宅建の資格を活かせる求人|仕事内容を詳しく解説!

宅建とは?求人や仕事内容|就職・転職に役立つ資格

宅建とは?求人や仕事内容|就職・転職に役立つ資格

<宅建とは?>
正式名称は宅地建物取引士と呼ばれる国家資格で、略して「宅建」「宅建士」と呼ばれます。
2015年まで宅建は「宅地建物取引主任者」という名称でした。2015年に「宅建士」に変更されています。(司法書士・行政書士と同じ仕業に格上げ)

<宅建士の仕事内容>
宅建の資格を所有する方が活躍するのは、主に不動産取引。「宅建士」にしかできない独占業務が3つあります。
・重要事項の説明
・重要事項説明書面の記名・押印
・契約書への記名・押印

不動産契約は高額取引となるため、買い主や借り主に丁寧な説明が求められます。
お客様が不利益を被らないようにする必要があり、その説明をするための専門的な知識をもった人が「宅建士」です。
宅建士がいなければ不動産売買・取引が成り立たないため、不動産関連の会社には必ず必要になってくる資格です。
1つの事業所につき、「従業員5人に1人以上の割合で、宅建士を正社員で雇う」ことが法律で義務付けられています。
そのため、求人募集でも「宅建の資格所有者」を募集する場合が多々あり、就職・転職する上で有利になりやすい資格と言われています。

【クリエイト転職で宅建に関連する仕事を探す】
>>不動産・住宅業界の求人を探す

>>建設・建築業界の求人を探す

宅建士の資格が求められる求人・業界・業種

宅建士の資格が求められる求人・業界・業種
宅建士の資格を取得すると、就職・転職に有利になるのが「不動産会社」「建設・建築・土木業界の会社」です。建築・建設会社が物件を販売する場合、宅建士の設置が義務付けられています。
会社によっては採用条件や昇進等の条件に宅建士取得が求められる場合もあります。

その他では銀行等の金融機関でも資格所有者を募集する求人が掲載されている場合があります。
銀行の仕事の中には住宅ローンの貸出し等の業務があり、自身の取引に関する知識を証明することにつながります。

【宅建の資格が役立つ仕事/業種/業界】
・不動産営業
・不動産会社の事務職
・銀行や金融機関の窓口・営業(住宅ローンに関する対応)
・不動産投資・資産運用に関する業務
・建築/建設業界

銀行・金融業界では融資業務において適切な知識が求められるため、宅建の資格が活かされます。
多くの銀行がグループ会社・関連会社に不動産販売会社を抱えており、不動産売買の一環として宅建の資格が役立ちます。
また、建設・建築業界でも「自社で建築した建物を自ら販売する」という場合もあり、こういった物件販売において宅建士が求められます。

宅建士の資格を取得するメリット

宅建士の資格を取得するメリット
宅建の資格を取得することのメリットは、「知識の証明」です。
上記でも触れましたが、「不動産関連の事業所では、5人につき1人は宅建士を正社員で雇う必要がある」ため、需要のある資格です。就職や転職活動に役立つでしょう。法律でも義務付けられていることもあり、実務未経験の場合でも、資格所有者というだけで採用になる場合もあります。
また、会社の方針によっては「不動産営業の社員は全員、宅建を取得すること」と義務付けている場合もあります。
それぐらい、需要のある資格と言えるでしょう。
不動産関連の事業を営む場合、必須の資格になってくるので、会社として資格取得をサポートする制度がある場合もあります。
求人募集に書いてある場合が多いので、内容をよくチェックしてみるといいでしょう。

よくある質問

宅建とは?就職・転職に役立つ資格
「宅建」という言葉の方が一般的に浸透していますが、正式名称は「宅地建物取引士(たくちたてものとりひきし)」という国家資格です。
主な仕事内容は不動産会社(宅地建物取引業者)が、土地や建物の売買や賃貸物件の仲介取引を行う場合に、契約するお客様が不当な契約で損害を負わないように重要事項を説明するのが宅建士です。
宅建の受験資格
宅建士の資格試験に、受験資格はないので誰でも挑戦することができます。
年齢・性別・国籍等の受験資格制限はありません。
宅建の合格率・難易度
過去5年の合格率を見ていくと、大体15%前後で推移しています。難易度が高い資格と言えそうです。
ただし、不動産業界等では資格取得を必須条件としている場合もあり、勉強がしっかりできていない状況でも受験する場合もあるため、多少低くなりやすい可能性があります。
他の国家資格と比べると、「難易度はそこまで高くない」とも言われています。
2019年(令和元年):17%
2018年(平成30年):15.6%
2017年(平成29年):15.6%
2016年(平成28年):15.4%
2015年(平成27年):15.4%

