更新日:2021年7月30日

ハイクラス転職を成功させる秘訣【20代・30代・40代】

【年代別】ハイクラス転職を成功させる秘訣|求人状況や求人の見つけ方について解説

【年代別】ハイクラス転職を成功させる秘訣|求人状況や求人の見つけ方について解説

年収やキャリアアップを目指したい、新しい環境でチャレンジしたいなど、今よりもワンランク上の職場・職種への転職を検討している方も多いでしょう。
ハイレベルな人材、ポストなどを募集しているのが、ハイクラス求人です。
一般転職に比べると難易度が高く、狭き門であるハイクラス転職ですが、成功している方も多くいらっしゃいます。

ハイクラス転職と一般的な転職で全く違うというわけではありませんが、転職者に求められるレベルは格段にアップします。
難関であるハイクラス転職に成功するために、まずはハイクラス転職がどういったものであるかを知っておきましょう。
ハイクラス求人の特徴や見つけ方、求められる人材像などを把握することがハイクラス転職成功への第一歩と言えるでしょう。

【仕事探しならクリエイト転職】
>>クリエイト転職で正社員の求人を探す

>>経験者優遇×給与の高い順で求人を探す

ハイクラス転職とは|ハイクラス求人の特徴

ハイクラス転職とは|ハイクラス求人の特徴
ハイクラス転職、ハイクラス求人に明確な定義はありませんが、一般的に以下のような特徴を持つ求人や転職のことをハイクラス転職という場合が多い傾向にあります。

・部長以上の管理職
・経営目線をもった高スキルで経験豊富な人材
・平均年収と比べて高い年収
など

つまり高度なスキルや経験をもち、経営目線で価値を発揮できるハイクラス人材を求めている求人のことをハイクラス求人、そのような条件で転職を目指すことをハイクラス転職といいます。
それだけ高いスキルや結果がハイクラス転職には求められます。
なかにはエンジニアや研究職、弁護士のような専門職も、ハイクラス求人に含まれます。

【20代・30代・40代】年代別にみるハイクラス転職

【20代・30代・40代】年代別にみるハイクラス転職
【20代のハイクラス転職について】
新卒入社する年代でもある20代は社会人という立場にも慣れ、仕事でも徐々に成功体験を重ねていけるようになる年代です。
仕事で結果が出せるようになると今後のキャリアを考え、さらなる高みを目指してハイクラス転職にチャレンジしたいという方もいるでしょう。

前述したようにハイクラス転職の多くは、高度なスキルや豊富な経験を持って経営目線で仕事に携われる人材を探しているのが特徴の一つです。
30・40代に比べるとまだ経験も浅い20代は、ハイクラス転職の難易度も自然と高くなるでしょう。
そもそもハイクラス求人は数自体少ないことから、非公開求人も多いことから一般的な転職に比べて難しいものです。
さらにライバルは経験豊富でスキルも高い30・40代のベテランなので、同じ土俵で戦うには一定以上の実力やスキルが求められます。

しかしだからといって、20代でのハイクラス転職が不可能ということではありません。
ハイクラス転職で求められる人材の特徴を理解し、今の自分に足りないスキルや経験などを補完しながら、うまく転職サイトや人脈を活用して求人を見つけることがポイントです。

【30代のハイクラス転職について】
30代は早い方で役職もつき始め、転職するにあたり十分な経験とスキルが身についてくる年代です。
多くのハイクラス求人は35歳からを対象に設定しているため、20代に比べると求人の幅も広くなります。

全体でみるとまだキャリアの浅い年代ではありますが、スキルや実力のある若い人材はハイクラス転職においても需要のある存在です。

【40代】
働き盛り真っ只中で、専門性の高い知識やスキル、そして豊富な経験をもつ40代はハイクラス転職の主役ともなる年代です。
30代よりもさらに自分の希望とマッチするハイクラス求人を見つけやすい点は、40代でハイクラス転職する最大のメリットと言えるでしょう。

約20年の社会人経験、そして必然的にマネジメントする経験も多くなってきた40代は、ハイクラス求人で求められる条件とマッチしやすいといえます。
会社の中枢を担うポストを任される場合も多く、それだけ求められるスキルやキャリアも高いものです。

ハイクラス転職のための求人の見つけ方

ハイクラス転職のための求人の見つけ方
【転職サイトの活用】
ハイクラス求人は、非公開なものが多いというのが一つの特徴です。
ですが一般的な転職サイトで求人を見つけるのは難しいと考える方も多いかもしれません。

