女性活躍中の転職・正社員求人

女性のための転職ノウハウ!あると便利な資格や年齢別の成功例を紹介

女性のための転職ノウハウ!あると便利な資格や年齢別の成功例を紹介

<女性の転職理由とは?>
女性の転職理由には主に「キャリアアップを目指す」「家庭環境とのバランス」「人間関係の問題」の3つが挙げられます。
女性の社会進出が一般化して自分の能力を生かしたキャリアアップを求める女性も多くなりました。
これまでの経歴を生かして、専門的分野で活躍したいという向上心が転職理由に反映されていると言えます。
また女性の場合、結婚や妊娠子育てとライフスタイルが劇的に変化することがあります。
その時々にマッチした就業形態などを求める人も多く、家庭と仕事の両立や子育てや介護などバランスを保ちながら仕事ができる環境も選択できる時代となりました。
最後に人間関係の問題に関しては、女性だけに限られたことではありません。
社内での上司との折り合いがわなかったり、同僚になじめなかったりという状況に陥ることもあるようです。
また単にコミュニケーション不足や理解不足といった原因で起こることも多いため、同社内でも部署が変わったり、編成チームが変わったりすることですぐに解消できる問題でもあるといえるかもしれません。

女性活躍中の求人一覧へ

 女性活躍中のオススメ新着求人

女性の転職で人気の職業とは?

女性の転職で人気の職業とは?
女性の転職で人気がある職業とは、「マーケティング」「コンサルタント」「事務職」「美容師」「デザイン系」「IT系」「看護職」「介護職」「営業職」といったものがあります。
マーケティングや広報は、すでにキャリアを積んだ中堅転職として、専門分野の実績を活かしたい女性に人気があります。
さらに各分野のコンサルタント業は、男女共にスキルセットと知識力を持った人材が起用されるため、企業の即戦力として注目を浴びるポジションと言えます。
事務職は、基本的に女性が多く就業する分野であり、経理などの経験があればブランクや就業年数にかかわらず、就業も容易なのが特徴です。
女性の転職では、技術が活かせる美容師やウェディングプランナー、フラワーアレンジメントなどのデザイン系も人気があります。
最近ではデジタル化の波に乗ってコーディング、WebデザイナーなどのIT関連の職業にも注目が集まっています。
また高齢化のあおりにより、医療系では看護職や介護職といった分野も非常に需要が高まり、女性の業界進出が多く見られる職業です。
・女性活躍中の正社員求人を探す
>>女性×事務女性×医療・介護女性×営業

女性の転職で有利になる資格とは?

女性の転職で有利になる資格とは?
女性の転職で取得すると有利になる資格は国家試験、民間どちらも豊富にあります。
最近注目の国家資格「ITパスポート」は、セキュリティやネットワークをはじめとするITスキルを総合的に証明する資格です。
50人以上の事業所へ総務などで転職希望の際に役立つのが、「第二種衛生管理者」。
法務関係の仕事に有利な「行政書士」。
事務関連で無資格でも挑戦できるのが「医療事務」で、事務系では人気ナンバーワンの資格です。
企業の需要が多い資格に「簿記検定2級」があり、金融、経理関連の業務で有利となります。
同じように「秘書検定」「ファイナンシャルプランナー」「行政書士」なども資格習得で転職に実践活用できます。
女性が多く転職に自身の体験を活かせるなどの理由から人気がある「保育士」も近年増えてきました。
職場を選ばずリモートで就業できる利便性から「Webデザイン関連」の資格も人気が出ています。
他には、国家資格ではありませんが、「リラクゼーションセラピスト1級~2級」や「ネイリスト」は、サービスの質向上と宣伝効果が見込める資格として需要があります。

女性の転職で注意したいポイント

女性の転職で注意したいポイント
女性の転職は前述でも紹介した通り、さまざまな理由を背景としています。
では、転職先を選ぶ際にどんなことに注意するのかを念頭に置いておくとよいのでしょうか。

