更新日:2021年5月27日

北海道の転職・正社員求人

北海道の転職・正社員求人|北海道の就職事情

北海道の転職・正社員求人|北海道の就職事情

北海道の令和2年9月の雇用情勢によると、有効求人倍率は0.95倍。
全国平均の1.03倍を下回っていますが、他府県と比較するとやや高い数値です。
正社員の有効求人倍率は0.72倍となっており、正社員としての採用倍率は低めということがわかります。
求人数は、建設業や情報通信業が増加傾向にありますが、求人数として多いのは圧倒的に医療・福祉業界、次いで建設業、卸売・小売業、サービス業です。
北海道の正社員求人状況
就業人口のうち、正社員・正職員としての就業人口は57.2%、全国平均の60.2%と比較すると北海道の正社員就業人口は大きく違うものではありません。
北海道での正社員と非正社員の割合はそう変わらないということが分かりますね。

北海道の求人一覧へ 439

北海道の転職・求人情報を更に絞る

 北海道のオススメ新着求人

北海道や札幌市・函館市・旭川市はどんなところですか?

北海道や札幌市・函館市・旭川市はどんなところですか?
北海道は、四方を太平洋、日本海、オホーツク海に囲まれ、雄大な山岳や湿原など美しい景観に恵まれた地方となっています。
気候は冷涼低湿、梅雨や台風の影響をそれほど受けないことも特徴です。

日本の面積の約22%を占める北海道ですが、道路や空港などの整備が進んでいるため、比較的移動しやすくなっています。
総面積は83,423.83平方km、総人口は約530万人と、面積・人口とも規模の大きい北海道。
札幌市はどんなところ?
県庁所在地は札幌市で、ポートランド(アメリカ)、ミュンヘン(ドイツ)、瀋陽(中国)、ノボシビルスク(ロシア)、大田(韓国)などの姉妹都市や友好都市を掲げています。全国各地から人が集まる雪まつりも、札幌の風物詩として知られています。
函館市はどんなところ?
函館は北海道南部の渡島半島に位置しています。平均気温は9.1℃と北海道の中では温暖なのが特徴です。

西洋文化をいち早く受け入れた地域であることから、今の函館にも当時のモダンでハイカラな雰囲気を感じさせるポイントが随所に残されています。

旭川市はどんなところ?
旭川市は北海道のほぼ中央に位置する地域です。旭川動物園や平和通買物公園など道内外から多くの人が訪れるのが特徴です。

自信などの自然災害が少なく、その過ごしやすさから北海道内で2番目に多い人口数を誇っています。

北海道や札幌市・函館市・旭川市はどのような産業が盛んですか?

北海道や札幌市・函館市・旭川市はどのような産業が盛んですか?
北海道の道内総生産を産業別に見てみると、
第1次産業 4.1%(全国1.2%)
第2次産業 16.9%(全国24.7%)
第3次産業 79.0%(全国73.4%)
となっており、全国と比較すると第二次産業が少なく、第一次産業のウェイトが大きい構造であることがわかります。
北海道は全国で1番一次産業に従事する人口の割合が多く、広い土地を活用した一次産業がメインです。
十勝平野を中心とした畑作、石狩・上川地方を中心とした稲作、道東地方を中心とした酪農業、函館や根室・釧路・オホーツク沿岸などを中心とした漁業、道北地域で盛んな林業などが代表的です。
また、北海道で注目されているのは環境エネルギー産業。
太陽光発電や風力発電など、自然エネルギーの導入率が全国平均の約2倍であり、環境エネルギー産業の先駆けとして注目を集めています。
札幌市の産業
サービス業や宿泊業などの第三次産業が中心の地域と言えそうです。
全国的に見ても、製造業などの第二次産業の割合が少ない傾向にあります。
札幌市の製造業で特筆すべき産業は食料品製造業、印刷・同関連業、金属製品製造業などです。
強みを数値化する特化係数では、全国水準と比べると突出した数字を持っています。
函館市の産業
函館市では主に電子部品・デバイス・電子回路製造業、窯業・土石製品製造業、食料品製造業で強みを持っています。
経済産業省による「北海道の地域経済分析」では上記の産業の特化係数がどれも全国平均以上。
函館の製造業の中心を担っています。
旭川市の産業
旭川市では稲作を筆頭とした農業が盛んです。
また食料品や紙パルプなどの製造業も旭川市の主要産業の一つ。
また北北海道の物流の拠点として、卸業・小売業、サービス業も発展しています。

