更新日:2021年8月31日

看護師の職務経歴書(書き方や例文)

【看護師の職務経歴書】書き方や例文

【看護師の職務経歴書】書き方や例文

職務経歴書とは、これまで経験してきた業務内容やスキル、自己PRなどをまとめた書類です。履歴書のように決まった形式はなく、自由なフォーマットでA4用紙1~2枚分書くのが一般的。手書きかパソコンかについては明確なルールはありません。
ただ、テキスト量の多さや修正のしやすさを考えると、パソコンで作成するのがおすすめです。

そして、看護師の職務経歴書では以下のようなポイントが見られます。
・どれくらいの期間、どんな業務を行ってきたか
・どんなスキル、知識を持っているか
・仕事への熱意はあるか
・プレゼン能力はあるか
・転職至った経緯
など

医療機関や介護施設の場合、職務経歴書の提出を求められないことも多いですが、書き方やポイントを知っておくと、面接で経験やスキルを伝えるときに役立つでしょう。

【クリエイト転職で看護師の仕事を探す】
>>看護師の転職・求人情報を探す

>>看護師の求人・転職事情|資格や仕事内容の詳細を徹底解説!

看護師の職務経歴書の書き方

看護師の職務経歴書の書き方
職務経歴書には決まった形式がありませんが、一般的には以下のような項目を書くことが多いです。

日付
職務経歴書には、「〇〇年〇月〇日現在」と必ず日付を書きます。日付は作成した日ではなく、提出する日またはポスト投函する日です。

職務内容・経験職種
これまでに経験した職場、在籍期間、業務内容などを具体的に書きます。表を作成し、箇条書きでまとめると分かりやすいでしょう。なお、職務経歴のまとめ方には、時系列に書く「編年式」と業務や職種ごとに書く「キャリア式」の2種類があります。

免許・資格
保有資格は、取得年月とともに正式名称で書きます。職務経歴書は履歴書とセットで提出することが多いため、表記方法を統一させましょう。

自己PR
自己PRには、自分の強みや経験、専門性、仕事への意欲などを書きます。面接では、職務経歴書の自己PRについて沿って質問されることも多いため、特に重要な項目と言えます。

看護師の職務経歴書のポイント①自分に合ったフォーマットを選ぶ

看護師の職務経歴書のポイント①自分に合ったフォーマットを選ぶ
職務経歴書は、履歴書と違って決まった形式がありません。自由に書くことができる分、自分の職歴やアピールしたいポイントに合ったフォーマットを選ぶことが大切です。

職務経歴書のフォーマットには、「編年式」と「キャリア式」があり、次のような違いがあります。

編年式:時系列に沿って勤務先や業務内容をまとめる方法。経歴が一目で分かり、履歴書とも照らし合わせやすい。
キャリア式:時系列ではなく業務内容や職務分野によってまとめる方法。実績やキャリアをアピールしやすい。

看護師の転職では編年式のフォーマットを使用するのが一般的ですが、転職回数が多い人やアピールしたい職歴が多い人はキャリア式もおすすめです。自由度の高い職務経歴書だからこそ、見やすくまとめることが重要。自分の職歴やアピールしたいポイントに合ったフォーマットを選びましょう。

看護師の職務経歴書のポイント②職務経歴は勤務先情報や業務内容を詳しく書く

看護師の職務経歴書のポイント②職務経歴は勤務先情報や業務内容を詳しく書く
職務経歴はメインとなる項目なので、全体のボリュームを考えながらなるべく詳しく書きましょう。

一口に看護師と言っても、どんな病院・施設に勤務していたかで、担当業務や立ち回り方が大きく異なります。そのため、病院名や施設名だけでなく、病床数や診療科目などの勤務先情報も詳しく書きましょう。業務内容は「〇〇科手術の前後のケア」「新人看護師の教育を担当」「食事、清拭、排泄、移動の介助」といったように、具体的な内容を箇条書きでまとめます。

また、職務内容を網羅的にまとめたら、その下に習得したスキルや活かせる経験などをアピールする項目を作ると良いでしょう。このとき、業務を通して感じたことや信念なども加えると人柄が伝わりやすくなります。

看護師の職務経歴書のポイント③見やすいようにレイアウトを整える

看護師の職務経歴書のポイント③見やすいようにレイアウトを整える
職務経歴書は履歴書よりも自由に書くことができる分、採用担当者が読みやすいようにレイアウトを整えることも大切です。たとえば、長い文章が多いと読み飛ばされてしまう可能性があるため、箇条書きや表などを効果的に取り入れましょう。

また、見出しとなる部分にはカッコを付ける、太字にするなどの工夫をするとさらに見やすくなります。さらに、改行の位置を揃え適度にスペースを入れると、整った印象の職務経歴書になります。

職務経歴書は経験した業務や身に付けたスキルを確認するための書類ですが、相手は人間なので内容だけでなく無意識的な印象にも左右されます。レイアウトが崩れていると、「手抜き?」「いい加減な仕事をしそう」という印象を与えかねません。そのため、内容だけでなくレイアウトにも十分気を付けましょう。

よくある質問

転職が多い場合の注意点やポイントとは?
転職回数が多いと悪い印象を与えるのではないかと思うかもしれませんが、一概にそうとは言えません。また、省略した職歴が原因でトラブルになる可能性があるため、基本的には全ての職歴を書きましょう。分かりづらくなってしまう場合は、編年式ではなくキャリア式で職歴をまとめるのがおすすめです。キャリア式は時系列ではなく経験した業務ごとに職歴をまとめる方法なので、転職回数が多くてもすっきりとまとめられるでしょう。
履歴書と職務経歴書の違いとは?
履歴書は、応募者の学歴や居住地、保有資格、希望条件などの基本情報を開示するための書類です。自己PRや志望動機を書く場合もありますが、書くスペースが限られているため簡潔に分かりやすくまとめることが大切です。これに対し職務経歴書は、経験業務やスキルにフォーカスした書類です。履歴書には書ききれなかった細かい情報を記載し、どんな業務をどれくらいの期間行ってきたか、どんな強みを活かせるかをアピールします。

エリア・駅・路線から探す

年代・性別から、あなたに合った求人をご提案!

未選択

未選択にする

職種から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

職種のチェック解除

業種から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

業種のチェック解除

条件から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

以下の条件を解除

給与で探す

給与形態
給与額

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

以下の条件を削除してもよろしいですか。

検索条件1

検索条件を保存するには 会員登録/ログイン が必要です。

保存できる検索条件は6件までです。

保存済み条件から1件削除し、新しい検索条件を保存します。

削除する条件

保存できる検索条件は6件までです。

保存済み条件から1件削除し、新しい検索条件を保存します。

削除する条件