1つ目は「長期的にスキルアップできそうか?」転職先は年数や経験を重ねるごとに報酬に反映される企業が望ましいと言えます。
その会社でキャリアアップを見込めるシステムや理念やバックアップがあるかいう視点で分析してみましょう。

2つ目は「企業はライフイベントに理解がある?」女性には結婚、妊娠また介護など物理的に同じペースで仕事をするのが難しくなる期間もあります。
企業側にライフイベントのサポート体制が整っているかというのも条件の一つとなります。

3つ目は「未経験でも活躍する場を得られる」人材不足が問題となっているIT関連企業やベンチャー企業、また高齢化が進む環境から看護職、介護職など未経験でも転職が容易な分野に挑戦するという志向も成功への道と言えるでしょう。

4つ目は「就業形態も工夫する」転職する際に正社員から契約、もしくはパート契約など就業形態によって上手に家庭環境と両立することも可能になります。
企業側にどのようなオプションと福利厚生の対応があるのかなども調査しておくと良いでしょう。

女性の転職に適した時期とは?

女性の転職に適した時期とは?
女性が転職をする場合、大きく分けて「ライフイベント時期」「子育て後」が適当と言われています。
結婚後、妊娠するまでの間が転職時期として適当と言われるのは、出産までにまだ時間があることで、就業側も企業も計画的に人事などを進めやすいからです。
また妊娠後にいつまで仕事を続けるか、リモートは可能か、復帰はいつ頃など計画的に安心して家庭環境も整えることができるでしょう。
後者の子育て後にあたるのは、子供が幼稚園以上の子育てが落ち着いた時期と言われています。
3歳以下の子供がいる場合急な理由で求職せざるを得ない状況になることもあります。
企業採用側としても長期的に就業してもらうために、子供が小学生以上の女性に求人ターゲットが集まるようです。
年齢的な背景で分析すると、30代女性に転職が多い傾向があります。未経験で転職する際も、生涯を通じてキャリアを構築することもでき、また社会人としてのマナーや信用、常識といった知識も身についているため企業が採用しやすくなるのです。
また1年の中でも2月~3月、8月~9月は、求人が総合的に増える時期です。
求人増加とともに求職者も多くなるため、競争率は高くなります。企業分析や市場調査などをこの時期に開始し、募集が落ち着く4~5月に本格的な転職活動を始めるのも有利かもしれません。

女性活躍中の仕事体験談

アルバイトから正社員へ転職したきっかけ

アルバイトから正社員へ転職したきっかけ
20代女性

大学卒業後にアルバイトで生計を立てていましたが、30を手前に将来に不安を感じ、転職を決意しました。
転職先はアルバイトで働いていた経験を活かすために同業のアパレルにしました。
正社員での就業は初めてですが、慣れ親しんだ環境で、しかも自分より先に入社の先輩よりも経験値が上なので自信をもって働くことができます。
これからはマネージメント職にもキャリアップできるよう自分の知識と経験をさらに伸ばしたいと思っています。

夢も諦めず子育てと両立した転職

夢も諦めず子育てと両立した転職
30代女性

シングルマザーで子育てをしながら工場の仕事を正社員で長く勤めていました。
子供が幼稚園になったころから、自分の将来設計について真剣に考えるようになったのです。
子育てが終わってもできる仕事ってなんだろう?そのころ興味があったのがWebの仕事でした。子育てと仕事の両立で時間がありませんでしたが、自分の夢に向かって転職することにしました。
職場は若い人が大半ですが、毎日好きなことをして生活できる喜びは今までにはない充実感があります。

転職を機に好きなことを仕事に

転職を機に好きなことを仕事に
40代女性

商社に事務員として入社後15年、本当にやりたい職業ではありませんでした。
女性が多く、和やかな雰囲気で15年はすぐに過ぎました。
しかし常に問題だったのが上司のパワハラで、内気な私には苦痛でした。
女性社員が結婚を機に辞めていき、愚痴を言える仲間も減り私も転職を決意しました。
その後結婚願望もなく貯金をはたいて海外へ。
数ヶ月違う環境で過ごしているうちに気持ちが軽くなり新たなことに挑戦したくなりました。
今は図書館で働いていますが、好きな本に囲まれて過ごすことができ、転職してよかったです。

