更新日:2021年9月30日

50歳からの転職

50歳からの転職は厳しい?求人状況や成功する転職を徹底解説

50歳からの転職は厳しい?求人状況や成功する転職を徹底解説

転職は年齢を重ねるごとにハードルが高まる傾向にあります。
35歳ですでに限界と言われることもありますが、労働人口が減少しつつあるなか、転職市場におけるニーズは必ずしも20〜30代の若手だけとは限りません。
とはいえ、年齢が上がるにつれて転職の難易度が高まる事実に変わりはなく、50歳からの転職は徐々に厳しさを増していきます。
人によっては正社員採用とならない、年収が下がるなどリスクを抱えての転職になることもあります。
加えて希望条件に見合う転職先が見つからず転職活動が長期化する恐れもあることから、50歳の転職は難しいとされています。

そういった状況の中転職を成功させるためには、50歳からの転職状況や求められること、転職しやすい業界などポイントを押さえることが重要です。

【50歳からの転職について詳しく調べる】
>>50代の転職徹底解説|未経験の再就職は現実的?成功のコツもご紹介!

>>クリエイト転職で求人を探す

50歳からの転職|未経験職種への転職は厳しい?

50歳からの転職|未経験職種への転職は厳しい?
50歳からの転職は、基本的に経験の豊富さやスキルの専門性が求められます。
そのことを踏まえると、未経験職種への転職は50歳以下の年代に比べると厳しいといえます。
しかし厳しいというだけで絶対に不可能というわけではなく、実際に50歳からでも未経験職種に転職している方も少なくありません。
ただし、「転職活動が長期化する」「非正規での採用になる」「年収が下がる」などのリスクはあらかじめ理解しておく必要があります。
業界によっては「経験・年齢不問」で求人を出している場合もあり、警備業界や介護業界はその傾向が強い業界です。
そのためリスクを抑えて転職したい場合には、人手不足の業界やミドル世代が活躍している業界に絞ることも転職成功のための1つの方法です。

50歳からの転職|資格やスキルはどれくらい必要?

50歳からの転職|資格やスキルはどれくらい必要?
同業職種への転職であれば、豊富な経験とスキルの専門性が求められます。
一般的に50代の場合、管理職といった立場になることが多いため、そもそも求人の条件も高い傾向に。
そのため、必然的に高いスキルや経験が必要になります。

また、経験の有無にかかわらず、コミュニケーション能力や管理能力、問題解決能力などのポータブルスキルの高さも必要とされます。
50代での資格取得は転職活動で有利なるとは限りません。
資格取得による転職よりも、年齢の面で若手に遅れをとらないような業界・職種を狙うのがおすすめです。

50歳からの転職|年収は上がる?下がる?

50歳からの転職|年収は上がる?下がる?
厚生労働省の2019年雇用動向調査における「転職入職者の状況」によると、50〜54歳区分の転職者の賃金変動状況は以下の通りです。

・増加:34.8%
・減少:37.4%
・変わらない:26.4%

50歳から賃金の増加率が減少率を下回ります。
つまり年収が上がる人よりも、減少する人が増えるのが50歳からの転職です。
年収の増減傾向からも、50歳からの転職は年収の面でもリスクがあることがうかがえます。
ただし、順調なキャリアを歩んでいれば50代は年収のピークにも達する年代です。
そのため、同業職種へ転職する場合、これまでの経験やスキルを活かせば50代の平均年収か、それ以上での転職も可能でしょう。
華やかな経歴や専門性の高いスキルに自信のある方は、管理職などを狙って転職を行えば、年収アップも期待できます。

50歳からの転職の仕事体験談

50歳からの転職体験談:転職してよかったこと

50歳からの転職体験談:転職してよかったこと
(52歳 女性)

前職では年齢もあり、介護職を続けるしかないと半ば諦めの気持ちで働いていました。
しかし自分を内観したことで本当にやりたい仕事が見つかり、若手意識をもった転職に臨め、結果的に成功して前向きな気持ちで働けるようになりました。

50歳からの転職体験談:転職してよかったこと

50歳からの転職体験談:転職してよかったこと
(53歳 男性)

退職を言い渡され、取締役から非正規雇用の仕事へ。
どうせなら楽しくできる仕事をしようと非正規かつ収入も以前の半分程度ですが、自分が好きで楽しくできる仕事に出会えました。
転職活動で得た一番の収穫は、自分の仕事や人生に対する接し方や考え方に大きな変化があったことです。

50歳からの転職体験談:転職して大変だったこと

50歳からの転職体験談:転職して大変だったこと
(50歳 男性)

転職後の新しい仕事は、サービス業の経理でした。
転職先は人間関係があまり良くなく、特に若手世代との壁を大きく感じました。
ほかにも中年世代はいましたが、若いスタッフの方々は年寄りの私たちに対してやりにくい面もあるのでしょう。

よくある質問

「50歳男性で正社員として転職は可能ですか?」
50代男性が正社員として転職することは可能です。
ただし、50歳からの転職活動は長期化しやすく、その原因に希望条件の高さや企業の採用条件の厳しさがあります。
50歳からの転職は50歳未満の年齢に比べると難易度も高いことを理解し、場合によっては正社員という条件を譲歩する必要もあるでしょう。
雇用形態だけでなく、年収などの希望条件を緩和することで、転職先の選択肢も広がります。
1歳でも年齢を重ねるとそれ以上にハードルが上がるため、妥協することも時には必要です。
「50歳女性が転職に成功するポイントを教えてください。」
子どもの自立や子育てが落ち着いたことで、再就職や転職を検討している方も多いでしょう。
現在正社員として働いているのであれば、経験やスキルを活かして同業職種へ転職することがポイントです。
その際は新しい環境への適応力も合わせて、即戦力であることをアピールしましょう。
雇用形態にこだわらないのであれば、パートや非正規も視野に入れることで成功率がアップします。
またミドル世代が活躍し、かつ家事スキルや女性特有の物腰の柔らかさが活かせる介護福祉業界や清掃業界などで選択肢を絞ることも成功のポイントです。
  • 【男女別】50歳からの転職状況

