと認定を受けることができません。
そのほか特定の学会に所属していることが認定の条件になっている認定薬剤師もあります。
目指す認定薬剤師の要件は必ず確認しておきましょう。

認定薬剤師とは?資格や仕事内容を解説の仕事体験談

働いてよかったこと

働いてよかったこと
(30代 男性)

認定薬剤師として働くことで無事昇給を果たすことができました。
また資格取得の費用は会社が出してくれたので、自己負担なくキャリアアップできたのもよかったです。

1年目はe-ラーニングで単位を取得できたので、仕事と学習の両立にはあまり苦労しませんでした。
2年目以降は更新分の単位だけ研修会に参加しているので少し大変かもしれません。

働いてよかったこと

働いてよかったこと
(30代 女性)

高い専門知識で自分の問題意識を形にできるので、認定薬剤師として働いてよかったと思います。
私は緩和ケア病棟で、自宅に戻りたくても戻れない方を沢山みてきました。
そのうちに終末期医療について、具体的に変えていきたいと思うようになり、認定薬剤師になろうと決心しました。
今現在は在宅患者さんへの支援をする診療所や薬局などのインフラについて考え、自分なりに答えを出そうとしている最中です。
答えのない緩和ケアに自分なりの答えを探すためには、医療の最前線で活躍できる認定薬剤師という資格は役立っています。

働いて大変だったこと

働いて大変だったこと
(40代 男性)

認定薬剤師は更新制の資格です。
認定薬剤師としてのキャリアを買われ、就職、転職したからには更新し資格を維持し続けなければなりません。
新しい情報の勉強はもちろん必要なので構わないのですが、働きながら更新に関する手続きや単位の管理をしなければならないのが思ったより大変でした。
認定薬剤師として働くということは勉強の日々が続くことであり、責任も増します。
ただ認定薬剤師になった後にはやりがいも増えたので大変なことばかりではないですね。

よくある質問

認定薬剤師に最短でなるにはどうすればいいですか?
認定薬剤師になるために必要な時間は認定薬剤師の種類によって異なるので、一概に「最短ルートはどうか」ということを述べることはできません。
しかし共通していえることは、単位を得るために集中して時間を確保することです。

まずは認定機関に問い合わせて認定のために必要な条件を確認しましょう。
認定を受けるための条件が揃っているのであれば、認定機関が定める研修や実技などを履修して必要な単位をなるべく早期に取得できるようにしましょう。
認定薬剤師のメリットはどんなものがありますか?
各分野での専門性を証明できることです。
また研修や学会などから常に最新の薬学情報が習得できるので、常に現場で必要とされる薬剤師であることの証明にもなります。

こうしたことから、結果的に自分が進みたいと考える分野への就職や転職、勤務先での昇給や昇進が期待できます。
  • 認定薬剤師の給料について

    認定薬剤師の給料について

    認定薬剤師の資格を取ると、一般の薬剤師としての資格手当とは別に認定薬剤師としての資格手当がつく場合があります。

    資格手当の金額は職場によって異なるものの、5,000〜10,000円程度であることが多いようです。
    どの種類の認定薬剤師を取得しているかによって手当の金額が変わる場合もあります。

    そのため総じて一般の薬剤師よりも年収が高くなることが多いようですが、報酬以上によりやりがいを持って働きたいと考え、認定薬剤師の資格を取得する方も少なくありません。

  • 認定薬剤師の将来性

    認定薬剤師は、高齢化が加速し専門的な薬剤師が求められる社会において、充分に将来性があると言えるでしょう。
    厚生労働省が推進している「かかりつけ薬剤師」になるには必須の資格であり、今後も需要は高まっていくと考えられます。

    さらに、認定薬剤師として一定期間の経験を積むことによってより専門レベルの高い「専門薬剤師」という資格へとキャリアアップを図ることも可能です。
    認定薬剤師と同様の理由で専門薬剤師も充分に将来性のある資格ですので、キャリアアップのため取得を視野に入れるのもよいでしょう。

  • 仕事探し|お役立ちコンテンツ

  • この記事の監修・著者プロフィール(株式会社クリエイト Webマーケティング担当)

    この記事の監修・著者プロフィール(株式会社クリエイト Webマーケティング担当)

    クリエイトは人材と企業のマッチングや、人材育成における課題解決など、様々な分野において人と企業をつなぎ、社会に貢献できるような媒体創りを目指しています。
    配信中の記事では、職種ごとの詳細な仕事内容、エリア情報、就職に役立つ資格の解説、ビジネス用語・経済ニュースの解説など、社会人として押さておきたい基本的な知識や最新情報をお届けしています。

    ※事業内容
    ・求人情報サービス提供事業:(求人サイト「クリエイト転職・クリエイトバイト」、新聞折込求人広告「Create」)

    クリエイト転職は地域密着をコンセプトに、仕事探しに役立つ最新の求人情報をお届けしています。
    【豊富なおすすめ機能であなたのお仕事探しをサポート】
    >>クリエイト転職で正社員の求人を探す

エリア・駅・路線から探す

年代・性別から、あなたに合った求人をご提案!

未選択

未選択にする

職種から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

職種のチェック解除

業種から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

業種のチェック解除

条件から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

以下の条件を解除

給与で探す

給与形態
給与額

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

以下の条件を削除してもよろしいですか。

検索条件1

検索条件を保存するには 会員登録/ログイン が必要です。

保存できる検索条件は6件までです。

保存済み条件から1件削除し、新しい検索条件を保存します。

削除する条件

保存できる検索条件は6件までです。

保存済み条件から1件削除し、新しい検索条件を保存します。

削除する条件