よくある質問

女性の転職は未経験でも大丈夫?
女性の転職で未経験での就業は多く見られます。
全体の職種の7割から8割が実は未経験を歓迎していることをご存じでしょうか?
未経験者を採用する企業は、特に需要が高まっている業界であるという傾向もあるようです。
例えば、ブライダル業界や交通業界、観光やホテルなど、アウトバウンドのお客様を相手にする業界は常に人員不足で悩んでいます。
また医療関係の専門職である看護職や介護職、医療事務などもこれからエキスパートを目指して挑戦するには良いチャンスと言えるでしょう。
未経験から入る場合はパートや契約社員といった雇用で始めることで経験を積むことも容易となります。
未経験の利点となる資格の取得から始めるのも得策と言えるでしょう。
・注目のキーワードで仕事を探す
>>女性活躍中×未経験歓迎
女性の転職で準備することは?
女性が転職する場合、やはり勇気が必要です。
転職したいと思ったら突発的に行動せず、しっかりと準備を行いましょう。まずはキャリアプランの明確化です。
それから企業や業界研究、転職に見合った資格取得、人脈も活用するといった準備が有効的です。
同じ業界での転職も、報酬比較だけでなく企業理念、活躍の場の拡大など詳細を検討してみましょう。
資格取得はオンラインでできるものも多く、退職する前に計画的に進めるのがスムーズです。
また現職場の先輩などの人脈から希望の転職先がないかを尋ねるのもよい方法と言えます。
準備は周到に、チャンスを逃さずスムーズに行動へが転職のキーとなります。
  • 女性の転職で確認しておきたいポイント

    女性の転職で確認しておきたいポイント

    女性の転職では、「自身の市場価値」「在職中にできることは済ませる」「転職希望の何を優先するか」というポイントを再確認してみましょう。

    1つ目は、勤続年数に見合ったスキル確認として、同じ業種で転職するなら自分はどのくらいの価値があるのかという実質調査です。
    これによってキャリアアップを望んでの転職なら、ターゲットや企業を絞りやすくなります。
    企業の知名度だけでなく、どこに配属されて活躍する場があるのかといった業態内の細分化もシミュレーションしてみましょう。

    2つ目のポイントは、在職中に時間を作って求人や企業研究、資格取得の時間に充てることをおすすめします。
    時間と金銭面がタイトになることで、焦って希望の企業ではないところに転職しかねない可能性もあります。

    最後に一番大事にしたいのが、就職希望の優先順位です。
    これまでの会社にどこか満足できない理由があっての転職希望となっているかもしれません。
    給与面、待遇面や勤務体系あるいは、本当にやりたかったことへの挑戦など満足したい項目を優先順に満たせるよう計画を立てていきましょう。
    ある実態調査で女性が転職を考えた比率は全体の70%以上という統計があります。
    転職は特異なことではありませんが、リスクも伴います。自身が納得できる明確なビジョンを持って転職活動に臨みましょう。

