面接・履歴書対策|転職理由を上手く伝えるコツ

転職理由を話すコツ|転職したい理由を前向きな表現で伝える

転職理由を話すコツ|転職したい理由を前向きな表現で伝える

転職理由を上手く伝える重要なコツは「嘘はつかずに、ポジティブな理由へ変換すること」です。
企業にとっては時間やお金をかけて雇った人材が、早々に退職・転職してしまうと、かなり大きな痛手になります。
そのため、転職者での面接では、「きちんと続けてくれるのか」、「早々に退職するような問題を抱えていないか」など雇う上でのリスクがないかを見極めるために転職理由を聞いています。
なかには、ネガティブな転職理由を隠し、嘘をつく方もいますが、面接官は毎年たくさんの面接をこなすプロです。
嘘はすぐにわかってしまいます。
「嘘はつかず、変換する」ポイントを意識しながら、実際の答え方などを見ていきましょう。

【豊富なおすすめ機能であなたのお仕事探しをサポート】
>>クリエイト転職で正社員の求人を探す

履歴書への転職理由の書き方

履歴書への転職理由の書き方
履歴書や職務経歴書など、基本的なフォーマットであれば転職理由を記載する必要はありません。
ほとんどの場合は、「一身上の都合」と記載します。
転職理由を記載する場合は一言で簡潔に記載することがおすすめです。
以下に、主な転職理由の書き方をまとめていますので、参考にしてみてください。

自己都合による退職の場合
「一身上の都合により」

契約社員等で契約期間が満了して退職に至った場合
「契約満了につき」

倒産や事業の廃止、自分に非が無い解雇などの場合
「会社都合により」

基本的に履歴書に記載する場合は、上記のひと言で問題ありません。

しかし、転職回数が多い方や長年のブランクがある場合はネガティブな印象を与えてしまうこともあるので、そういった方の場合は少し付け加えて転職理由を記載するといいでしょう。
例えば、「結婚に伴い退職」「親の介護に伴い退職」「キャリアアップのため退職」「他職種への挑戦のため退職」などです。
短期間で複数回の転職や、転職後長年のブランクを持つ方は、このような工夫をしてみてください。

面接での転職理由の答え方

面接での転職理由の答え方
面接では、転職理由をよく問われます。
ポイントを意識しながら、受け答えを行っていきましょう。
面接での転職理由の受け答えは、事前にしっかりと自己分析しておくことで、自信を持つことができます。
まずは、あなたが退職した理由を紙に書き出し、その理由にポジティブな肉付けを行っておきましょう。
面接官によって、転職理由を深く聞いてくる場合もあれば、さらっと流す場合もあります。
何を問われても、堂々と前向きに受け答えすることを意識してくださいね。


嘘はつかない
嘘は必ず見破られます。特に自己都合を会社都合と偽ることは絶対にやめましょう。

伝える事を絞る
複数の理由により退職したという方も多いでしょう。ですが、面接で伝える理由は1つに絞り、簡潔に伝えましょう。


対策や具体的行動を伝える
職場環境や待遇などの不満が理由の場合、ポジティブな理由に変換するのも難しいかもしれません。その場合は、原因に対して具体的に起こした行動や対策など改善に努力をしたことを伝えましょう。

やる気と熱意を忘れずに
転職後のやる気と熱意が伝わるような受け答えを行っていく事が重要です。

転職理由の例文①(スキルアップ・キャリアアップ希望)

転職理由の例文①(スキルアップ・キャリアアップ希望)
提案力をさらに高めていきたいと感じたのが転職理由です。
お客様の声を直に聞く機会が多い営業職ですが、お客様の求めるニーズや抱える問題を解決するためには、今の営業職ではこと足りません。
私自身、お客様の声を一番近くで聞いている中で、そのニーズにもっと応えたいという気持ちが大きくなっていくのを感じており、転職を決意しました。
御社は商品ラインナップの豊富さだけでなく、ニーズにあわせて商品をカスタマイズしていくことができます。
そんな御社でニーズをくみ取る力を活かし、提案力を養って貢献します。
そしてさらに営業として自分の力を試したいと考えています。

転職理由の例文②(異業種からのキャリアチェンジ)

転職理由の例文②(異業種からのキャリアチェンジ)
もともと、インテリアが好きであるという気持ちから、インテリアメーカーに入社し、製造部門で4年間の経験を重ねてきました。
ですが、インテリア製品の誕生に携わっていくなかで、製造を担うよりも世に送り出す場面に携わりたいと感じ始めました。
インテリアや雑貨などを取り扱っている御社の店舗部門で、インテリアに関する熱意や知識などを活かしながら、販売スキルを積み上げていきたいと考えています。

転職理由の例文③(会社の将来性)

転職理由の例文③(会社の将来性)
御社の運営ショップのように、これからの時代で役に立つ顧客づくりや、宣伝方法を実践する企業で、販売職としての将来性を意識したスキルを身につけたいと考え転職活動をしています。