北海道や札幌市・函館市・旭川市に多い業種や職種

北海道や札幌市・函館市・旭川市に多い業種や職種
北海道の産業別人口は大きく分けて、
 第1次産業 170,336人(7.4%)
 第2次産業 411,569人(17.9)
 第3次産業 1,718,253人(74.7)
となっており、従業員のほとんどが第三次産業に従事しています。
北海道の産業別就業人口数の内訳は以下のとおりです。
卸売・小売業 17.1%
医療・福祉 15.2%
建設業 8.7%
製造業 8.7%
このように卸売・小売業の従事人口が多いことがうかがえます。
また、先ほどの項目でも説明した通り、第一次産業の就業人口が日本で1番多いのが北海道です。
第一次産業においては、農業が2.9%、水産業0.9%、林業0.1%と、やはり農業のウェイトが大きいようです。
札幌市に多い業種や職種
札幌市内にある企業の内、約96%は従業員50人以下の企業です。
こうしたことから札幌は中小企業に支えられている街とも言えるかもしれません。
その中でも特に多いのは宿泊や飲食サービス業です。
製造業に目を移すと、食料品製造業の従業員数が全体の約51%を占めています。
1990年と比較すると従業員数のシェアは約16%増えており、今後も伸びていくかもしれません。
函館市に多い業種や職種
函館で特に多い業種は食品製造業です。
その割合をみてみると、製造業の中ではなんと約60%の人が従事しています。
食品製造業の内訳をみてみると、水産食料品製造業が最も多く、おおよそ39%にのぼります。
食品製造業の次に多いのは約10%を占める電子部品・デバイス・電子回路製造業です。
この数字から函館ではいかに多くの人が食品製造業へ従事しているのか伺えるでしょう。
旭川市に多い業種や職種
旭川市は第三次産業が多く、製造業のような第二産業は少ない傾向にあります。
第三次産業の中では、医療、福祉や複合サービス事業に強みがあるのが旭川市のサービス業の特徴と言えるでしょう。
製造業では食料品製造業と家具・装備品製造業の従業員数が多く、両者合わせて製造業全体の中で半分近くの割合になります。

北海道/札幌市・函館市・旭川市の平均年収

北海道/札幌市・函館市・旭川市の平均年収
北海道の平均年収は446万8700円、全国で第26位であり、これは全国平均の408万円より高い数字です。
男女別で見ると、男性397 万円、女性304 万円であり、平均年収上位にランクインしている都道府県と比較すると男女差は少ないといえるでしょう。
札幌市の平均年収
札幌の平均年収は425万円でした。
東京と比較すると9割ほどという結果に。
製造業では平均賃金は303万円で、1990年と比較すると約34万円ダウンしています。
製造業の中でも化学工業は平均水準よりも大幅に高く、平均497万円でした。
函館市の平均年収
函館市の製造業では、平均賃金は304万円でした。
最も賃金水準が高かったのは、窯業・土石製品製造業の約510万円です。
産業によって、大きく賃金水準は変わるので転職の際の参考にしてみてください。
旭川市の平均年収
旭川市の世帯年収割合を見てみると、ボリューム層は300万円未満の世帯でした。
実に48%を占めています。
全国平均は34%のため、平均賃金は全国平均でくらべると低めであると予想されます。
次のボリュームゾーンは300~500万円の世帯で、26%を占めていました。

北海道の仕事体験談

転職体験談:北海道で働いてよかったこと

転職体験談:北海道で働いてよかったこと
(30代 男性)

もともとは東京で働いていましたが、北海道に移り住みIT関係の仕事をしています。
農学校に通い、並行して北海道の土地で酪農を行っています。
東京では経験できなかった色々な体験をすることができ、満足しています。
働きやすさだけではなくて、気持ちの持ち方にもポジティブな影響が出ていますね

