【警備員の志望動機】履歴書・面接対策!

警備員の志望動機を書くならチェック|転職成功に活きるコツを紹介!

働く意欲や適性がうかがえるため、警備員の転職において、志望動機は重視される項目です。

志望動機を作成するにあたり、難しく考える必要はありません。
「なぜ警備員という職業を選んだのか」「警備員の適性に当てはまる自分の強みや経験、スキルは何か」「なぜここの企業で働きたいか」を洗い出し、文章や言葉に変えるだけです。
とはいえ、この部分に悩んでしまう方も多いでしょう。
そのような場合には、志望動機作成のポイントや例文を参考に、自分なりの志望動機を作成してみましょう。
警備員への転職を成功させるには、志望動機に力を入れることがポイントです。
この記事を参考にして、警備員の志望動機の書き方をマスターしましょう。

【警備員の仕事を詳しく調べる】
警備員の転職・求人|女性やシニアも活躍できる?仕事内容を徹底解説!

警備員の志望動機作成のポイント①

警備員の志望動機作成のポイント①
警備員の志望動機作成の1つ目のポイントは、社会貢献の面から意欲をアピールすることです。
警備員の役割は、人々の安全や財産を守ることです。
「事件や事故を未然に防ぐ」、「貴重品や危険物を安全に輸送する」、「交通や人通りをスムーズにする」など、業務内容に応じて警備対象や目的は異なります。
しかし警備を通じて人の役に立つという点では、共通しています。

「未経験からでも始められる仕事だから」「楽そうな仕事だから」などといった理由で応募する人より、「誰かの役に立ちたい」と思っている人の方が採用される可能性が高い傾向にあります。
警備を通して人の役に立ちたいという思いは、立派な志望動機になります。
積極的に志望動機としてアピールしてみてください。

警備員の志望動機作成のポイント②

警備員の志望動機作成のポイント②
警備員の志望動機作成の2つ目のポイントは、体力面をアピールすることです。
警備員の業務自体は難しくありませんが、1日中立ちっぱなしになることもあります。
業務内容にもよりますが基本的に体力を使う仕事です。
夏の炎天下の中、屋外での業務に従事しなければならないといったケースも少なくありません。
そのため、仕事への意欲が高くとも、体力が伴っていないと警備員として長く働き続けるのは難しいといえます。

また夜勤での転職を考えているのであれば、不規則な生活リズムの中で働くことになります。


現場を急に休むのは難しいことも多い傾向にあります。
そのため健康面でのアピールも有効です。
20〜30代の方であれば若さゆえの体力を、40代以降で体力に自信がなくとも「風邪をひきにくい」「健康管理に気を使っている」といったような健康面をアピールしてみましょう。
また学生時代にスポーツをしていた、現在も趣味でスポーツを続けている方は積極的に志望動機に入れてみてください。

警備員の志望動機作成のポイント③

警備員の志望動機作成のポイント③
警備員の志望動機作成の3つ目のポイントは、志望先を選んだ理由を伝えることです。
採用担当者は、数ある企業の中からなぜ自社を志望したかに注目しています。
なぜなら、とりあえず求人に応募したという人よりも、明確な理由を持って応募した人の方が仕事に対する意欲も高いからです。
自宅が近いから、給料が良いからなどの条件も明確な志望理由になりますが、ストレートに伝えすぎるとネガティブな印象を与えてしまう恐れがあります。
たとえば、自宅から近いことを理由にするのであれば、「自宅が近いことで体力的な負担が少なく、積極的にシフトに入れる」といったようにプラスアルファで理由を述べるとよいでしょう。
また、企業理念への共感や研修の充実、キャリアやスキルアップが望みやすい環境であるといった内容も志望理由になります。
志望先に対する特別な志望理由が思い浮かばない場合には、企業のホームページを確認し、特徴や魅力、実績などをチェックした上で志望理由を考えてみましょう。

【警備員の志望動機】履歴書・面接対策!の仕事体験談

警備員の志望動機:例文①経験者の場合の例文

警備員の志望動機:例文①経験者の場合の例文
(40代・男性)

「これまで5年間、施設警備員として従事し、施設警備業務検定2級の資格を取得しました。
さらに警備業務の幅を広げたいと思い、この度貴社の交通警備員に応募いたしました。
施設警備員として多くの人の安全を見守ってきたため、これまでの経験を活かして交通警備員として多くの人の安全を守っていきたいと考えています。
貴社は資格取得支援制度も充実しているため、交通警備の資格取得を目指しつつ、これまでの経験を活かしながら警備のプロフェッショナルとして貴社で価値提供を行って参りたいと思います。」

警備員の志望動機:例文②経験者の場合の例文

警備員の志望動機:例文②経験者の場合の例文
(30代・男性)

「警備員の仕事を3年続けてきた中で、警備を通して人の役に立つことにやりがいを感じていました。
これまで交通警備や施設警備とさまざまな警備業務を担当してきましたが、自分が1番やりがいを感じたのが施設警備でした。
施設警備に関するノウハウが多い貴社でさらなるスキルアップを目指し、将来的には指導教育責任者の資格を取得して貴社の人材育成に貢献していきたく思います。」

警備員の志望動機:例文③未経験の場合の例文

警備員の志望動機:例文③未経験の場合の例文
(20代・女性)

「人の役に立てる仕事をしたいという思いから、日々の身近な安全を作り上げる役割を担う警備員への転職を決めました。
私はスポーツ経験が長く、健康管理も徹底しているため、警備員に必要な体力に自信があります。
数ある企業をみてきた中で、貴社は施設警備や交通警備と様々な警備業務を担っており、研修制度も充実しているとお見受けします。
そのため、警備員としてのスキルをいち早く身につけられると思い、この度志望いたしました。」

よくある質問

警備員の志望動機は正社員とバイトで書き方に違いはありますか?
警備員の志望動機作成において、雇用形態別に書き方に違いはありません。
正社員・アルバイト間において適性やメインの警備業務に大きな違いはないため、警備員として働く意欲と適性、志望先を選んだ理由を伝えましょう。
履歴書の志望動機はどれくらいの分量で書けば良いですか?
履歴書の志望動機は、200~300字を目安に書いてみてください。
志望動機が長すぎると言いたいことがわかりにくく、短すぎても熱意が伝わりません。
また、手書きの場合は、文字のサイズに気をつけて志望動機欄に記入しましょう。

エリア・駅・路線から探す

職種から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

職種のチェック解除

業種から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

業種のチェック解除

条件から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

以下の条件を解除

給与で探す

給与形態
給与額

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

以下の条件を削除してもよろしいですか。

検索条件1

検索条件を保存するには 会員登録/ログイン が必要です。

応募先企業

ダミー文字列です。

職種

ダミー文字列です。

保存できる検索条件は6件までです。

保存済み条件から1件削除し、新しい検索条件を保存します。

削除する条件

保存できる検索条件は6件までです。

保存済み条件から1件削除し、新しい検索条件を保存します。

削除する条件