現職は、昔から実績を積み上げてきた歴史ある企業としての顧客づくり、販売スキルなどを学んできました。
しかし、昔から続く企業としてアナログな方法を中心とした接客販売を軸としているため、現代社会に沿った広告、ECサイトやSNSの活用などに消極的な姿勢が目立ちました。
実際に、企画として提案を行ってみたものの、現時点ではインターネットなどを介した顧客づくりを行う予定はないとの事でした。

今ECが発達する中で、実店舗の意味が問われています。
私はより新しい試みを数多く行っている御社で、新しい販売員のあり方を模索し貢献していきたいです。

よくある質問

勤務地に惹かれて転職を希望しています。転職理由を正直に話してもいいですか?
勤務地に惹かれて転職を希望している方はたくさんいますが、そのまま「転職したい理由は勤務地が遠かったから」というとネガティブな印象を与えてしまいます。

勤務地の近さをポジティブな理由に変換すると、以下の理由で伝えることもできます。
・通勤時間を仕事や学習に使いたい(有意義な時間を作りたい)
・仕事に集中できる環境を作りたい
・地域に密着した仕事をしたい

できるだけ面接官に熱意が伝わるよう、ポジティブな理由に変換するようにしましょう。
福利厚生に惹かれて転職を希望しています。転職理由を正直に話してもいいですか?
福利厚生に魅力を感じ、転職を決意する人は多いでしょう。
しかし、福利厚生が理由だと伝えると、面接官に熱意が伝わりにくく、企業に貢献する意欲が足りないと取られてしまうことがあります。

福利厚生の良さを転職したい理由とするのであれば、以下のようにも伝えられるでしょう。
・長く働き貢献したいため、ワークライフバランスの取れる働き方をしたい
・自分らしく力を発揮するため環境にも着目したい
・会社の方針と自己の価値観が一致している

ただ、福利厚生の良さだけを伝えるのではなく、福利厚生の良さがあなたの働きぶりにどう影響するか、会社にとってどのようなメリットがあるのかを伝えるようにしましょう。
  • 転職理由と志望動機の関係

    転職理由と志望動機の関係

    志望動機は面接の際、必ずと言っていいほど問われる内容です。
    転職理由も聞かれていた場合、似たようなことを伝える場合もあるでしょう。
    重要なポイントは転職理由と志望動機に「一貫性を持たせること」です。
    転職をした理由と、その企業を転職先に選んだ理由が合致するように心がけましょう。
    例えば、転職理由を「キャリアアップのため」と伝えた場合、応募先企業に就職したらキャリアアップができることが大前提となります。
    客観的に見てキャリアダウンになる会社・職種を選び、転職理由と関係のない志望動機を伝えると、一貫性が無い印象を与えます。
    面接官に疑問を抱かせないためにも、転職理由と志望動機は必ず連動させるようにしましょう。

  • 転職理由を面接で上手く伝えるコツ

    転職理由を面接で上手く伝えるコツ

    面接でさらにうまく転職理由を伝えるために、以下の点も注意してみましょう。
    ・ハキハキとしゃべる
    ・一貫性を意識する
    ・他責思考を感じさせない
    転職理由を伝えるのが苦手という方も多いですが、自信のないようにしゃべるのはやめましょう。
    後ろめたい印象を与えてしまい、マイナス評価につながりかねません。
    また面接官に詳しく聞かれると一貫性が損なわれてしまうことも考えられます。
    面接の前には転職理由を自分の中で明確にすることをおすすめします。
    そして他責思考を感じさせないことも重要なポイントです。
    転職に何かネガティブな理由があったとしても、「それは周囲に責任がある」と思っているように見えてしまうと印象は悪くなってしまいます。

  • 仕事探しのお役立ち情報

  • この記事の監修・著者プロフィール(株式会社クリエイト Webマーケティング担当)

    この記事の監修・著者プロフィール(株式会社クリエイト Webマーケティング担当)

    クリエイトは人材と企業のマッチングや、人材育成における課題解決など、様々な分野において人と企業をつなぎ、社会に貢献できるような媒体創りを目指しています。
    配信中の記事では、職種ごとの詳細な仕事内容、エリア情報、就職に役立つ資格の解説、ビジネス用語・経済ニュースの解説など、社会人として押さておきたい基本的な知識や最新情報をお届けしています。

    ※事業内容
    ・求人情報サービス提供事業:(求人サイト「クリエイト転職・クリエイトバイト」、新聞折込求人広告「Create」)

    クリエイト転職は地域密着をコンセプトに、仕事探しに役立つ最新の求人情報をお届けしています。
    【豊富なおすすめ機能であなたのお仕事探しをサポート】
    >>クリエイト転職で正社員の求人を探す

エリア・駅・路線から探す

年代・性別から、あなたに合った求人をご提案!

未選択

未選択にする

職種から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

職種のチェック解除

業種から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

業種のチェック解除

条件から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

以下の条件を解除

給与で探す

給与形態
給与額

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

以下の条件を削除してもよろしいですか。

検索条件1

検索条件を保存するには 会員登録/ログイン が必要です。

保存できる検索条件は6件までです。

保存済み条件から1件削除し、新しい検索条件を保存します。

削除する条件

保存できる検索条件は6件までです。

保存済み条件から1件削除し、新しい検索条件を保存します。

削除する条件