調理師・調理補助の転職・正社員求人

調理師・調理補助の仕事内容|未経験から挑戦する際の注意点

調理師・調理補助の仕事内容|未経験から挑戦する際の注意点

調理師・調理補助・キッチンスタッフの仕事は、飲食店において料理に関わる部分を担います。 調理師はお客様に提供する食事を作ります。正社員での採用となると、季節ごとの新メニューの開発や、現在あるメニューの改良も仕事となってきます。また、厨房の衛生管理をしたり、食材を仕入れたりするのも重要な仕事です。調理師が仕事をしやすいように、食材の下ごしらえをしたり、調理器具や食器を用意したりといったアシスタントをするのが、調理補助の仕事です。

キッチンスタッフは調理手順などのマニュアルがあったうえで、お客様に提供する食事を調理します。 職場は主に飲食店です。働く時間帯は職場によって違います。飲食店でしたら、店が開店するときには食事を提供できる準備が整っていないといけませんから、就業開始時間は開店時間より前になりますし、業務終了時刻はお客様が帰って片付けが済んでからになるでしょう。営業時間が長い店でしたら、シフト制を導入しているところもあります。自分の働き方に合った職場を選ぶようにしましょう。

また、調理師でしたら飲食店以外にも、惣菜店、ケータリングサービス、病院や福祉施設の調理場、ホテルなどでの求人があるでしょう。 キッチンスタッフは調理をするのと同時に、調理器具や皿洗いなどをすることもあります。何人かで調理を担当する職場ならば、アルバイトの人などに指示を出すこともあります。複数の注文が一度にあったときなどは、正社員のキッチンスタッフの指示が必要となります。

調理師・調理補助の求人一覧へ 69

 調理師・調理補助のオススメ新着求人

調理師・調理補助・キッチンスタッフの仕事のやりがいとは

調理師・調理補助・キッチンスタッフの仕事のやりがいとは
調理師・調理補助・キッチンスタッフの仕事のやりがいは、なんといっても、お客様から向けられる「おいしかった」という言葉でしょう。お店をお客様が気に入るかどうかは、サービスや接客はもちろんですが、一番は食事がおいしいかどうかです。お店の価値を決める部分を担っているのが調理師・調理補助・キッチンスタッフです。大きなやりがいであるとともに、大きな責任も伴います。お客様に気に入っていただけて客足が伸び、売り上げが上がれば、経営者からの評価も得られます。つまり、なにより、おいしい食事を作ることが必要なのです。

また、時間帯によっては、調理師・調理補助・キッチンスタッフは忙しく動き回らなければなりません。複数の注文を同時にこなし、できるだけお客様を待たせずにすむような工夫をしなければなりません。仕事に就いたばかりのころは、こんな量はこなせない、と思うこともあるかもしません。しかしそれを、一緒に働くスタッフと協力しながら乗り越えていくのです。忙しい時間を乗り切るごとに、達成感を得られるでしょう。

調理師・調理補助・キッチンスタッフの仕事で学べること、身に付くスキル

調理師・調理補助・キッチンスタッフの仕事で学べること、身に付くスキル
調理師・調理補助・キッチンスタッフの仕事で身に付くのは、料理のスキルです。料理の世界は奥が深いものです。老舗料亭の料理人などは、何十年と料理を続けていても、さらに技術を磨き、進化を続けようとします。調理師・調理補助・キッチンスタッフの仕事を通して、その世界の入り口に立てるのです。 料理が好きだという人が多く就く職業でもあるでしょう。ですが、自分や家族だけが食べるものと、人に出す食事には違いがあります。

家庭で作るものならばちょっと失敗しても、今日はおいしくなかったな、で済まされますが、お客様に出す場合はそれではいけません。また、衛生状態にも十分に気をつけなければなりません。たとえば、万が一、食中毒などを起こしてしまったら、不注意だったでは済まない問題になってしまいます。調理師・調理補助・キッチンスタッフの仕事では、衛生管理に対する危機意識も身に付くでしょう。

