転職の成功率|成功のポイントを解説

転職の成功率はどれくらい?転職状況と求人について

終身雇用が崩壊しつつある昨今、ライフスタイルの変化やキャリアアップなどの理由により転職を考える人は少なくありません。
しかし、いざ転職をしようと思っても「本当に転職できるのか」「失敗したらどうしよう」と不安を持ってしまうことでしょう。

厚生労働省の令和2年上半期雇用動向調査結果によると、前職よりも賃金が増加した人は35.9%、変わらなかった人は28.3%となっています。
転職の成功にはさまざまな要素がありますが、入職率や賃金増加のデータを見ると、一定数の人が転職を成功させていると言えます。

なお、令和2年度の有効求人倍率は1.10倍でした。
新型コロナウイルスの影響により低下傾向にあるため、転職の成功はタイミングや業界選びが鍵となるでしょう。

【豊富なおすすめ機能で仕事探しをサポート】
クリエイト転職で正社員の求人を探す

成功する転職とは

成功する転職とは
転職は「別の職に就ければ成功」というわけではありません。
成功の定義は人によってさまざまですが、たとえば以下のような転職は成功した事例と言えるでしょう。

・転職して仕事にやりがいを感じられるようになった
・年収が上がった
・給料を維持したまま残業が少ない会社に転職できた
・有給休暇が取りやすくなった
・人間関係のストレスが減った
・憧れの企業の社員になれた

給料やキャリア、ワークライフバランスなど転職の目的は人によって千差万別です。
目先の利益だけに捉われず、自分が納得できる転職先を見つけることが成功の第一歩となるでしょう。

転職に成功するためのコツ

転職に成功するためのコツ
転職に成功するためには、「なぜ転職したいのか」「どんな仕事に就きたいのか」「どんな働き方をしたいのか」など自分の気持ちを具体的に考え、転職先を選ぶ軸を決めることが大切です。
自分が何を求めて転職先を選ぶのかをしっかり考えておきましょう。


「大手企業だから給料が良さそう」「ベンチャー企業だから成果主義だろう」「中小企業だから自由に仕事ができる」などの思い込みは転職後のミスマッチにつながるため、入念な下調べが必要です。
また焦って転職先を決めてしまわないように、退職するのは転職先が決まってからにしましょう。

さらに、転職後は新しい環境で過ごすことになります。
前職とのギャップや人間関係の変化、生活リズムの変化などがあることを想定し、柔軟なスタンスで臨みましょう。

転職が成功する人の特徴

転職が成功する人の特徴
転職に成功する人には、以下の特徴があります。

・転職の目的、キャリアプランが明確である
・ひとつの企業に執着せず柔軟に考えられる
・冷静に転職のタイミングを考えられる
・転職活動の準備に手を抜かない

転職を成功させるためには、「なぜ転職したいのか」「そのためにどんな会社がいいのか」を明確にし、それを実現させるための努力が必要です。
特定の企業だけに固執せず柔軟な考えで臨める人も成功しやすいでしょう。

また、「前職が嫌でとにかく早く転職したい」「とりあえず有名企業で働きたい」といった勢いだけで進むのではなく、タイミングを見計らう冷静さも大切です。
さらに、転職の軸が決まっていて履歴書や面接準備、資格取得などの準備ができる人も転職に成功しやすい人と言えるでしょう。

転職の成功率|成功のポイントを解説の仕事体験談

転職成功体験談①(第二新卒)

転職成功体験談①(第二新卒)
(20代・男性)

人と関わり社会貢献できる仕事がしたくて介護業界に就職しましたが、プライベートの時間が少ないことにストレスを感じるようになり、転職を決意しました。
前職の経験を活かしつつ、安定した勤務時間で働ける仕事がいいと思ったので、医療機器の法人営業を選びました。
第二新卒も積極的に採用しており研修が充実している点も魅力でした。
やりがいだけでなく勤務時間や待遇などを総合的に判断し、幅広く企業を見たことが成功の鍵だったと思います。

転職成功体験談②(未経験業種)

転職成功体験談②(未経験業種)
(30代・女性)

大学卒業後は塾講師として就職しましたが、もっと実力主義の環境で働きたい、裁量権の大きな仕事にチャレンジしたいと思い、IT系のベンチャー企業に転職しました。
30代業界未経験なので不安は大きかったですが、職歴や年齢を重視しないベンチャー企業に狙いを定めて転職活動、無事に内定をいただけました。

転職成功体験談③(同業他社)

転職成功体験談③(同業他社)
(40代・男性)

前職に大きな不満はなかったものの、キャリアアップと年収アップのために転職を決意。
前職と同様の仕事内容で待遇のよい大手企業を中心に転職活動をしました。
大手はやはり人気があり少し苦戦しましたが、企業がどんな人材を求めているかをしっかり理解しアピールました。
希望の応募先に内定をもらい、現在は前職で培ったスキルを活かしながら働いています。

よくある質問

体調を崩し、しばらく離職していました。転職に成功するのは難しいでしょうか?
体調不良により離職していた場合でも、転職は十分可能です。
ただし、退職理由や志望動機の伝え方に注意しましょう。
回復しているのであれば書類選考の段階から伝える必要はありませんが、面接では正直に話すことをおすすめします。
このときのポイントは体調不良の原因と現状を分かりやすく伝えることです。
転職後の業務に支障がないこと、前向きに働く姿を担当者にイメージさせることで、採用につながるでしょう。
前職をクビになりました。転職を成功させるにはどうしたらいいでしょうか?
会社都合で前職を退職した、つまりクビになった場合、経営不振や人員削減による解雇と成績不振や不正を行ったことによる解雇の2ケースがあります。
昨今では経営不振や倒産も珍しいことではないので、前者の場合は転職にそれほど悪影響はないでしょう。
後者の場合は、採用においてはマイナスなイメージを与える可能性が高いため、退職理由や志望動機の伝え方に注意が必要です。
トラブルを回避するためには正直に話すことが望ましいですが、採用担当者を納得させられる返答を準備しておきましょう。

エリア・駅・路線から探す

職種から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

職種のチェック解除

業種から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

業種のチェック解除

条件から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

以下の条件を解除

給与で探す

給与形態
給与額

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

以下の条件を削除してもよろしいですか。

検索条件1

検索条件を保存するには 会員登録/ログイン が必要です。

応募先企業

ダミー文字列です。

職種

ダミー文字列です。

保存できる検索条件は6件までです。

保存済み条件から1件削除し、新しい検索条件を保存します。

削除する条件

保存できる検索条件は6件までです。

保存済み条件から1件削除し、新しい検索条件を保存します。

削除する条件