栄養士の転職・正社員求人

栄養士・管理栄養士の仕事内容|資格について

栄養士・管理栄養士の仕事内容|資格について

栄養士・管理栄養士の仕事は、個人や集団に食事や栄養についてアドバイスしたり、提供する食事の管理、栄養素の計算に基づいて献立の作成をしたりする仕事です。 栄養士・管理栄養士は、人の「食」に携わるため、働く場所は数多くあります。栄養士でしたら、学校給食、社員食堂などがあります。特に子どもを対象とした食事を提供する場所では、成長の過程で必要な栄養が取れるよう考えたり、アレルギーなどにより食べられないものがあることもあることも考えたりしなければなりません。細やかなケアが必要となるでしょう。

管理栄養士は、病院やスポーツの現場でも活躍の場があります。ジムで個別の食事指導を行なえるのも栄養士・管理栄養士です。 栄養士と管理栄養士の違いは、栄養士法という法律によって定めされています。栄養士は主に健康的な人に対して栄養指導を行ないます。都道府県知事の免許を受けた国家資格で、学校給食や、社員食堂などで働くことができます。管理栄養士は、より専門的な食に関する指導を行なえます。病気の人や高齢で食事がとりづらくなっている人の栄養指導や給食管理を行ないます。健康な人に対しては、ひとりひとりの体質や目的に合わせて指導をします。

栄養士、管理栄養士ともに、職場によっては調理師と一緒に調理をすることがあります。 また、2002年に制定された健康増進法により、継続的に1回100食以上または1日250食以上提供する給食施設には、栄養士を置くように努めなければならないと定めています。政府の政策だけでなく、寿命が延びたことにより人々の健康に対する関心も高まっています。栄養士、管理栄養士はこれからますます求められる職業でしょう。

栄養士の求人一覧へ 34

 栄養士のオススメ新着求人

栄養士・管理栄養士として働くことのやりがいとは

栄養士・管理栄養士として働くことのやりがいとは
健康は長い目でみなければ実感が得られないかもしれませんが、毎日の積み重ねによる変化は確実にやってきます。そのような積み重ねの一端を担えるのが、栄養士・管理栄養士の仕事です。たとえば、病院に入院している人の食事を作っているときに、食事によって予定より早く退院できることもあります。入院している本人は気づかないかもしれませんが、管理栄養士として適切な指導ができたということなのです。

また、食事ですから、おいしいものであったほうがよいでしょう。1日3回×人生の日数と考えると、食事をする回数というのは思ったよりも少ないものです。そして食事は、日々の活力なります。栄養士・管理栄養士が食事の指導をする人たちは健康な人もいますが、食事に制限のある人もいます。その人たちの人生を豊かにするための食事を預かるというのは、大きなやりがいとなります。

栄養士・管理栄養士が関わるのは、人が生きていくうえで絶対に必要な「食」という部分です。栄養価や効果も大切ですが、食べることの楽しみも伝えなくてはなりません。それが伝わったときは空っぽになったお皿と一緒に、食べた人たちから、「おいしかった」「明日も楽しみにしてるね」という言葉や、うれしそうな笑顔が向けられるでしょう。

栄養士・管理栄養士の仕事を通して学べること

栄養士・管理栄養士の仕事を通して学べること
栄養士・管理栄養士は食に関するプロフェッショナルですから、食に関する正しい知識が身に付きます。人々が健康に関心をもっていることを反映して、「これを食べれば健康になれます」というテレビ番組や、「このサプリがあれば病気知らず」という売り文句があふれています。つい信じてしまいそうになる言葉に惑わされることなく、それが科学的に正しいのかという知識を得られるでしょう。 正しい知識があることによって、仕事を離れても、自分や家族の食事について考えられるようになります。

ジャンクフードを食べたとしたら、翌日はどんな栄養を補ったら体によいのかなど、柔軟な考え方も身に付くでしょう。施設などに入ってすべての食事を管理されているのではない限り、毎日の食事を完璧に健康を考えたものにすることなどできません。栄養士・管理栄養士として指導をする立場の人であっても、それは同じでしょう。そのときに、知識とはまたちがった、自分の食事の経験を思い出せば、対策を考えられるのです。普通の生活を送る人が無理なく、健康的な食生活を送るにはどうしたらよいか、という視点が持てます。

栄養士・管理栄養士の仕事から描けるキャリアアップ

栄養士・管理栄養士の仕事から描けるキャリアアップ
食に関する知識を生かして、食品メーカーの研究職に就くこともできるでしょう。栄養機能食品、特定保健用食品など、食と健康に関する科学的根拠を必要とする食品があります。地道な調査や実験により新しいことを発見していけます。 また、食を通して行政に関わっていくこともできます。都道府県庁、市町村、保健所、保健センターなどに勤務し、地域住民の健康づくりのための施策を考えたり、栄養相談にあたったりします。

乳幼児から高齢者まで、幅広い年齢の人に対して、健康について考えるきっかけを与えられる仕事です。 栄養士・管理栄養士は年をとても続けられる仕事です。年齢ごとや事例ごとに必要な栄養価を数字として知っていても、実際にその年齢になってみないとわからない、食事に関する問題点もあるはずです。たとえば、年齢を重ねてみると、実はこの調理法のものは飲み込みにくい、この食材は翌日もたれてしまうようになるなどです。日常的な食に関する経験が生かせる職業でもあるので、同じ職場で長く就業するというのも、立派なキャリアアップの形です。

栄養士の仕事体験談

栄養士・管理栄養士の仕事体験談:働いてよかったこと

栄養士・管理栄養士の仕事体験談:働いてよかったこと
(40代・女性)

