更新日:2021年5月26日

英語を活かせる仕事の転職・正社員求人

英語力を活かせる仕事|転職状況や未経験OKの求人・就職について

英語力を活かせる仕事|転職状況や未経験OKの求人・就職について

ある程度の英語力がある場合、転職の候補先が増えるため転職に有利だといえます。大手企業だけでなく中小企業も世界に事業を展開する傾向にあり、採用担当者は英語力の有無を見る傾向が増えているためです。

また、企業が求める英語力に達している場合、採用に通過しやすいだけでなく年収などの働く条件も良くなり、キャリアアップにつながることが多くあります。

【豊富なおすすめ機能で仕事探し】
>>クリエイト転職で正社員の求人を探す

英語を活かせる仕事の求人一覧へ

 英語を活かせる仕事のオススメ新着求人

英語力を活かせる就職・転職先とは

英語力を活かせる就職・転職先とは
英語を活かせる職種や業界・勤務形態は多岐にわたります。
英語力を使い、活躍できる就職・転職先の代表例は以下の3つです。

・外資系企業で働く
・翻訳業に従事
・看護師になる

詳しく見ていきましょう。

外資系企業で働く
外資系企業は、英語を活かせる職場の代表的存在です。
しかし、外資企業といっても以下の通り様々なタイプがあることを覚えておかないといけません。
・海外企業100%子会社
・海外企業の共同出資による外資系企業
・日系企業が買収されて外資系企業に変化したパターン
など
外資系企業のタイプのほかに、業界や部署・仕事内容・会社で働く人たちによって求められる英語力は会社ごとに変化します。
英語による会議参加などができるようなビジネス英語力を求められる場合もあれば、日常会話程度の英語力で問題ない場合もあるでしょう。
英語力が低い場合でも数字を使ったり、会話や会議の中でも論理的思考力があったりと、短時間でいい仕事をした人が評価されやすいのが外資系企業の特徴です。
これまで外資系企業に勤めたくても英語力で悩んでいたとしてもチャンスがあるといえます。
まずは、やりたい分野や経験ある分野が外資系企業にあるかどうか調べてみるのがおすすめです。

翻訳業に従事
翻訳業の場合は、ネイティブレベルの英語力だけでなく、高度な日本語が求められる特殊な仕事だといえます。
なぜ高度な日本語力も必要かというと、英語を誤訳することなく、日本語でニュアンスを伝えられるような文章表現力も求められるためです。
さらに翻訳に携わる分野や業界ごとに必須とされる専門用語と知識が、日本語と英語の双方に求められます。
英語の勉強はもちろんのこと、日本語の勉強や分野、業界の専門知識を深め、得意分野の幅を広げる必要があるといえるでしょう。

看護師になる
意外かもしれませんが、近年日本でも在留外国人や病院での外国人受け入れなどがあることから、看護師にも英語力が求められる傾向にあります。
地域に住む外国人が来院した際のケアはもちろんですが、以下のようなチャンスもあるかもしれません。
・インターナショナルスクールなど教育現場における保健師
・空港や観光地の病院
・客船など船舶常駐の看護師

また、治験関連であれば海外製品を使うこともあるでしょう。その場合、英語ができる人の方が重宝されるでしょう。
もし、看護師免許を持っているのであれば、就職・転職場所の選択肢が増えるため、英語を学ぶのはおすすめです。
通常の英語力だけでなく、医療関係の英語力があるとさらに有利なため、英語習得の努力をして損はありません。

転職で英語力をアピールできる資格

転職で英語力をアピールできる資格
TOEIC
TOEICは、ビジネスにおける英語力のレベルを測る資格として、特に国内では有利に働く資格です。
TOEICは、主にリスニングとリーディングで構成されており、後述の英検とは異なり合否判定ではなく、取得した点数が高ければ高いほど英語力があると認定されます。
そのため、TOEICの点数が高ければ高いほど、書類選考で有利になっていくといえるでしょう。
ひとつ注意しなければならないのが、TOEICの点数と実際の英語による実務力が比例しないということです。
TOEICで満点を取るったからといって、実際のビジネスの現場で円滑なコミュニケーションが取れるかは別問題です。

