介護福祉士の転職・正社員求人

介護福祉士の求人募集|仕事内容と転職体験談

介護福祉士の求人募集|仕事内容と転職体験談

介護福祉士は、普段の生活をしていく上で介護が必要な人に対して、身の回りのお手伝いをする仕事です。介護福祉士の仕事は「身体介助」と「生活援助」の2種類に分かれます。身体介助は食事・排泄・入浴・着替え・移動全般など日常生活での動作を助ける介助です。直接体に触れる場面が多いので、介護が必要な人の痛みや表情など、細かなところに気を配る必要があります。生活援助は食事の準備・部屋の清掃、整頓・買い物など家事全般の介助を言います。介護が必要な人が今何を求めているのかを正確に見極める能力が必要です。
その他にも、介護が必要な人の家族に接し方のアドバイスや介護用具の使い方を教えたり、ほかのスタッフのマネジメントをしたりしますので、マルチにやることのある仕事です。
幅広い領域の経験が積めるので、介護業界でキャリアアップを目指しながら長く働きたい人や、人に思いやりを持って行動し続けられる人は得るものが大きい仕事です。

介護福祉士の求人一覧へ 439

 介護福祉士のオススメ新着求人

介護福祉士の資格とはどのようなもの?

介護福祉士の資格とはどのようなもの?
介護福祉士は国家資格です。資格を持っていなくても職に就くことはできますが、資格保有者にしかできない仕事内容もあります。介護業務のなかには「訪問介護」がありますが、訪問介護は無資格では行えません。訪問介護をして、介護が必要な人の体に触れて行う入浴・排泄・食事などは有資格者のみができる内容です。
国家資格を持っていると、介護が必要な人やその家族、また周りのスタッフからの信頼を高めることができます。深い知識力を身に付けていると見られるため、高いレベルの知識や技術が求められることも覚悟する必要はありますが、スペシャリストとして管理職の仕事を任せてもらえることもあります。介護福祉系では唯一の国家資格ですので、一目置かれる存在となります。また資格を持つことで給与面の待遇もよくなることが多いです。キャリアアップを目指す人は取得しておくと道が開ける一生ものの資格です。

介護福祉士になるには?

介護福祉士になるには?
介護福祉士になるためには、4つのルートがあります。いろいろな方法がありますので、今の自分に見合ったルートを見つけてみましょう。

養成施設ルート
養成施設ルートは、高校卒業後に介護福祉士養成施設に2年以上通う方法、または福祉系大学や社会福祉士養成施設卒業後に介護福祉士養成施設に1年以上通う方法、保育士養成施設卒業後に介護福祉士養成施設に1年以上通う方法の3通りあります。介護福祉士養成施設を出た後、平成28年度までに卒業していた場合はそのまま介護福祉士資格取得、平成29年~令和3年度に卒業の場合、受験をして合格をすると介護福祉士資格取得、不合格や受験をしなかった場合は5年間の制限付き登録の介護福祉士資格取得となり、筆記試験や実務経験5年を経て介護福祉士資格取得です。令和4年以降に卒業していた場合は筆記試験を経て介護福祉士資格取得です。

実務経験ルート
実務経験ルートは、実務経験が3年以上あった場合に実務者研修に参加して筆記試験に臨むか、介護職員基礎研修と喀痰吸引等研修の両方に参加して筆記試験に臨むと介護福祉士資格取得です。注意したいのは、実務経験が3年以上でも勤務日数が540日以上でないと条件に当てはまらないことです。また以前は実務経験のみでも受験が可能でしたが平成28年度より養成施設などの実務者研修への参加が必要になりましたので研修を修了させておきましょう。

福祉系高校ルート
福祉系高校ルートは、「新カリキュラム」「特例高校」「旧カリキュラム」の3つに分かれます。新カリキュラムは平成21年度以降の入学者が対象で、学校教育法で定められた規定の教科目と単位数を修めた人であれば実技試験は免除され筆記試験に臨んで介護福祉士資格取得です。特例高校は平成21年以降の入学者が対象で、社会福祉士介介護福祉士学校の指定する規定の教科目と単位数を修めた後、9ヶ月以上の介護等の実務経験を積み、筆記試験に臨み介護福祉士資格取得です。旧カリキュラムは平成20年度以前の入学者が対象で、学校教育法で定められた規定の教科目と単位数を修めた人や大学へ飛び入学した後、筆記試験に臨み介護福祉士資格取得です。特例高校と旧カリキュラムは介護技術講習を行うと実技試験が免除になります。

経済連携協定(EPA)ルート
経済連携協定ルートは、公益社団法人国際厚生事業団が紹介した受入機関と締結した雇用契約に明示された受入施設で、研修責任者の監督の下で日本の介護福祉士資格の取得を目的としたインドネシア人・フィリピン人・ベトナム人が対象です。研修を受けながら就労することが決まっているルートで、EPA介護福祉士候補者として学んだ後、実務経験を3年積み、介護技術講習か実務者研修を経て筆記試験に臨み、介護福祉士資格取得する方法と、筆記試験の後に実技試験を受けて介護福祉士資格を取得する方法があります。