また、調理師・調理補助・キッチンスタッフの仕事では、同時にいくつものことをこなすことが求められます。複数の注文が入ったときに、提供する順番を守り、効率よく、できるだけお客様を待たせないように提供をしなければなりません。あるいは、コースメニューを作るようなときには、前の料理をお客様が食べ終わったタイミングで次の料理を提供します。様子をうかがいながら、調理時間を逆算するのです。日々、このように仕事をしていけば、細やかな気配りができるようになったり、臨機応変に動き回ることができたりするようになります。

調理師・調理補助・キッチンスタッフの仕事から描けるキャリアアップ

調理師・調理補助・キッチンスタッフの仕事から描けるキャリアアップ
免許がなくても料理を作る仕事には就けますが、調理師は国家資格です。調理師免許を取得するには調理師学校に通う方法と、2年以上の実務経験を積んだうえで試験を受ける方法の、2種類があります。調理の仕事をしていてキャリアアップを目指すならば、まずは資格を取ることができます。また、飲食店を開業するには、食品衛生責任者の資格が必要になりますが、調理師の資格を取得していれば無試験で資格を得ることができます。将来、自分の店を持ちたいと考えるならば、調理師は持っておくと便利な資格です。

さらに、専門的な料理の資格もあります。船舶内で船員の食事の調理や管理を行なえる船舶料理士、ふぐを扱えるようになるふぐ調理師などです。 キッチンスタッフの場合、調理の仕事をしながら他のスタッフに指示を与えたり、食材のロスの管理、原価計算などを任されたりしていきます。これは将来、店長やエリアマネージャーなどにキャリアアップしていくための第一歩になります。

調理師・調理補助の仕事体験談

調理師・調理補助・キッチンスタッフの仕事体験談:働いてよかったこと

調理師・調理補助・キッチンスタッフの仕事体験談:働いてよかったこと
(20代・女性)

「未経験で調理師の仕事に転職しました。人生は一度きりなので、どうせなら好きな食に携わる仕事がしたいと思ったからです。先輩方は厳しく仕事を教えてくれて、なぜその作業が必要なのかまで丁寧に説明してくれます。役に立てるように、もっともっと技術を身につけていきたいです」

調理師・調理補助・キッチンスタッフの仕事体験談:働いてよかったこと

調理師・調理補助・キッチンスタッフの仕事体験談:働いてよかったこと
(40代・女性)

「昔から料理を作るのが好きで、子どもに持たせるお弁当なども凝ったものを作っていました。もしかしたら仕事にできるかもと思い、調理補助の求人に申し込みました。自分が料理しているときにこうしてもらったらうれしいな、ということを考えながら働いています。調理師の方から、とても助かっているよ、と声をかけてもらえるようになって、やりがいを感じています」

調理師・調理補助・キッチンスタッフの仕事体験談:たいへんだったこと

調理師・調理補助・キッチンスタッフの仕事体験談:たいへんだったこと
(30代・男性)

「学生時代に飲食店でアルバイトをしたことがありました。そのときの経験が生かせるかも思い、転職を決めました。作業の手順が自分のやってきたことと違って、そのことで先輩たちには怒られることがあります。店が変わればやり方も変わるものなんだと思い、今は、まっさらな気持ちで仕事を覚えるようにしています」

よくある質問

「休みはもらえるのでしょうか」
飲食店では多くの人が休日になる日が繁忙期です。家族が土日祝日休みの仕事をしているなら、休みの日を合わせるのは難しくなるかもしれません。とはいっても、休みがないわけではありません。勤務時間がきっちり決まっていることを求めるならば、病院や福祉施設の調理場などでの求人を探すとよいかもしれません。
>>フード飲食店の正社員求人を探す
  • 調理師・調理補助・キッチンスタッフの仕事に未経験から挑戦するときの注意点