※2020年・2021年の試験日については、新型コロナウイルスの影響により例年の日程とは変更される場合があるのでご注意ください。
宅建は独学で資格を取得できますか?
宅建士のテキストと問題集を購入し自分で勉強を行うことになりますが、宅建の試験は合格率が低く出題範囲が広いこともあって、決して楽な資格ではありません。他の国家資格と比べて難易度は低いと言われていますが、合格率は高くないので独学で挑戦する場合はしっかりと時間をかけて勉強することが必要になるでしょう。
専門学校や通信教育等を活用せずに独学で合格する方もいますが、効率よく勉強していくならノウハウのある専門学校や通信教育を活用するのもいいでしょう。

<独学のメリット>
・自分のペースで勉強できる。
・教材費以外の費用がかからない。
・自分の苦手な部分を狙って勉強することができる。

<デメリット>
・質問することができない。
・挫折してしまう場合がある。
・どの教材を選べばいいのか迷ってしまう。
  • 代表的な宅建士の求人「仕事内容」

    代表的な宅建士の求人「仕事内容」

    比較的多い仕事は「賃貸物件の仲介」を行う仕事です。分譲マンションや一軒家の販売と比べて数が多く、価格も安いこともあり、不動産会社に勤めた場合は仕事として触れる機会が多いでしょう。
    賃貸物件を探すお客様に対して現地に案内したり契約を結ぶまでのサポートを行います。
    最近では女性の視点が大切にされており、女性客への提案として男性だけではなく女性の宅建士が求められる場面も増えてきました。
    他にも分譲マンションの販売等を行う仕事があります。「人生で一番高い買い物」と言われることがありますが、それだけ高額取引となりますので、数か月の長い期間、お客様と接することになります。
    不安になることも多いマンション購入ですから、お客様の不安を取り除けるように丁寧な説明が求められます。

  • 転職で宅建がプラスになる求人には、どのような仕事内容・業種がありますか?

    転職で宅建がプラスになる求人には、どのような仕事内容・業種がありますか?

    やはり最も多く宅建の資格が必要になる仕事は、不動産業界です。
    不動産会社では「賃貸営業」「受付事務」「不動産管理」「新築マンション・中古マンションの販売」「インテリアコーディネーター」「不動産の仕入れ(鑑定)」「コンサルタント」「住宅リフォーム等のアドバイザー」等の求人が掲載されています。
    とある不動産会社の賃貸営業では、主な仕事内容として、以下のような業務を行っています。
    ・物件の調査や写真撮影を行い、サイトに最新情報をアップする。
    ・顧客対応/物件の案内。
    ・契約書類の作成。
    ・来客対応やメール・電話対応。
    ・大手の不動産サイトへの広告出稿(物件の更新)や、自社サイトへの物件掲載。

    もちろん宅建業者・事業所によって、担当する業務は変わってきます。
    求人情報の内容をよく読み、どのような仕事に携わることになるのか、よく確認してから応募しましょう。

    【クリエイト転職で宅建に関連する仕事を探す】
    >>不動産・住宅業界の求人を探す

    他には、建設・建築業界でも宅建士の方は転職に有利なりやすい傾向があります。
    >>建設・建築業界の求人を探す

  • 宅建士のステップアップ・キャリアアップを目指す

    宅建士のステップアップ・キャリアアップを目指す

    宅建士として活躍していけるのであれば、さらなるキャリアアップとして「マンション管理士」の資格を取得するといいでしょう。
    不動産会社はマンションの賃貸物件を扱うだけでなく、管理を行う場合も多いため、宅建とマンション管理士の両方があれば、更に転職・就職に有利になります。
    他にも「不動産鑑定士」「ファイナンシャル・プランナー(FP)」「土地家屋調査士」「インテリアコーディネーター」等の資格も需要のある資格です。

  • 正社員の仕事探しお役立ち情報

  • 正社員の求人を探すならクリエイト転職

    正社員の求人を探すならクリエイト転職

    クリエイト転職は、職種や勤務地・駅、フリーワードでの絞り込み機能を利用した検索方法で、ご希望の検索条件にそった正社員求人の検索が可能な転職サイトです。
    また、キャリアチェンジをご希望の方や働き方から探したい方には、こだわり検索や特集、おすすめPR求人でのお仕事探しをおすすめしています。

    【豊富なおすすめ機能であなたのお仕事探しをサポート】
    >>クリエイト転職で正社員の求人を探す

エリア・駅・路線から探す

年代・性別から、あなたに合った求人をご提案!

未選択

未選択にする

職種から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

職種のチェック解除

業種から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

業種のチェック解除

条件から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

以下の条件を解除

給与で探す

給与形態
給与額

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

以下の条件を削除してもよろしいですか。

検索条件1

検索条件を保存するには 会員登録/ログイン が必要です。

保存できる検索条件は6件までです。

保存済み条件から1件削除し、新しい検索条件を保存します。

削除する条件

保存できる検索条件は6件までです。

保存済み条件から1件削除し、新しい検索条件を保存します。

削除する条件