更新日:2021年6月3日

福祉住環境コーディネーターの転職・正社員求人

福祉住環境コーディネーターとは?転職・求人事情|資格や仕事内容を徹底解説!

福祉住環境コーディネーターとは?転職・求人事情|資格や仕事内容を徹底解説!

<福祉住環境コーディネーターの資格は転職に有利?>
高齢者や障害者が安全・快適に暮らせる住まいを提案する福祉住環境コーディネーター。
2000年には介護保険制度による住宅改修費の支給がスタートし、より注目度が高まりました。
福祉用品メーカーやハウスメーカー、住宅設備会社、NPO法人などさまざまな場所で福祉住環境コーディネーターが活躍しています。
なお、福祉住環境コーディネーターは業務独占資格ではないため、資格があるからといって確実に転職できるわけではありません。
現状では、もともと福祉・建築関係で働いている人が、キャリアアップのために取得するケースが多いようです。
未経験から転職する際は、福祉住環境コーディネーターの資格なしで採用される場合もありますし、福祉・建築関係の他の資格が求められる場合もあります。

福祉住環境コーディネーターの求人一覧へ 2

福祉住環境コーディネーターの求人/転職するには?

福祉住環境コーディネーターの求人/転職するには?
福祉住環境コーディネーターとは、高齢者や障害者が安全かつ、快適に暮らせる住みやすい環境を提案する仕事です。
ケアマネジャーや建築士、工務店などと連携しながら、バリアフリー化を進めたり、手すりを設置したりといった住まいのコーディネートを行います。
高齢化に伴い、ハウスメーカーや福祉施設、福祉用具メーカーのほか、病院や保健所、公共施設など幅広い分野での活躍が期待されています。
福祉住環境コーディネーターの資格には、3~1級があり3・2級は受験資格がなく誰でも受けられます。
就職に備えて学生のうちに取得する人もいますし、福祉・建築関係で働く人がキャリアアップのために取得するケースもあります。
現状では、この資格単体で活躍する人は少ないですが、他の資格や経験と合わせることにより業務内容の幅がぐっと広がるでしょう。

福祉住環境コーディネーターの仕事内容

福祉住環境コーディネーターの仕事内容
福祉住環境コーディネーターの役割は、高齢者や障害者にとって暮らしやすい住環境を提案することです。具体的には、以下のような仕事を行います。

・住まいのバリアフリー化
・手すりの設置
・車いすや介護ベッドの提案・使用方法の指導
・福祉施設のコーディネート

福祉住環境コーディネーターは、ただスロープや手すりを付けたり介護用品を提案したりする仕事ではありません。
顧客の要望にマッチした提案をするため、専門知識を駆使しケアマネジャーや建築士、医療従事者などと連携しながら進めます。
また、福祉住環境コーディネーター2級以上を保有している人は「住宅改修が必要な理由書」という書類の作成もできます。

福祉住環境コーディネーターになるには

福祉住環境コーディネーターになるには
福祉住環境コーディネーターは資格がないとなれない職種ではありません。
未経験の場合でも、資格なしで採用し入社後に資格取得を目指すケースもあります。
また、ハウスメーカーや福祉用具メーカー、福祉施設などに勤務しながら資格を取得する人も多くいます。
そのため、福祉住環境コーディネーターになるには、どちらかというと資格の有無よりも福祉や建築関連への就職・転職が重要と言えます。
建築士や介護福祉士、ケアマネジャーなど他の関連資格を保有しておくと、福祉住環境コーディネーターにもなりやすいでしょう。

なお、福祉住環境コーディネーターの資格は、3・2級は受験資格がなく、難易度もそれほど高くありません。
将来を見据えて学生のうちに取得しておくのも良いですし、社会人になってからでも十分間に合います。

福祉住環境コーディネーターの試験や難易度

福祉住環境コーディネーターの試験や難易度
3・2級はマークシートのみで、学歴や資格の有無にかかわらず誰でも受験できます。
合格率もそれほど低くないので、真面目に勉強すれば独学でも十分合格できるでしょう。
1級は少し難易度が上がり、合格率は10%程度です。
試験の詳細や過去問を知りたい人は、東京商工会議所の検定試験情報ページを確認してください。

福祉住環境コーディネーターの仕事体験談

福祉住環境コーディネーターの転職体験談:働いてよかったこと

福祉住環境コーディネーターの転職体験談:働いてよかったこと
(30代・男性)

もともと介護業界で働いていたので、「介護のために自宅をリフォームしたい」「今の家では生活が不便」といった声をよく聞いていました。
福祉住環境コーディネーターの資格を取ることで必要な知識が身に付きましたし、仕事を通して高齢者やその家族の悩みに寄り添えるので日々やりがいを感じています。

福祉住環境コーディネーターの転職体験談:働いてよかったこと

福祉住環境コーディネーターの転職体験談:働いてよかったこと
(40代・女性)

福祉住環境コーディネーターは、仕事だけでなく私生活にも役立つ知識が身に付きます。
実際に、自宅のリフォームをするときは、「どんなところが危険か」「どんな手すりが最適か」という配慮をしながら行えました。
誰でもいずれは高齢者になるので、学んでおいて損はないと思います。

福祉住環境コーディネーターの転職体験談:働いて大変だったこと

福祉住環境コーディネーターの転職体験談:働いて大変だったこと
(50代・女性)

介護や医療の技術や制度は日々進化しているため、それに合わせて求められる住環境も変化していきます。
そのため、福祉住環境コーディネーターとして働くためには常に最新の情報をリサーチしておかなければなりません。
やりがいの多い仕事ではありますが、勉強も必要なので楽ではないと思います。

よくある質問

福祉住環境コーディネーターは独学でも求人に応募して大丈夫?
福祉住環境コーディネーター3・2級は、受験資格がなく合格率もそれほど低くないため(3級:50~60%、2級:25~45%)、真面目に勉強すれば独学でも十分合格できます。
特に3級は高校生や大学生の受験者も多く、専門知識がなくても問題ないでしょう。
ただし1級は合格率が10%前後と難易度がぐっと上がります。
独学でも不可能ではないですが、試験が年1回しか行われないことを考えると、確実に合格するにはスクールや通信講座の利用がおすすめです。
福祉住環境コーディネーターの勉強時間はどのくらい?
福祉住環境コーディネーター3・2級は、未経験者なら2~3カ月の勉強時間が必要です。
まとまった時間を確保できる人は、効率良く進めれば1カ月程度でも合格を目指せます。
試験対策には、公式テキストや東京商工会議所主催のセミナー、過去問などを活用しましょう。
ただし1級は出題範囲が広がり難易度もぐっと上がるため、それ以上の勉強が必要です。
公式テキストを中心に、何度も過去問や模擬問題を解いて試験に備えましょう。

福祉住環境コーディネーターの求人企業一覧

エリア・駅・路線から探す

年代・性別から、あなたに合った求人をご提案!

未選択

未選択にする

職種から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

職種のチェック解除

業種から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

業種のチェック解除

条件から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

以下の条件を解除

給与で探す

給与形態
給与額

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

以下の条件を削除してもよろしいですか。

検索条件1

検索条件を保存するには 会員登録/ログイン が必要です。

保存できる検索条件は6件までです。

保存済み条件から1件削除し、新しい検索条件を保存します。

削除する条件

保存できる検索条件は6件までです。

保存済み条件から1件削除し、新しい検索条件を保存します。

削除する条件