ハイクラス求人の多くは、役職のある重要なポジションです。
そのため確かに誰もが閲覧でき、かつ応募できる一般公開求人とは別に扱われていることもあります。
しかし転職サイトに全く求人の掲載がないわけではありません。

多くの求人を閲覧することは通常の転職だけではなく、ハイクラス転職でも同じく重要です。
少しでも選択肢を増やすためにも、転職サイトを吟味するのではなく、数多く活用していくのをおすすめします。

【人脈】
転職支援サービスやエージェント以外でハイクラス求人を見つける方法として、人脈が挙げられます。
これまで培ってきた人脈を活用することで、転職支援サービスを介すよりも求人が見つかりやすいケースもあります。
そのためハイクラス転職を視野に入れ、早い段階から人脈を作っておくのも1つの方法です。

ハイクラス転職を成功させる秘訣【20代・30代・40代】の仕事体験談

ハイクラス転職の体験談:転職してよかったこと

ハイクラス転職の体験談:転職してよかったこと
(20代 男性)

30代からのキャリアを考え、これまで経験してきた仕事に幅を持たせたいと思い転職に至りました。
求人数も少なく、通過率も悪かったので、転職自体はかなり苦戦しました。
多くの求人の中から今の会社と出会えたのは、運に近いかもしれません。
自分を必要と感じてくれる会社に出会うまで転職活動を続けてきて、今ではとても満足しています。
現職で新たな仕事に取り組むよりも、思い切って転職することで自分の目指すキャリアに近づけたと思います。

ハイクラス転職の体験談:転職してよかったこと

ハイクラス転職の体験談:転職してよかったこと
(40代 男性)

複数部署や海外駐在などさまざまなことを経験し、成長曲線が停滞していたように感じ、転職を決意しました。
いわゆるハイクラス転職では、企業側もどんなスキルや経験が欲しいかを明確に持っている場合が多く、自分の見せ方が大切だなと実感しています。
1を10にも100にもするのではなく、自分自身の価値を100%過不足なく伝えることで、相手に納得していただけると思います。
私は自分のスキル、経験を定性的、定量的に棚卸しすることで今の会社に興味を持っていただけました。
社外での自分の市場価値を確認でき、結果的に年収アップや新しい環境でのチャレンジができ、とても満足しています。

ハイクラス転職の体験談:転職で大変だったこと

ハイクラス転職の体験談:転職で大変だったこと
(30代 男性)

条件の高い求人であるからこそ面接での通過率が悪く、苦労しました。
「今まで自分がやってきたことは価値がなかったのかな?」と少し自信も失いかけてしまうこともありました。
しかし面接は自分をアピールしたいことを伝える場ではなく、相手の求めていることに答えるという当たり前のことを意識することで今の会社に内定をいただくことができました。
会社によって価値を感じる経歴やスキルは様々です。
自分の経歴を必要とする会社に出会うためにも、数多くの求人にあたるのも重要なのかなと思っています。

よくある質問

ハイクラス転職は20代・第二新卒でも成功しますか?
30・40代に比べると条件にマッチする、あるいは見合う求人が少ないことから難易度は高いですが、全く成功しないわけではありません。
いかに多くの求人に触れ、20代の即戦力を求めている求人を見つけるかが鍵となります。

ただしハイクラス求人の特徴にもあるように、求められる人材の多くは経営目線が持てるマネジメント力のある人材です。
無理に早い段階でハイクラス転職を目指すより、30・40代で確実にハイクラス転職できるよう、20代のうちはスキルや経験を培ったり、人脈を作ることに力を入れるのも1つの方法です。
ハイクラス転職にデメリットはありますか?
まず求人が非公開である傾向にあること、そして求人そのものが希少であることから転職の難易度が高くなる点はデメリットの1つです。
倍率が高いだけでなく、優秀な人材が集まる中で戦わなければならず、求められるレベルも自然と高いものになります。

また年収やポジションなど希望に見合う求人を見つけても、条件が高いがゆえにご自身のスキルや経験では不足しているケースも少なくありません。
さらに採用をもらえ晴れて新しい環境でチャレンジするも、相応の成果が挙げられない可能性がある点もリスクになるポイントです。
  • ハイクラス転職で求められる人材の特徴

    ハイクラス転職で求められる人材の特徴

    まずは求められる人材について知ることが、第1ステップです。
    細かい条件は業種や企業によってさまざまですが、全体を通して以下のような人材が求められる傾向にあります。