    【男女別】50歳からの転職状況

    【50歳男性の転職状況】
    総務省統計局の「2020年労働力調査」によると、45〜54歳男性の2020年の転職者数は19万人です。
    44歳以下の年齢層と比べると最も転職者数が少なく、転職活動に積極的でないことがうかがえます。

    50歳は順調なキャリアを歩んでいれば役職がつき、管理職となる方も多いでしょう。
    その反面、会社からの解雇通知などで転職活動を余儀なくされる方も少なくありません。
    実際に厚生労働省資料「転職入職者の状況」における50〜54歳が前職を辞めた理由では、「給料等の収入が少なかった」に次いで「会社都合」が大きな割合を占めています。
    その傾向は59歳まで顕著であることから、50歳からは会社都合で転職する方も割合も増えている点が特徴です。

    【50歳女性の転職状況】
    総務省統計局の「2020年労働力調査」によると、45〜54歳女性の2020年の転職者数は40万人です。
    全年代の中で最も転職者数が多く、転職活動に活発な年齢層であることがわかります。
    その理由として、子育てが落ち着く方が多いことが考えられます。
    また50歳女性は、一般労働者よりもパートタイム労働者が多い点が特徴です。
    パートタイムは正社員よりも転職しやすいことから、転職者数も多いといえます。

    正社員で働きたい50代女性からすると、転職者数の多さと転職のしやすいさにギャップを感じることもあるでしょう。
    結婚や子育てなどのライフイベントも落ち着く50代女性ですが、年齢がハンデとなってしまうのが現実。
    そのため、雇用形態や年収などの希望条件を緩和させる必要があるかもしれない点については、あらかじめ理解しておきましょう。

  • 50歳からの転職回数|印象は悪くなるのはどこから?

    50歳からの転職回数|印象は悪くなるのはどこから?

    50代ともなると転職経験のある方の方が多く、回数が多い方の割合も大きくなります。
    一般的に3回以上となると気にする採用担当者が増えてきますが、50代であればそれ以上となる方も少なくありません。

    そのため転職回数が多いからと印象が悪くなるとは限らず、その回数に見合ったスキルや経験があればプラスになることもあります。
    また回数よりも1社への在籍期間を重視する場合もあり、各社の在籍期間が1〜2年と短いスパンが続いていると悪い印象を持たれてしまうことも。
    転職回数の印象は企業によって異なりますが、1回1回の転職における正当性や能力、スキルなどを総合的にみて判断される点は押さえておきましょう。

  • 【男女別】50歳未経験から転職しやすい仕事

    【男女別】50歳未経験から転職しやすい仕事

    【50歳未経験の男性が転職しやすい仕事】
    ・製造
    >>製造の求人情報

    ・土木系
    >>建設・土木現場スタッフ求人情報

    ・ドライバー(タクシー、運送業)
    >>ドライバーの求人情報

    ・警備
    >>警備の求人情報





    未経験でも転職しやすい仕事は、言い換えればスキルが必要とされない仕事です。
    マニュアルに沿ってする仕事、体力勝負の仕事であるなど特徴はさまざまです。
    なかでも、体力を必要とされる仕事が多くみられます。
    実際にドライバーや警備は50代が活躍しており、経験不問で求人を出していることも多い業界です。

    【50歳未経験の女性が転職しやすい仕事】

    ・介護
    >>介護の求人情報

    ・清掃
    >>清掃の求人情報

    ・飲食などのサービス業
    >>飲食の求人情報



    50代女性は家事スキルやコミュニケーション能力の高さを活かして、介護や飲食等のサービス業、清掃などが転職しやすい業界です。
    特に介護業界は人手不足が深刻であり、身体介護を必要としない施設やポジションであれば未経験からでも応募可能です。
    清掃も日頃から行うことの多い家事で培ったスキルを活かせます。

  • 仕事探しのお役立ち情報

  • この記事の監修・著者プロフィール(株式会社クリエイト Webマーケティング担当)

    この記事の監修・著者プロフィール(株式会社クリエイト Webマーケティング担当)

    ※記事関する問い合わせは受付しておりませんので、ご了承下さい。

    配信中の記事では、職種ごとの詳細な仕事内容、エリア情報、就職に役立つ資格の解説、ビジネス用語・経済ニュースの解説など、社会人として押さておきたい基本的な知識や最新情報をお届けしています。

    クリエイト転職は地域密着をコンセプトに、仕事探しに役立つ最新の求人情報をお届けしています。
    【クリエイト転職で仕事探し】
    >>クリエイト転職で正社員の求人を探す

エリア・駅・路線から探す

年代・性別から、あなたに合った求人をご提案!

未選択

未選択にする

職種から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

職種のチェック解除

業種から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

業種のチェック解除

条件から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

以下の条件を解除

給与で探す

給与形態
給与額

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

以下の条件を削除してもよろしいですか。

検索条件1

検索条件を保存するには 会員登録/ログイン が必要です。

保存できる検索条件は6件までです。

保存済み条件から1件削除し、新しい検索条件を保存します。

削除する条件

保存できる検索条件は6件までです。

保存済み条件から1件削除し、新しい検索条件を保存します。

削除する条件