更新日:2021年8月31日

小児科で働く看護師の仕事内容

小児科看護師の求人|転職状況や未経験での就職について

小児科看護師の求人|転職状況や未経験での就職について

小児科看護師は求人の数が多いため、転職できるチャンスが多いと言えます。しかし、小児科看護師は看護師の中でも人気が高いため、求人サイトへの登録やなるべく早めの行動が転職を成功させる鍵と言えます。

また、小児科看護師の求人は経験者を好む特徴もあります。未経験で小児科看護師に転職したい場合は、小児看護に関する知識や技術をあらかじめ身に付けておくとよいでしょう。

【クリエイト転職で看護師の仕事を探す】
>>看護師の転職・求人情報を探す

>>看護師の転職・求人|資格や仕事内容の詳細

小児科看護師の特徴と仕事内容

小児科看護師の特徴と仕事内容
幅広い知識を必要とするのが小児科看護師の特徴です。
一般的に小児科は、生まれたばかりの乳児から15歳までの子どもを対象に診察しますが、対象になる年齢は病院によって差異があります。そのため、幅広い年齢の子どもを対象に、子どもの疾患に関するあらゆる知識が必要とされます。

医師の介助
例えば子どもの問診や処置など、医師の介助をすることが小児看護師の代表的な仕事の一つです。また子どもは大人とは異なり、処置や検査を嫌がったり暴れたりとスムーズにいかない時もあります。そんな時に、子どもを気遣って声掛けや介助をすることもあります。

子どものケア
子どものケアは医療行為だけではありません。一緒に遊んであげたり、身の回りの世話をしたりすることも、ケアの一環です。病院によっては季節のイベントや誕生日会などを行い、入院でストレスを溜めている子どもたちへレクリエーションをすることもあります。

家族のケア
家族のケアも小児科看護師にとっての重要な業務です。中には子どもを心配するあまり、ナーバスになってしまう方もいます。こうした方に気を配り、積極的にコミュニケーションをとることで、不安を和らげる必要があります。また適切な在宅でのケアを伝えることも小児科看護師の重要な役割です。

特殊な分野での業務
病院によっては、NICU(新生児集中治療室)、GCU (回復治療室)、PICU(小児集中治療室)など、特殊な部署が設けられています。これらの部署は、非常に高度な知識や専門技術を必要とします。

小児科看護師になるには|資格は必要?

小児科看護師になるには|資格は必要?
小児科看護師になるために必要な資格は、看護師免許のみで、その他特別な資格を取得する必要はありません。看護師でより専門性を深めてスキルアップをしたいという場合は、「認定看護師」や「専門看護師」、「小児看護専門看護師」や「新生児集中ケア認定看護師」などの資格を取得するのも一つの手です。

その他資格について
・臨床心理士
・社会福祉士
・思春期保険相談士
小児患者のケアでは、身体はもちろん、心のケアも必要になります。そのため、心理系の資格などを持っておくと、より適切な対応ができるでしょう。また医療現場によっては、家族のケアや適切な支援制度の利用なども必要になるため、福祉系の資格も役立つでしょう。

小児科で働く看護師の仕事内容の仕事体験談

小児科看護師の転職体験談①(小児科へ転職してよかったこと)

小児科看護師の転職体験談①(小児科へ転職してよかったこと)
(20代・女性)

一般小児やアレルギーを扱う小児科で勤務しています。成人看護も経験しましたが、それと比べると、体位変換などに使う力が少なく、身体的な負担は減り楽に感じます。子どもの採血など検査では、子どもが泣かないようにあやしたり、手間がかかったりすることもありますが、やはり子どもがかわいく、大好きなので苦には感じません。子どもに説明をして、検査を頑張ってくれた時や、子どもたちの笑顔を見れたとき、「ありがとう」と言ってもらえたときはやりがいにつながります。

小児科看護師の転職体験談②(小児科へ転職してよかったこと)

小児科看護師の転職体験談②(小児科へ転職してよかったこと)
(30代・女性)

小児科に転職したての頃は、小さい子どもだとなかなか指示が通らず、大人の看護との違いやギャップで、「できない自分」に悩んだこともありました。

思春期の子ども達やその保護者の方との人間関係に悩むこともありますが、元気になって退院していく姿や、子どもの笑顔を見ると辛い仕事中でも癒されます。

小児科看護師の転職体験談③(小児科へ転職して大変だったこと)

小児科看護師の転職体験談③(小児科へ転職して大変だったこと)
(女性・40代)

風邪やインフルエンザの季節は、混むので仕事が一気に忙しくなります。また、子ども相手なので、ケアをしたい時に昼寝をしてしまうなど、思わぬトラブルもあります。また子どもの心配や不安で神経質になっている親御さんもいるため、その対応が大変に感じることもあります。子どもが好きという気持ちだけではなく、家族に寄り添う心も必要です。

よくある質問

「小児科看護師を目指すにあたって何か勉強したほうがいいことはありますか?」
小児科看護師に必要な資格は看護師免許のみです。看護師である場合、特別な資格は必要ありません。ただし小児科看護師を目指すにあたって、全身の解剖生理はもちろん、子どもの病気や、家族のケアの仕方など幅広く勉強していく必要があります。
小児科では、あらゆる疾患を総合的に診察し、子どもをケアします。そのため疾患に関する幅広い知識が必要になります。また子どもだけでなく、家族の不安を和らげたり、在宅ケアを伝えるなど家族ケアについての勉強もおすすめです。
「小児科看護師に向いているのはどんな人ですか?」
小児科看護師に向いている人は、コミュニケーション能力がある人、世話好きな人、小児科看護の専門性を深めたいという方が向いていると言えます。特に小児科は、多くの子どもたちと触れ合える職場です。単に子ども好きというわけではなく、子どもが元気になっていく姿にやりがいを感じるという人は向いていると言えます。また子どものケアは大人よりも手間がかかり、より気を遣わなければいけないため、世話好きな人や子どもに寄り添って気遣いができるという人が向いています。

エリア・駅・路線から探す

年代・性別から、あなたに合った求人をご提案!

未選択

未選択にする

職種から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

職種のチェック解除

業種から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

業種のチェック解除

条件から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

以下の条件を解除

給与で探す

給与形態
給与額

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

以下の条件を削除してもよろしいですか。

検索条件1

検索条件を保存するには 会員登録/ログイン が必要です。

保存できる検索条件は6件までです。

保存済み条件から1件削除し、新しい検索条件を保存します。

削除する条件

保存できる検索条件は6件までです。

保存済み条件から1件削除し、新しい検索条件を保存します。

削除する条件