  • 女性の転職で退職理由のポジティブな伝え方

    女性の転職で退職理由のポジティブな伝え方

    女性の退職理由には前述で解説したようなものがありますが、人間関係や給与体制、社風などにおける退職理由はネガティブに取られてしまいがちです。
    そこで退職理由をポジティブに伝える方法を考えておきましょう。
    お給料を不満に感じて退職した場合なら、「前職では業務改善における評価のシステムがありませんでした。
    自身の頑張りが評価される企業への転職を希望して退職を検討している」という様な理由が好ましいでしょう。
    よくありがちな人間関係の不和の場合なら、「グループプロジェクトに関与していましたが、コミュニケーションをとる時間も十分でなかったため仕事は暗礁に乗り上げることもありました。
    もっと専門的なスキルを活かして自身の知識を向上することで会社に貢献したいと考えています」と個人プレーが長所であるという説明に変換させてみましょう。
    女性は昇進しにくい社風が不満で退職となった場合、「秘書業務をこなすうちに経理に興味を持ち、簿記2級を取得しました。
    いずれは責任のあるポジションを目指して実績を作りたいです。
    そのため組織構成を遂行している会社に就業したく転職を決意しました」というような流れがポジティブな印象を与えます。
    退職理由を偽る必要はありませんが、伝え方を変えるだけで受け取り方もポジティブになります。
    採用側がまた同じ理由で退職しないかという不安をあおらないために、退職理由の伝え方を工夫してみましょう。

  • 女性の転職で面接の注意点

    女性の転職で面接の注意点

    女性の転職の採用は面接で9割決まると言われています。
    面接で好印象を与えるための注意点をここで見ていきましょう。

    まず一つ目に大事なのは服装です。
    面接の際の服装は、自身のキャリアに見合うスーツ姿が好ましいと言えます。
    ポイントとなるのは、スーツのスタイルです。
    あなたが30代以上のキャリアウーマンなら、新卒のようなリクルートスーツでは実績が感じられません。
    また過度に肌が露出するような短いスカートや胸元の空いたスーツもオケージョンに適切ではないでしょう。
    スーツと同時に気を付けたいのがメイクや髪型です。ロングヘアーや肩よりも長い髪型の場合、すっきり一つにまとめるか清潔感のあるアレンジが好ましいと言えます。
    メイクは、あまり凝り過ぎず、清潔でシンプルな仕上げが印象を良くします。
    持ち物に関しても同様に、華美でない個性的すぎないものが適当と言えます。
    色はベージュや黒、グレー、茶などモノトーンとしてさりげない印象のタイプがよいでしょう。
    足元は、低めの黒、ダークブラウンなどのパンプス合わせがおすすめです。
    肝心なことは、面接に臨む服装が適切であっても面接官とのコミュニケーションがうまくいかなければ採用にはなりません。
    受けごたえは明るい印象で、はっきりと自分の意見は述べられるようシミュレーションしておきましょう。

    <就職に役立つ転職ノウハウ>
    >>未経験でも転職しやすい仕事は?面接での自己PR方法(長所・短所の伝え方)

    >>第二新卒とは?転職体験談とメリット・デメリット

女性活躍中 × 勤務地で絞り込む

北海道  |  青森県  |  岩手県  |  宮城県  |  秋田県  |  山形県  |  福島県  |  茨城県  |  栃木県  |  群馬県  |  埼玉県  |  千葉県  |  東京都  |  神奈川県  |  新潟県  |  富山県  |  石川県  |  福井県  |  山梨県  |  長野県  |  岐阜県  |  静岡県  |  愛知県  |  三重県  |  滋賀県  |  京都府  |  大阪府  |  兵庫県  |  奈良県  |  和歌山県  |  鳥取県  |  島根県  |  岡山県  |  広島県  |  山口県  |  徳島県  |  香川県  |  愛媛県  |  高知県  |  福岡県  |  佐賀県  |  長崎県  |  熊本県  |  大分県  |  宮崎県  |  鹿児島県  |  沖縄県

女性活躍中 × 職種で絞り込む

女性活躍中 × 業種で絞り込む

エリア・駅・路線から探す

年代・性別から、あなたに合った求人をご提案!

未選択

未選択にする

職種から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

職種のチェック解除

業種から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

業種のチェック解除

条件から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

以下の条件を解除

給与で探す

給与形態
給与額

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

以下の条件を削除してもよろしいですか。

検索条件1

検索条件を保存するには 会員登録/ログイン が必要です。

保存できる検索条件は6件までです。

保存済み条件から1件削除し、新しい検索条件を保存します。

削除する条件

保存できる検索条件は6件までです。

保存済み条件から1件削除し、新しい検索条件を保存します。

削除する条件