介護福祉士の仕事体験談

介護福祉士の仕事・転職体験談:働いてよかったこと

介護福祉士の仕事・転職体験談:働いてよかったこと
20代男性

利用者が自分でできることはなるべく自分でさせてあげるのが介護ですが、あるとき普段はできていたことが、体調不良のためにできないことがありました。私が介護をしたら、あなたに見てもらえて嬉しい、ありがとうと言われたときにこの仕事をしていてよかったと思いました。

介護福祉士の仕事・転職体験談:働いて嬉しかったこと

介護福祉士の仕事・転職体験談:働いて嬉しかったこと
20代女性

入居している高齢者の方と日頃のお話を楽しんでいるときに、いつもありがとうと言ってもらえたことがありました。ご家族の方とお話をする機会でも、あなたに担当してもらえてよかったと言ってもらえ、頑張ってきてよかったと感じました。人の役に立ちたいと思っている方にはやりがいのある仕事だと思います。

介護福祉士の仕事・転職体験談:大変だったこと

介護福祉士の仕事・転職体験談:大変だったこと
40代男性

働き始めのときは入浴補助で失敗してしまい、利用者に怒られることもありました。コミュニケーションの仕方に悩むことがありましたが、それでも困っている人を助けたいと思って働いています。母の親孝行が十分にできなかったので、天国にいる母に喜んでもらえるように日々頑張っています。

よくある質問

介護福祉士の給料はどのくらい?
介護福祉士の平均的な月給は約31万円(厚生労働省平成30年度介護従事者処遇状況等調査結果より)です。この給与は働く施設によって異なってきます。最も高いのが介護老人福祉施設で勤務している人で約34万円、続いて介護老人保健施設で約32万円、通所介護事業所で約27万円です。施設によって最大7万円の差が生まれているので、給与面にこだわるなら働く場所を考えましょう。また、役職別に見ると常勤で働く介護福祉士が約31万円で最も高くなっています。資格がない人はどうでしょうか。介護福祉士で無資格の人は約26万円ですので、平均月給より5万円低い状況です。収入アップをしたいなら資格取得に励んでみるのもいいでしょう。
  • 介護福祉士はどんな人に向いている?

    介護福祉士はどんな人に向いている?

    介護福祉士は、相手がどんな助けを必要としているのかを見極める力が必要です。利用者のなかにはいろいろな人がいます。正直に気持ちを伝えてくれる人もいれば、なかには自暴自棄になっている人もいるでしょう。どんな人でも前と比べて今の状態はどうか、気をつけて見ていく必要があります。また、介護福祉士は介護が必要な人と接するほか、ご家族の方との会話や、スタッフともコミュニケーションをとります。1日のなかで多くの時間を人と接して過ごしているので、人間関係で悩む可能性もある仕事です。深く考えすぎずに前向きに行動できる人が向いているでしょう。そして、介護の仕事は体力だけでなく、精神的な負担もかかりやすいので、仕事とプライベートでオンオフができる人は向いています。

  • 介護福祉士のキャリアプランとは

    介護福祉士のキャリアプランとは

    介護福祉士のキャリアプランは大きく「マネジメント職」と「専門職」に分かれます。マネジメント職は現場にいるスタッフを管理していく仕事です。介護職員から現場リーダーになり、管理者や施設長まで進むとマネジメント職になります。人材にかかわる仕事をすることになるので、採用や人事、施設の利用者との契約も行います。施設の運営や経営をするので、現場を一歩遠くから俯瞰する立場に変わります。施設をよりよくしたいと思っている人や働きやすい環境に変えたいと思っている人に向いているキャリアです。
    専門職は現場のエキスパートとして携わっていく仕事です。介護福祉士の資格は唯一の国家資格でもありますので、資格が取得できると高度な知識を身に付けることができます。利用者とのコミュニケーションがしたい人や現場主義の人に向いているキャリアです。

  • 仕事探しのお役立ち情報

介護福祉士 × 勤務地で絞り込む

茨城県  |  栃木県  |  埼玉県  |  千葉県  |  東京都  |  神奈川県  |  静岡県  |  愛知県  |  大阪府  |  兵庫県  |  福岡県

介護福祉士 × 条件で絞り込む

介護福祉士 × 業種で絞り込む

エリア・駅・路線から探す

年代・性別から、あなたに合った求人をご提案!

未選択

未選択にする

職種から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

職種のチェック解除

業種から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

業種のチェック解除

条件から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

以下の条件を解除

給与で探す

給与形態
給与額

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

以下の条件を削除してもよろしいですか。

検索条件1

検索条件を保存するには 会員登録/ログイン が必要です。

保存できる検索条件は6件までです。

保存済み条件から1件削除し、新しい検索条件を保存します。

削除する条件

保存できる検索条件は6件までです。

保存済み条件から1件削除し、新しい検索条件を保存します。

削除する条件