「給食センターの栄養士として働いています。学校とは離れた場所にあるので、自分の考えた献立を食べている子どもの顔は見たことがありませんでした。おいしいと思ってくれているのが不安に思っていましたが、あるとき、学校の先生を通してお手紙をもらったんです。「いつもおいしい給食をありがとう」と書いてありました。この手紙は大切に飾ってあります」

栄養士・管理栄養士の仕事体験談:働いてよかったこと

栄養士・管理栄養士の仕事体験談:働いてよかったこと
(50代・女性)

「社員食堂で栄養士として働いています。毎年4月、新入社員の人は緊張しながら食堂に来るので、よくわかります。あるとき、「このメニュー好きなんですよ!」と先輩社員と話しているのを見かけました。私の考えた食事をきっかけに話が広がって、会社に慣れていっていれるのはうれしいです」

栄養士・管理栄養士の仕事体験談:たいへんだったこと

栄養士・管理栄養士の仕事体験談:たいへんだったこと
(20代・男性)

「ジムで管理栄養士として、食事指導を行なっていますが、そんなに厳しく食事制限はできないよ、と言われてしまうことがあります。どうしたら実践してもらえるだろうと考えて、自分も同じメニューで生活をして、実際に体の変化をみてもらったら思いました。納得してやってもらえたらいいなと思っています」

よくある質問

「栄養士の資格がありますが、管理栄養士の資格もあったほうがよいですか?」
栄養士と管理栄養士では、働ける場所が違います。栄養士は主に健康な人を対象に、管理栄養士は主に病気の人を対象にした食事を考えます。管理栄養士は、より専門的な食事指導に関わるのです。自分がどんな形で人々の食に関わっていきたいのかによって、資格取得を目指すとよいでしょう。
>>フード飲食店の正社員求人を探す
  • 栄養士・管理栄養士の仕事に未経験から挑戦するときの注意点

    栄養士・管理栄養士の仕事に未経験から挑戦するときの注意点

    栄養士・管理栄養士は、一人だけでできる仕事ではありません。献立を決めたら、必要な食材を発注します。その食材と献立をもとに、料理を調理師に作ってもらいます。そもそも献立を作るときも、たとえば医療施設でしたら、医師や看護師からの要望があるでしょう。人ときちんと話し、必要なことを理解できるようにしなければなりません。

    また、就業する施設ごとに求められる食事の傾向や特徴を知っておいたほうがよいでしょう。特別養護老人ホームならば、入居者は老人で、あまりたくさんの量は食べられないけれども、栄養はきちんととらなければなりません。小学校の給食を担当するなら、成長期に必要な栄養素を、子どもが食べきりやすい調理法で提供しなければなりません。アレルギー対応のメニューを考えるにしても、友だちと一緒に給食を食べていると思えるように配慮したりもします。同じ「献立を作る」という作業でも、まったく違う内容を求められるのです。

  • 栄養士・管理栄養士の仕事に正社員で就く・転職する際に注意したいこと

    栄養士・管理栄養士の仕事に正社員で就く・転職する際に注意したいこと

    栄養士・管理栄養士の仕事内容は、食事を提供する人数や、提供する相手によって、少しずつ変わってきます。たとえば、ジムの利用者に個別の食事指導をするならば、一般の人でも食生活のなかに取り入れやすい方法で説明をするようにしなければなりません。一方、病院に入院している人に料理を作るなら、治療の妨げとならないように、それでいて入院中であってもほっとできるような食事を提供できるようにしなければなりません。

    また、勤務時間も違います。社員食堂や学校給食ならば昼食を作るのが仕事ですから、昼を中心とした8時間ほどの勤務になります。一方、病院や特別養護老人施設ならば、朝昼晩の3食を提供しますから、朝番や遅番といったかたちでシフトを組んで働くことになります。自分がどんな形で勤務するのが適しているか、求人をよく確認するようにしましょう。 栄養士・管理栄養士としての知識を、どんな形で生かしていきたいのかを考えたうえで、求人に応募するとよいでしょう。

  • 栄養士・管理栄養士の求人・転職はこんな人に向いている

    栄養士・管理栄養士の求人・転職はこんな人に向いている

    食に関心のある人が向いているといえます。食べることが好きで、おいしいものが好きな人の考える食事は、おいしくなるはずです。おいしい食事は、提供された人を幸せにします。たとえば、入院している人向けの病院食を作る場合、それがおいしいものであったらうれしいはずです。

    たいへんな治療に立ち向かうときや、経過をみるために長く入院が続いている人にとって、食事の時間は楽しみの一つになるのです。なにかと心細くなりがちな人たちを勇気づけられるでしょう。この食事を口にする人はどんな人なのか、相手の立場に立って考えられるとよいでしょう。 また、新しい情報に敏感な人にも向いているでしょう。評判のお店から新しいメニューや調理方法のヒントをもらえたり、はやりのものを取り入れることで、食事指導をする人に受け入れてもらいやすくなったりもします。

栄養士 × 勤務地で絞り込む

栄養士 × 条件で絞り込む

栄養士 × 業種で絞り込む

エリア・駅・路線から探す

年代・性別から、あなたに合った求人をご提案!

未選択

未選択にする

職種から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

職種のチェック解除

業種から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

業種のチェック解除

条件から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

以下の条件を解除

給与で探す

給与形態
給与額

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

以下の条件を削除してもよろしいですか。

検索条件1

検索条件を保存するには 会員登録/ログイン が必要です。

保存できる検索条件は6件までです。

保存済み条件から1件削除し、新しい検索条件を保存します。

削除する条件

保存できる検索条件は6件までです。

保存済み条件から1件削除し、新しい検索条件を保存します。

削除する条件