営業の転職・正社員求人

営業の求人・仕事内容|向いていない人、向いている人は?

営業の求人・仕事内容|向いていない人、向いている人は?

営業の仕事は、自社の製品やサービスをより多くの人に届けるのが仕事です。 営業には、いくつかの種類があります。一般営業は、不特定多数の一般のお客様に対して行なう営業です。お客様が買い物をしやすい、土日祝日や夜の時間帯に働くことがあります。働く場所は店舗の場合もありますが、お客様の家に訪問して営業活動を行なうこともあります。お客様の興味を引けるように話したり、短時間でニーズを読み取れたりするとよいでしょう。コマーシャル、チラシ、DMなどに反応した人を対象として営業を行なうこともあります。反響があるということは商品に興味を持っているわけですから、購入に踏み切ってもらうにはどうしたらいいかを考えて営業活動を行なうことになります。 一般のお客様相手ではなく、法人を相手にした営業の仕事もあります。個人のお客様よりも大きな額のお金が動くことになりますから、営業される側も慎重になります。もとからある商品だけではなく、お客様のニーズに応える企画を立てて商品を売り込んだり、自社の商品を活用すると顧客にどんな利益があるのかを考える提案したりすることもあります。また、営業、すでに顧客となっているところを巡回して継続的に自社製品を扱ってもらうよう売り込む営業もあり、ラウンダーとも呼ばれています。ラウンダーは自社製品を商品として置いている店舗などを回ります。他社の商品があるなかで、自社の商品を店頭で大きく露出してもらえるよう、売り場作りなどの提案もします。不動産営業・広告代理店・保険代理店・医療器具、薬、IT関連、電気、機械など、より専門的な知識な知識を必要としる営業の仕事もあります。営業職のなかでも、元はエンジニアだったりするなど、技術面での知識を持っていると重宝されます。 いずれの営業でも、自分が会社の顔として訪れていることを自覚して、お客様との間で良好な関係を築けるようにコミュニケーションをとるとよいでしょう。

営業の求人一覧へ 316

 営業のオススメ新着求人

営業の仕事のやりがいとは

営業の仕事のやりがいとは
営業の仕事のやりがいは、なんといっても、自分が売り込んだ商品を買ってもらったときです。個人消費者、法人にかかわらず、「ありがとう」「よい商品が買えたよ」「長く使っていこうと思います」などと言ってもらえるのは、とてもうれしいことです。 お客様に商品を売っていった件数は、自分の営業成績となります。営業の仕事では、一人一人の売り上げ目標がノルマという形などで示されたりすることがあります。それを達成することは、大きなやりがいとなるでしょう。自分ががんばった分は、数字というわかりすい成果になって目の前に現われますから、達成感は得やすいでしょう。この営業成績はそのまま自分の評価や収入アップにつながりますから、前向きに取り組める人には向いている職業だといえるでしょう。 営業が成績をあげると、そこには商品代金の授受が発生します。このお金は、会社の利益に直結しています。自分の売り上げが上がることで会社の業績もよくなるという意識を持って取り組むとよいでしょう。

営業の仕事を通して学べること

営業の仕事を通して学べること
営業の仕事では、社会人に必要なコミュニケーション能力が身に付きます。自分の言葉や態度で、商品のよさについて説明しなければならないからです。商品の売買が成立すると、自分の所属する企業は代金を得ますし、お客様は商品を得ます。双方にとって利益のあるものになるために、売買の成立までは交渉が行なわれます。お客様が納得して商品を購入できるように、丁寧に説明や提案をしたりするようにしましょう。 また、お客様のニーズを探るための情報収集能力も身に付くでしょう。店舗に来たお客様を相手にする場合、お客様が店舗にとどまる時間は思ったよりも短いものです。その短い間に、まずは興味をもってもらい、詳しい説明を聞いてもらえるようにしなければなりません。お客様との会話のなかでどんなものを探しているのかがすぐにつかめるようになれば、提案もしやすくなるでしょう。ラウンダーの場合は法人のお客様のところに通いますが、お客様のほうから「こんなものがほしい」と具体的に言葉にされることは少ないでしょう。ですから、普段から話をよく聞き、それを情報として覚えておいたうえで、商品の提案をするとよいでしょう。ニーズに応えるために企画力や提案力も身に付くでしょう。