転職体験談:札幌市で働いてよかったこと

転職体験談:札幌市で働いてよかったこと
(30代 女性)

札幌は夏もそれほど熱くなく、冬も室内であれば十分快適です。
札幌に移り住んで1年が経ちますが、地下鉄など公共交通機関も便利で車がなくても生活できています。
札幌付近で仕事をするなら、車は不要です。
食事やスイーツも充実しているので、仕事帰りにどのお店に行こうか迷ってしまうこともただ、札幌と言っても少し郊外になると、中心地まで行くのに時間や交通費がかかるので通勤は少し大変なこともあるかもしれません。

転職体験談:函館市で働いてよかったこと

転職体験談:函館市で働いてよかったこと
(40代 女性)

函館はとにかく寒いので、外で仕事をする人は少し大変かもしれません。
でも、空気が綺麗で食べ物もおいしい、とてもいい地域ですよ。
路面電車やバスなどでの移動手段も普及していますが、車があれば通勤はより楽になります。
タクシーや車を使う方も多く、車さえあれば通勤も安心です。
通勤ラッシュで渋滞することがあるので、公共交通機関で行ける範囲に職場があるといいかもしれませんね。
治安もいいので、仕事帰りも安心ですし、働きやすく住みやすい土地だと思います。

転職体験談:旭川市で働いてよかったこと

転職体験談:旭川市で働いてよかったこと
(30代 男性)

旭川市は求人が非常に多く、さまざまな仕事があります。
移住する方が仕事を探す際にも困らないと思います。
ただ、公共交通機関が不便なので車がないと生活できません。
車があるなら十分住みやすく働きやすいおすすめの土地です。
車で30分くらいの距離に、富良野や美瑛があり、よく出かけます。
あの綺麗な景色を見るたびに北海道に住んでよかったなと思います。

転職体験談:北海道で大変だったこと

転職体験談:北海道で大変だったこと
(40代 男性)

夏の暑さが予想外で大変でしたね。
なんとなく避暑地をイメージしていたため、夏の暑さを全く考えていなかったのですが、場所によっては実際かなり熱かったです。
クーラーがないところも多く、本州よりも夏を辛く感じることもありました。
それ以外の面では特に大変さは感じませんでしたが、ギャップもありこれだけとても印象に残っています。

よくある質問

北海道の企業の特徴
北海道はやはり第一次産業が盛んで、農業に従事している方の数が非常に多いのが特徴です。
事業所数では、卸売・小売業が最も多く、宿泊業・飲食サービス業、建設業と続きます。
北海道にある有名企業は、家具で有名なニトリホールディングス、チョコレートで有名な六花亭製菓などがあります。
北海道の都心部の特徴
北海道は札幌市を中心に都市機能が集積しており、JR札幌駅、苫小牧港、新千歳空港など他府県からの玄関口となる交通機関もあるため、多くの人でにぎわっています。
大手企業が一部本社機能を札幌に移転するなど、地方都市の中でも北海道は注目の集まる場所と言えそうです。
北海道の郊外の特徴
北海道の海の玄関口である道南エリアは、函館市を含め観光地としても人気です。
道北エリアの旭川、富良野は広大な自然を抱え多くの観光客が足を運ぶ地域です。
北海道は郊外の地域も観光地と呼ばれるポイントが複数あり、道民以外に他府県からも人がやってきます。
しかし、交通の便はあまり発展しておらず、車がないと移動は大変でしょう。

エリア・駅・路線から探す

年代・性別から、あなたに合った求人をご提案!

未選択

未選択にする

職種から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

職種のチェック解除

業種から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

業種のチェック解除

条件から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

以下の条件を解除

給与で探す

給与形態
給与額

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

以下の条件を削除してもよろしいですか。

検索条件1

検索条件を保存するには 会員登録/ログイン が必要です。

保存できる検索条件は6件までです。

保存済み条件から1件削除し、新しい検索条件を保存します。

削除する条件

保存できる検索条件は6件までです。

保存済み条件から1件削除し、新しい検索条件を保存します。

削除する条件