英検
英検は英語に関する4技能である以下4つを総合的に見る試験です。
・読む
・聞く
・話す
・書く
英検では3級以上から英語面接を設けており、企業の採用担当者によっては英検の資格を特に評価する場合もあります。

英検を取得するなら2級以上の取得がおすすめです。ただし、英検はTOEICやTOEFLと異なり年間で受験可能な日程が少ないことから、受験の機会が限られるため注意しましょう。

TOEFL
将来的に英語圏での転職を目指すのであれば、英語圏で知名度も高いTOEFLを受験するのもおすすめです。
TOEFLは日常英語から専門性の高い英語まで幅広く問題が出題され、TOEICと同様、合否判定ではなく、数値で英語力を測定します。

英検と同様、高得点を狙うにはスピーキング対策も必要なため、準備にはそうとうな期間が必要です。
国内よりは英語圏での知名度が高いものの、国内でも即戦力を求める場合はTOEFLのスコアを重視することがあります。

英語を活かせる仕事の仕事体験談

英語力を活かして転職した体験談①(英語を活かした実務経験あり)

英語力を活かして転職した体験談①(英語を活かした実務経験あり)
(30代 女性)

オーストラリアで看護師をしていましたが、帰国に伴い日本で英語の実務経験を活かした転職をしました。
英語対応ができる方を求めていることもあり、比較的スムーズに転職できました。看護師という経験に加えて英語の実務経験がかなりプラスに働いたんじゃないかと思っています。

転職後も語学力を認められ海外の病院への研修に参加させていただくなど、貴重な経験をさせてもらっています。

英語力を活かして転職した体験談②(英語を活かした実務経験なし)

英語力を活かして転職した体験談②(英語を活かした実務経験なし)
(20代 男性)

転職を意識して英語の勉強を始めたのは社会人として2年目からです。
なんとなく英語を活かせる仕事ができたらいいなと思っていましたが、それまでは実際に行動に移すことはありませんでした。
実際に英語を勉強し始めた理由は、転職に有利になると聞いたからです。

仕事終わりにTOEICの勉強をし、少しずつスコアを伸ばしていくのは大変でした。しかし目に見えて成果が出るようになってからは、どんどん楽しくなっていきましたね。

最終的に自分の今までの経験に加えて、英語力もアピールすることができ納得のいく転職ができました。

よくある質問

英語の資格はどれくらいのレベルだと転職時にアピールポイントになりますか?
転職を希望する業界や会社の規模、必要とする人材によって求められる英語力は様々です。
そのため実際にどの程度のレベルだとアピールになるかの線引きは難しいと言えます。

まずは転職エージェントに転職を希望する業界や分野・職種などを相談の上、自分の英語力が後どのくらい必要かを一緒に確認することをおすすめします。
英語力が足りないけれど英語を使う仕事に転職することはできますか?
英語力が高いとは言えなくとも、英語を活かす職場へ転職することはできます。
日系企業や中小企業の中にも、最近では世界を相手にビジネスを展開する企業が増えつつあり、企業によっては英語が少しでもできたほうがいいと考える場合もあるからです。
例えば、TOEIC500点だとしても業界によっては転職時に「英語力がある」と判断され、重宝される場合があります。
職種によっては、メールのみのやり取りや書類の作成のみなどハイレベルな英語力がなくても業務をこなせます。
英語力が足りないという場合は、英語力以外のスキルや経験・知識をアピールし、面接時に今後も英語を学習するという姿勢を伝えてみてはいかがでしょうか。
  • 働きながら英語力を身につける勉強法

