SEの転職・正社員求人

SEの求人・転職|システムエンジニアの仕事内容と未経験からの転職

SEの求人・転職|システムエンジニアの仕事内容と未経験からの転職

SEの主な仕事内容は、必要とされるプロジェクトに基づき、最適な仕様のシステム開発を行うことです。具体的な仕事の流れは、まず要望をヒヤリングし、どのようなシステム構築が必要かという把握をします。おおよそのイメージが持てた所で概要的なシステム構築の設計と予算の計上を報告します。この後、プログラミング作業をするシステムエンジニアもありますが、多くは専門のプログラマーに仕事を振って、システムエンジニアはそのマネージメントや進捗の管理にあたります。最終的に仕上がったシステムのテストを実施し、完成したプロダクトやシステムをクライアントに納品するといった流れになります。

SE(システムエンジニア)に求められるスキル
システムエンジニアに求められるITスキルには、PHPやJava、Rubyなどのプログラミングにおける言語スキルがあります。他にも、設計方法や分析方法をはじめ、ネットワークやデータベースの知識、メソドロジ、プログラミングや、ミドルウェア、プラットフォームなどのスキルも重要とされています。SEはテクニカルなスキルだけでなく、クライアントの要望を把握する能力や必要な情報を引き出すコミュニケーション能力、さらにプログラムのための設計知識、支持を適材適所に与えられる判断力など、総合的なマネージメント能力も欠かせない要素です。

SEの求人一覧へ

 SEのオススメ新着求人

SE(システムエンジニア)・ITエンジニアに転職するメリット

SE(システムエンジニア)・ITエンジニアに転職するメリット
SE(システムエンジニア)に転職するメリットとして、まずは高年収が期待できる金銭面があげられます。厚生省の調べによると、SEの年収は平均約550万円から600万円前後となり、全職種の平均約430万円から450万円前後と比較してかなりの高収入と考えてよいでしょう。システムエンジニアは、テクノロジー知識だけでなく、ビジネススタンスについても高い理解力が求められるためITエンジニアの主権的役割を担うことができます。

プロジェクトごとに業務をこなすSEは、納期の関係上残業が多い業種と考えられがちですが、近年では社内にSEを配置する企業も多く、納期ベースで仕事をしないため残業も少ないと言われています。さらに、これまではITキャリアは、技術系のキャリアパスは、PG(プログラマ)、SE、PL(プロジェクトリーダー)、PM(プロジェクトマネージャー)が一般的でしたが、近年ではSEの後、ITコンサルタント、ITアーキテクト、ITスペシャリストといった方向性もみられるようになりました。技術職から経営や戦略的コンサルタント力を発揮できるポジションでは、さらなる高収入や独立といったキャリアパスもありうる選択です。SEへの転職では、将来性が期待できることもメリットと言えるでしょう。

SE(システムエンジニア)転職に失敗しないためのポイント

SE(システムエンジニア)転職に失敗しないためのポイント
SEに転職を検討している人のキャリアパスは、意外に幅広いのが特徴です。システムエンジニアから将来どのような職業や業種に進んでいきたいかというのも転職先を決めるにあたり重要なポイントとなります。SEの経験者は、大きく分けて3つのキャリアパスを想定するこができます。「同業種x同職種」この方法が仕事内容への不安が一番少なく、転職活動が進めやすいと言えます。

具体的には、SEのキャリアアップとなるSl(システムインテグレーション)というポジションがあります。これはSEの上流工程を管理する人で、メーカー、ユーザー、独立系企業、外資系とニーズのある業態も様々です。「同職種x異業種」ではWebエンジニア、社内SE、フリーランスという就業が代表的です。基本的にSEの仕事は変わりませんので、会社の環境が変わり異業態での新たな経験を積むことができるでしょう。

「異職種x同業種」ではSEからステップアップしたセールスエンジニアやITコンサルタントを目指すことができます。SEの基礎知識を網羅していれば、経験と知識を生かしてキャリアアップのよいチャンスとなります。SE転職では多様で幅広い転職が実現できます。十分な情報収集と多くの事例を持つキャリアコンサルタントや転職サイトなどにそうだんすることも得策と言えます。

よくある質問

未経験からITエンジニア/SE(システムエンジニア)に転職できるのか?
未経験からSEへの転職を目指すには、職種の適性を判断するところから始めてみましょう。SEの特徴として、プログラミング能力、設計に必要となる論理的思考力、新しいことを学ぶ吸収力と柔軟性、顧客やプロジェクトグループとの円滑なコミュニケーションといった多方面にわたる能力が求められます。このような総合的なバランスを獲得できる人がSEに適性があるといえますので、自己分析を十分に行ってみましょう。SEの平均年齢は約35歳くらいまでと言われています。この理由としては、IT業界の革新の速さと情報量の多さが挙げられます。常に新しい情報のアップデートと最新の情報を吸することを求められるため、若者層が活躍土壌と言われるようです。同時にSEは体力を要しないため容易と考えられがちですが、長時間パソコンに座り作業をすることは決して楽な業務ではありません。また新卒のITジェネレーションが常に業界へ参入するため、若年層のSEを雇用するほうが企業のコスト削減につながるという経済的背景も関与しています。ただし、SEとして就業することで、将来マネージメントや管理職として長く企業に従事するチャンスも広がるため、未経験でもチャレンジするメリットは大きいと言えるでしょう。

SE × 勤務地で絞り込む

SE × 条件で絞り込む

SE × 業種で絞り込む

エリア・駅・路線から探す

年代・性別から、あなたに合った求人をご提案!

未選択

未選択にする

職種から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

職種のチェック解除

業種から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

業種のチェック解除

条件から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

以下の条件を解除

給与で探す

給与形態
給与額

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

以下の条件を削除してもよろしいですか。

検索条件1

検索条件を保存するには 会員登録/ログイン が必要です。

保存できる検索条件は6件までです。

保存済み条件から1件削除し、新しい検索条件を保存します。

削除する条件

保存できる検索条件は6件までです。

保存済み条件から1件削除し、新しい検索条件を保存します。

削除する条件