    調理師・調理補助・キッチンスタッフの仕事に未経験から挑戦するときの注意点

    オフィスワークなど、あまり動かない仕事から転職してくる場合には、調理師・調理補助・キッチンスタッフの仕事は、最初は体力的に大変に思うかもしれません。けれど、体力的なことは慣れてくるので問題ありません。調理師・調理補助・キッチンスタッフの仕事には年齢制限のない求人が多くあります。未経験でも、食に携わっていきたいという意志があれば、働ける場はあります。求人をよく探してみましょう。

    一方で、アルバイトであっても飲食店で働いたことがあれば、採用の際に有利になります。忙しい時間帯での動き方や、どんな手順で仕事が進むかを少しでも知っているからです。もしそのような経験があるなら、応募時にはアピールポイントとして活用するとよいでしょう。その経験がなくても、自分で食事を作って生活してきているはずです。

    たとえば家庭のある人だったら、年一回親族が集まるときに、大人数の料理を用意したことがある、という経験でも、アピールポイントとして話すことはできます。自分の経験のなかでなにが生かせるか、考えてみましょう。 また、調理師・調理補助・キッチンスタッフの仕事は、お客様の食品を扱う仕事です。ですから、衛生管理には十分気をつける必要があります。髪や爪、衣服、靴などにも注意を払うようにしましょう。

  • 調理師・調理補助・キッチンスタッフの仕事を選ぶときに注意したいこと

    調理師・調理補助・キッチンスタッフの仕事を選ぶときに注意したいこと

    調理師・調理補助・キッチンスタッフには、体力のある人が向いています。基本的に勤務時間中は立ったまま仕事をすることになりますし、業務用の調理器具は家庭用と使い勝手も違います。体力は慣れてくるから問題ないとはいえ、最初から体力的に不安なく働けるというのは、早く仕事を覚えられるという利点もあります。

    また、忍耐力のある人も向いています。調理師として就職しても、最初は皿洗いを任され、食材に触らせてもらえるまで時間がかかることがあるかもしれません。食材はお客様に提供する品物ですから、入社してすぐの人に任せるのに抵抗があるという職場もあります。そんなときは、「料理をすることが好き」「自分が作った料理をお客様においしいと言ってもらいたい」という気持ちを思い出すようにしてください。忍耐強く働く、その気持ちを忘れなければ、調理師として働いていけるでしょう。

  • 調理師・調理補助・キッチンスタッフの仕事のトリビア

    調理師・調理補助・キッチンスタッフの仕事のトリビア

    調理師試験は毎年1回、各都道府県で定めた日に行なわれています。合格率は60?65%を推移していて、年々難しくなってきています。試験科目は食文化概論、衛生法規、公衆衛生学、栄養学、食品学、食品衛生学、調理理論です。キャリアアップや将来自分で店を持つためなどのために資格をとろうと考えている人は、試験日程を考えて計画を立てるとよいでしょう。

調理師・調理補助 × 勤務地で絞り込む

茨城県  |  埼玉県  |  千葉県  |  東京都  |  神奈川県  |  岡山県  |  福岡県

調理師・調理補助 × 条件で絞り込む

調理師・調理補助 × 業種で絞り込む

エリア・駅・路線から探す

年代・性別から、あなたに合った求人をご提案!

未選択

未選択にする

職種から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

職種のチェック解除

業種から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

業種のチェック解除

条件から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

以下の条件を解除

給与で探す

給与形態
給与額

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

以下の条件を削除してもよろしいですか。

検索条件1

検索条件を保存するには 会員登録/ログイン が必要です。

保存できる検索条件は6件までです。

保存済み条件から1件削除し、新しい検索条件を保存します。

削除する条件

保存できる検索条件は6件までです。

保存済み条件から1件削除し、新しい検索条件を保存します。

削除する条件