【履歴書の志望動機】企業の面接担当者が知りたいこと

【転職の志望動機】履歴書の書き方や例文・面接対策|企業の採用担当者が知りたいこと

【転職の志望動機】履歴書の書き方や例文・面接対策|企業の採用担当者が知りたいこと

転職の面接でよく聞かれる「志望動機」「志望理由」ですが、履歴書にも書く欄があるほど重要な項目です。企業側がこの質問をしているとき、応募者の「適性」を見極めています。たくさんある企業の中でなぜ当社を選んだのか、求める人物像に合っているか、入社後はどのように活躍してくれそうか、意欲はあるか、などが見られているのです。そのため、どんなに素晴らしいスキルや経験を持っていても、応募先の求める人材に当てはまらないとうまくマッチしないのです。逆にその場合は、自己分析はできていても、応募先の企業研究ができていない可能性があります。自分のスキルと、相手の求めるニーズが重なり合ったところを志望理由として書いて説明できると、面接官から魅力的な人材だと思ってもらえる可能性が高いのです。これまで、自分のやってきたことに自信はあるのに、なぜか志望理由を述べても面接官の反応があまりだったという人や、企業の事ばかり調べていて、自分の話になると苦手意識を持ってしまっている方は、「自己分析」か「企業研究」の両方をバランスよく行う必要があるのです。

【豊富なおすすめ機能であなたのお仕事探しをサポート】
クリエイト転職で正社員の求人を探す

転職用「志望動機:履歴書の書き方」(1)転職理由と一貫性を持たせる

転職用「志望動機:履歴書の書き方」(1)転職理由と一貫性を持たせる
転職理由は転職の面接でよく聞かれる重要な質問です。このとき、ネガティブな理由をそのまま転職理由として述べてしまうと印象が悪くなります。ネガティブな理由は見方を変えてポジティブな理由に変更しましょう。人間関係が嫌で辞めたいのなら、「お互いにもっと意見を尊重し合える企業に貢献したい」などと解釈を変えてみるのです。志望動機を書くときのポイントは、志望動機と転職理由に「一貫性を持たせる」ことです。例えば転職理由が「自ら出向いて一人一人のお客様にサポートがしたい」だった場合、志望動機は「御社の一人一人のお客様の声を一番大切にしている社風に惹かれました」というのは一貫性がありますよね。逆に転職理由が「結婚して安定したい」にも関わらず、志望動機が「御社のチャレンジな社風に憧れています」だと安定なのか挑戦なのか分かりません。

転職用「志望動機:履歴書の書き方」(2)なぜその企業を選んだのかを伝える

転職用「志望動機:履歴書の書き方」(2)なぜその企業を選んだのかを伝える
志望動機では、あなたが「なぜその企業を選んだのか」を明確に伝えると効果的です。志望動機に自信がある方も、もう一度確認をしてみましょう。すると、その企業でなくても実現することが志望動機になっていることがあります。その場合は、面接でその志望動機を述べても面接官には納得してもらえず、「それは当社でなくてもできることではないですか?」と質問されてしまう可能性もあります。企業には何かしらの特徴や力を入れている事業があるはずです。それを見つけ、自分のスキルや経験に上手く絡めていくのです。「キャリアアップがしたいから」ではどんなスキルを使ってどの分野で活躍したいのかが分からないですよね。「自分は企画部にいたので、企画力を活かして御社の○○の商品開発に携わり、会社に貢献したい」のように具体性があれば、面接官はなるほどとうなずくでしょう。

転職用「志望動機:履歴書の書き方」(3)自分がその会社で活かせるスキル・経験を伝える

転職用「志望動機:履歴書の書き方」(3)自分がその会社で活かせるスキル・経験を伝える
面接官に魅力ある人と思ってもらうためには、自分のスキルや経験を応募先の会社でどのように活かして活躍できるかを具体的に話せるとよいでしょう。例えば「高齢者向けの広告の仕事をしていましたが、もっとお客様に近いところで働きたいと思うようになりました。広告業界での宣伝力を活かして、御社の商品の企画・販売に貢献していきたいです。」のような具体的な経験やスキル、出来事が話せると、内容もまとまっていて聞く相手にも分かりやすくなります。ただ自分の頑張ってきたことやスキルについて話しても、結局そのスキルを今後どう活かしていくのかが伝わらなければもったいないです。応募先の企業が力を入れていることや、社風に見合うようなスキルや経験を伝えるところがポイントです。企業側は、こちらの頑張っていることを理解してくれていると信頼を寄せやすくなりますし、スキルがあるようだからぜひ雇いたい、となるのです。

転職用「志望動機:履歴書の書き方」(4)入社後に実現したいことやりたいことを伝える

転職用「志望動機:履歴書の書き方」(4)入社後に実現したいことやりたいことを伝える
志望動機により具体性を持たせるには、入社後、何を実現したいかを的確に面接官に伝える方法があります。また、面接で直接「入社後にやりたいことはなんですか」と聞かれる場合もあります。このような質問で、面接官は応募者が会社について本当に正しく理解しているのかを確認しています。企業研究と自分のキャリアビジョンについて事前に考えをまとめておくと、このような質問にも問題なく答えられます。また、ミスマッチを防ぐためにもやっておいたほうがよいでしょう。入社後のビジョンが明確になっていない人は、仕事内容も理解できていないことが多いので、早期退職になる可能性も高いです。そうならないためにも、ギャップは埋めておきましょう。

よくある質問

面接官の印象がよくない志望動機・志望理由などはありますか?
面接官の印象がよくない志望動機としてはまず、志望動機そのものが漠然としているケースです。知識を学びたい、なんとなく笑顔が活かせると思った、などの理由では受け身的で意欲がないと判断されがちで、成果を出してもらえなさそうと思われてしまうこともあるので注意しましょう。また、給料は大切な項目ですが、ストレートに聞いてしまうとマイナスに聞こえる可能性もあり、仕事内容ではなく給与面で選んでいると思われてしまうことも。さらに、自慢や上から目線に見えてしまう志望動機や話し方も印象がよくないので、謙虚な姿勢で臨みましょう。
履歴書に書く志望動機と面接で答える志望動機は同じではだめですか?
履歴書に書いた志望動機と、実際に面接でも答える志望動機は同じでも問題ありません。むしろ同じように書くことで、一貫性を持たせる意味では好印象です。しかし、履歴書に書いた志望動機をそのまま暗記して面接官の前で伝えるだけでは、内容が薄く、意欲が欠けていると判断されてしまうこともあります。要点だけをまとめて、口頭では詳細について話すようにすると、説得力が増します。

エリア・駅・路線から探す

年代・性別から、あなたに合った求人をご提案!

未選択

未選択にする

職種から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

職種のチェック解除

業種から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

業種のチェック解除

条件から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

以下の条件を解除

給与で探す

給与形態
給与額

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

以下の条件を削除してもよろしいですか。

検索条件1

検索条件を保存するには 会員登録/ログイン が必要です。

応募先企業

ダミー文字列です。

職種

ダミー文字列です。

保存できる検索条件は6件までです。

保存済み条件から1件削除し、新しい検索条件を保存します。

削除する条件

保存できる検索条件は6件までです。

保存済み条件から1件削除し、新しい検索条件を保存します。

削除する条件