    ・マネジメント経験がある
    ・高度な専門スキルや知識を持っている
    ・優れた実績や経験がある
    ・協調性がある

    ハイクラス求人では、高度なスキルや経験をもち、経営目線で価値を発揮できる人材を求めています。
    また、プレイヤーをまとめ全体で成果を発揮できる能力が重視される傾向にあります。
    経営目線で成果が出せることを裏付ける理由として、実績や経験、スキルが着目されるのです。
    またビジネスマンとして基本的な協調性や、ロジカルシンキングが身に付いているかも重視されます。

    求められる人材の基本を押さえ、かつ選考に進む企業が求める人材像を研究し、求められることに応えることが大切です。

  • ハイクラス転職の注意点

    ハイクラス転職の注意点

    【入念に企業研究を行う】
    ハイクラス転職に限ることではありませんが、転職後に「聞いていた話と違う」などミスマッチが起こらないよう気をつける必要があります。
    高いレベルを求められるハイクラス転職では、特に注意が必要でしょう。
    特に40代以降になると、転職後のやり直しも難しくなります。
    年齢が上がるほど、そして任される仕事の規模が大きいほど慎重に転職を進めることが大切です。

    【希望条件を全て満たせるとは限らない】
    希望の条件を全て満たそうとすると、ハイクラス転職の成功はなかなか難しくなっていくでしょう。
    少しでも成功に近づけるためには、年収などの待遇、業務内容などあらゆる条件の中から優先順位をつけるようにするのがおすすめです。
    全ての条件に合致する求人を求めようとせず、自分の中で妥協できるポイントは受け入れることも大切です。

  • ハイクラス転職をする時のコツ

    ハイクラス転職をする時のコツ

    【スペシャリストとして何ができるか伝える】
    ハイクラス転職では高い専門性やスキルでどのような貢献ができるかを示すことが重要です。
    専門スキルを持った人材を欲している場合は、そのノウハウで達成したい目的が必ずあるはずです。
    「なぜ自分を採用することで目標達成できるのか?」をより具体的に示せるとよいでしょう。

    【マネジメント能力を示す】
    ポストに就くことを考えると、マネジメントスキルは重要な要素の一つです。
    専門性の高さを活かすことはもちろん、その能力を使ってチーム全体を高いレベルに引き上げることも期待されている可能性があるためです。個人の活躍だけでなく、チーム全体が高いパフォーマンスを示すことは、個人が活躍する場合とは比にならないインパクトを企業に与えます。
    チーム全体の生産性を上げた経験があるのであれば、積極的にアピールしていきましょう。

    【企業研究を怠らない】
    自分を見つめ直し、企業の内面まで精査して転職活動に取り組むことがコツです。
    ハイクラス転職は内定をもらうだけでなく、その先で十分な成果を発揮し企業の求める価値を提供できてこそ成功といえます。
    また企業研究をすることは転職後のミスマッチを防ぐためにも重要です。
    企業が自分に何を求めているかをしっかり考えましょう。
    もちろん前提として、必要なスキルや経験を身につけておくことも欠かせません。

    【人脈を頼る】
    非公開求人が多いこともあり、ヘッドハントやリファラル採用でハイクラス転職をする方も多くいます。
    今までの人脈が思わぬところで活きてくるというケースも多いのです。
    そのため自分の周りでポストを探している方はいないかを探してみるのも一つの手です。
    思わぬところで、いい話に巡り合えるかもしれません。

    しかし人脈はすぐに手に入るものではありません。
    普段から人脈づくりを心がけるのも重要です。

  • 仕事探しのお役立ち情報

  • この記事の監修・著者プロフィール(株式会社クリエイト Webマーケティング担当)

    この記事の監修・著者プロフィール(株式会社クリエイト Webマーケティング担当)

    配信中の記事では、職種ごとの詳細な仕事内容、エリア情報、就職に役立つ資格の解説、ビジネス用語・経済ニュースの解説など、社会人として押さておきたい基本的な知識や最新情報をお届けしています。

    クリエイト転職は地域密着をコンセプトに、仕事探しに役立つ最新の求人情報をお届けしています。
    【クリエイト転職で仕事探し】
    >>クリエイト転職で正社員の求人を探す

エリア・駅・路線から探す

年代・性別から、あなたに合った求人をご提案!

未選択

未選択にする

職種から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

職種のチェック解除

業種から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

業種のチェック解除

条件から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

以下の条件を解除

給与で探す

給与形態
給与額

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

以下の条件を削除してもよろしいですか。

検索条件1

検索条件を保存するには 会員登録/ログイン が必要です。

保存できる検索条件は6件までです。

保存済み条件から1件削除し、新しい検索条件を保存します。

削除する条件

保存できる検索条件は6件までです。

保存済み条件から1件削除し、新しい検索条件を保存します。

削除する条件