    働きながら英語力を身につける勉強法

    英語に限らず語学学習は日々の努力によって上達します。一朝一夕の努力で力を伸ばすのは難しいといえるでしょう。
    短時間でも良いので、TOEICや英検・TOEFL対策を中心に毎日コツコツと継続して着手することをおすすめします。
    全ての資格を欲張って勉強せず、ご自身の状況や転職したい業界・分野で求められる英語力を調査したうえで、取得したい資格をひとつに絞っていきましょう。最近では、本以外にもオンライン英会話やスクール・アプリなど様々な英語教材があり勉強がしやすくなりました。
    自分の現時点での英語力や勉強に取れる時間などを加味しながら、ピッタリの方法を探すのが近道でしょう。

  • 年代別・英語力を活かした転職方法

    年代別・英語力を活かした転職方法

    20代
    既に英語力が高い場合は、専門性のある分野こそ、20代で飛び込んでみるべきだといえます。

    ただし外資系企業の場合は、スキル重視の傾向があるため英語力よりも即戦力が求められる傾向が強いでしょう。
    外資系企業に転職を検討している場合は、英語力だけでなく、今いる会社でスキルを身につけ、転職活動に進むのがおすすめです。

    30代
    経験済みの職種や分野を通して何ができるかが固まってくる30代だからこそ、英語力を活かすことで、より幅広い分野へ転職できる可能性があります。
    即戦力のスキルに加えて英語力があれば、20代よりも転職はスムーズに進むかもしれません。
    ただし転職を希望する業界や分野、職種と現時点での仕事が異なる場合は、即戦力とはみなされないため、転職の難易度は高くなるでしょう。
    これまでのキャリアやスキルの棚卸をしつつ、英語力をアップさせるだけでなく、これまでのスキルとキャリアを意識するようにしましょう。

    40代
    40代の転職は、成長が期待される20代や即戦力になりうる30代よりも、求められるものが高くなります。
    英語力でいえば、スコアよりも実務経験を重視される傾向にあります。
    これまでスコアが低くてもビジネスの現場で商談成立など英語を使った経験があるのであれば、チャンスがあるかもしれません。
    スコアが低くても現場で英語を使ってビジネスをした経験があるのであれば、興味を示す企業もあるでしょう。求められるものが高いからと言って諦めるのではなく、ぜひ挑戦してみてください。

  • 仕事探し|お役立ちコンテンツ

  • この記事の監修・著者プロフィール(株式会社クリエイト Webマーケティング担当)

    この記事の監修・著者プロフィール(株式会社クリエイト Webマーケティング担当)

    配信中の記事では、職種ごとの詳細な仕事内容、エリア情報、就職に役立つ資格の解説、ビジネス用語・経済ニュースの解説など、社会人として押さておきたい基本的な知識や最新情報をお届けしています。

    クリエイト転職は地域密着をコンセプトに、仕事探しに役立つ最新の求人情報をお届けしています。
    【豊富なおすすめ機能で就職・仕事探しをサポート】
    >>クリエイト転職で正社員の求人を探す

英語を活かせる仕事 × 勤務地で絞り込む

千葉県  |  東京都  |  神奈川県  |  新潟県  |  滋賀県  |  京都府  |  大阪府  |  兵庫県

英語を活かせる仕事 × 職種で絞り込む

英語を活かせる仕事 × 業種で絞り込む

エリア・駅・路線から探す

年代・性別から、あなたに合った求人をご提案!

未選択

未選択にする

職種から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

職種のチェック解除

業種から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

業種のチェック解除

条件から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

以下の条件を解除

給与で探す

給与形態
給与額

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

以下の条件を削除してもよろしいですか。

検索条件1

検索条件を保存するには 会員登録/ログイン が必要です。

保存できる検索条件は6件までです。

保存済み条件から1件削除し、新しい検索条件を保存します。

削除する条件

保存できる検索条件は6件までです。

保存済み条件から1件削除し、新しい検索条件を保存します。

削除する条件