更新日:2021年8月31日

介護施設の看護師求人・転職

介護施設で働く看護師の求人|転職状況や未経験での就職について

介護施設で働く看護師の求人|転職状況や未経験での就職について

看護師が働く場所は、病院やクリニックなどの医療施設だけではありません。
厚生労働省の「平成 30 年衛生行政報告例」によると、看護師のうち7.3%が介護保険施設等で働いていることが明らかになっています。
割合としては決して多くありませんが、各団体や自治体は介護施設で働く看護師のためのガイド作成や研修を行っており、今後需要は高まっていくと予想されます。

実際に、介護施設の看護師求人は常勤・非常勤を問わず多く見られます。
看護師として介護施設に転職したい場合、比較的選択肢は多いでしょう。
未経験可である求人も少なくありません。
ただし、新卒では病院に就職する看護師が多く、経験を積んでから介護施設に転職するというケースが一般的です。
そのため、人気の求人では実務経験のある人が優先されるでしょう。

【クリエイト転職で看護師の仕事を探す】
>>看護師の転職・求人情報を探す

>>看護師の求人・転職事情|資格や仕事内容の詳細を徹底解説!

そもそも介護施設看護師とは

そもそも介護施設看護師とは
介護施設看護師とは、特別養護老人ホームや介護老人保健施設、デイサービスなどの施設で働く看護師のことを指します。
介護施設看護師は夜勤や残業が少なく、重症の患者さんを診る機会も多くはありません。
そのため「ワークライフバランスを取りやすい」「心理的負担が軽い」といったメリットがあります。

【介護施設看護師と病院看護師の違い】
病院やクリニックなどの医療機関で働く看護師は、病気やケガの治療・管理を目的としているため医療行為を多く行います。
一方介護施設は「生活の場」であるため、介護施設看護師は介護スタッフと協力して利用者がその人らしく快適な生活を送れるようにサポートをします。
昨今では高齢化により介護・看護を必要としている人が増えており、医療に関する知識を持つ看護師はますます重要度が高まっています。

介護施設看護師の仕事内容

介護施設看護師の仕事内容
利用者の健康管理や日常生活のケアから、たんの吸引や採血などの医療行為まで介護施設看護師は幅広い業務を担当します。
細かな業務内容は施設規模や利用者の健康状態によって異なりますが、介護施設は病院やクリニックと比べると医療行為が少なく、業務負担は軽くなる傾向があります。
また、夜勤がなく勤務時間も比較的安定している施設も多いため、結婚や出産でブランクのある看護師が復職先として介護施設を選ぶケースも多いです。

医療行為が少ないため、在籍する看護師の数は医療機関よりも圧倒的に少なく1つの施設に1人だけという場合もあります。
規模の小さな施設では介護スタッフの手伝いをすることもあり、介護スタッフや協力医との連携が求められるでしょう。

【介護施設の主な仕事】
体温や血圧の測定/歯ブラシや綿棒を使った口腔ケア/感染症の予防や蔓延防止/軽微なケガの処置/人工肛門などのケア/投薬・服薬管理/たんの吸引/点滴や採血

介護施設看護師の給料について

介護施設看護師の給料について
介護施設で働く看護師の給料は、施設の形態や経営状況によって異なります。
正看護師か准看護師かによっても変動があります。
例えば厚生労働省の令和2年度介護事業経営実態調査によると、最も回答数の多い介護老人福祉施設の場合は常勤看護師で月収422,652円、非常勤では月収375,894円という結果がでています。
医療提供が優先の施設ではなく、夜勤や残業も少ない分、一般病院と比べるとやや低めの傾向があります。
しかし介護施設内で働く他の職種と比べると、看護師の給料は高い傾向にあります。
より高収入を狙うなら、要介護度の高い利用者が多い施設や夜勤がある施設、経営が安定している施設の求人を探してみましょう。

介護施設の看護師求人・転職の仕事体験談

介護施設看護師の転職体験談:働いてよかったこと

介護施設看護師の転職体験談:働いてよかったこと
(20代・女性)

急性期病棟で看護師として働いた後、ワークライフバランスの安定を求めて有料老人ホームに転職しました。
仕事自体にもやりがいを感じていますし、夜勤や残業がほとんどないため規則的な生活を送れています。
前職と比べて収入は少し下がりましたが、体力的な負担を考えると介護施設を選んで良かったと思います。

介護施設看護師の転職体験談:働いてよかったこと

介護施設看護師の転職体験談:働いてよかったこと
(30代・男性)

ターミナルケアや認知症看護に興味があったため、病院から特別養護老人ホームに転職しました。
最初は医療行為の少なさに驚きましたが、その分利用者さん個人に寄り添ったケアができるので、これまでとは違ったやりがいを感じています。
介護スタッフの方と連携しながら業務を行うので、新しく学ぶことも多いです。

介護施設看護師の転職体験談:働いて大変だったこと

介護施設看護師の転職体験談:働いて大変だったこと
(40代・女性)

施設内の看護師数が少ないのは大変だと思いました。
介護施設は病院と比べると医療行為が少ないですが、利用者さんに異変が起こった場合、看護師の判断が必要になることも多々あります。
施設内に看護師が自分しかいないときは、大きなプレッシャーを感じます。
病院よりも業務負担は軽いですが、少数精鋭である分緊張感は常にあると思います。

よくある質問

介護施設看護師に役立つスキルや資格はありますか?
介護施設看護師には、ケアマネジャーや介護福祉士、認定看護師などの資格がおすすめです。
介護施設では、高齢者とのコミュニケーションや生活介助など病院とは違ったスキルが求められます。
そのため、介護系資格を持っておくと就職・転職に役立つでしょう。
また、認知症看護や皮膚・排泄ケア、訪問看護などの認定看護師資格も、介護業界で重宝されます。
さらに、資格ではありませんが「特定行為研修」を受講すると、看護師判断でできる対応が増えるため、活躍の場が広がるでしょう。
病院から介護施設への転職を希望しています。志望動機はどのように答えたらよいでしょうか?
介護施設では利用者さんの生活そのものに関わる機会が多いため、スキルだけでなく人柄も重視されます。
業務で重視すべきポイントや価値観なども病院とは大きく異なるため、なぜ病院ではなく介護施設なのか、介護の分野で何を大切にしながら働きたいのかをアピールしましょう。
また、一口に介護施設と言っても特別養護老人ホームや介護老人保健施設、デイサービスなどさまざまな種類があります。
施設の種類によって仕事内容も少しずつ異なるため、その違いを理解したうえで志望動機を述べられるとなお良いでしょう。

エリア・駅・路線から探す

年代・性別から、あなたに合った求人をご提案!

未選択

未選択にする

職種から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

職種のチェック解除

業種から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

業種のチェック解除

条件から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

以下の条件を解除

給与で探す

給与形態
給与額

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

以下の条件を削除してもよろしいですか。

検索条件1

検索条件を保存するには 会員登録/ログイン が必要です。

保存できる検索条件は6件までです。

保存済み条件から1件削除し、新しい検索条件を保存します。

削除する条件

保存できる検索条件は6件までです。

保存済み条件から1件削除し、新しい検索条件を保存します。

削除する条件