営業の仕事から描けるキャリアアップ

営業の仕事から描けるキャリアアップ
営業の仕事のキャリアアップは、まずは自分の営業成績を上げることです。お客様がどんな商品を望んでいるのかを考えるようにしましょう。業界のニュース、経済状況、法改正などのニュースをチェックしておく癖をつけるとよいかもしれません。個人の営業成績が上げられるようになったら、営業部としての戦略を考えるようにしましょう。これができるようになると、営業課長、営業部長などへの昇進が視野に入ってきます。マーケティングなどの知識を得るようにするとよいでしょう。 営業以外の仕事としては、企画部門などへの移動も考えられます。お客様からの生の声を生かした企画が立てられるでしょう。営業の仕事で身に付く相手によりそったコミュニケーション能力は、どんな職場でも役に立ちます。違う業界の営業職への転職も可能になるでしょうし、人と接する仕事ならばプラスに働くことの多い能力です。

営業の仕事体験談

営業の仕事体験談:働いてよかったこと

営業の仕事体験談:働いてよかったこと
(30代・男性)

「飲食業業界から転職しました。前職ではお客様とコミュニケーションをとるといっても、どちらかというと受け身の体勢でした。営業の仕事に就いてからは、自分で積極的にお客様とコミュニケーションをとるようにしています。日々、なにか新しく提案できることはないだろうかと考えていて、充実しているなと思います」

営業の仕事体験談:働いてよかったこと

営業の仕事体験談:働いてよかったこと
(20代・女性)

「評価基準がはっきりしているので、とても働きやすいと思っています。営業成績が上げられたらその分評価は上がりますし、振るわなかったら、来月こそは!を思って働けます」

営業の仕事体験談:たいへんだったこと

営業の仕事体験談:たいへんだったこと
(20代・男性)

「商品を売り込みにいっても、なかなか話を聞いてもらえなかったり、別の会社の商品に決められてしまっていたりすると、自分の熱意が足らなかったのかなと落ち込むことがあります。それでも、粘り強く、根気づよく、営業を続けることが大切だと思うので、諦めずにがんばっていきたいです」

よくある質問

「営業のノルマはきついですか」
転職先で新しく営業の仕事を始めたとき、あまり無茶な営業ノルマを課されることは少ないでしょう。ノルマは徐々に上がっていくものですが、上がっていくのは、それだけの働きを期待しているからです。ときにはノルマを達成でいないこともあるでしょう。しかし、どんなに営業成績のよい凄腕営業マンと呼ばれる人でも営業成績の悪いときはあります。気に病みすぎず前向きに、自分の営業方法のなかで改善できる点を探していくようにしましょう。
<年代別のお仕事探し>
>>20代 営業30代 営業40代 営業50代 営業60代 営業
「初対面の人と話すのは緊張してしまうのですが、営業の仕事はできますか」
営業の仕事をしてみたいと思う気持ちがなにより大切です。初対面の人と話すのが苦手だとしても、仕事でそれを繰り返していくうちに慣れてきます。もともと人と話すことが得意な人よりも仕事に慣れるまでに時間がかかってしまうかもしれませんが、営業として働いてみたいという気持ちをもって、諦めずに取り組んでみましょう。
>>営業の正社員求人を探す
  • 営業の求人・転職が向いている人、向いていない人

    営業の求人・転職が向いている人、向いていない人

    営業の仕事に向いている人は、人に会ってコミュニケーションを取るのが好きな人です。人との会話が苦手な方は、向いていないでしょう。コミュニケーションでは、自分が話すだけではなく、相手の話をよく聞くようにするとよいでしょう。まずはお客様のニーズを引き出す必要があるからです。ニーズのないところに的外れな営業活動をしても、お客様にとっても、自分にとっても、利益になりません。ニーズを把握したうえで、商品の提案ができるようになります。また、営業の仕事内容としては、お客様からクレームが入ったり、ノルマを達成できなかったりと、困難・きつい場面に直面することがあります。そんなときでも落ち込んだままではなく気持ちを切り替え、困難も改善できる方法を考えるなど、前向きな人が向いている人と言えます。

    >>第二新卒とは?転職体験談とメリット・デメリット

  • 営業の仕事に未経験から挑戦するときの注意点

    営業の仕事に未経験から挑戦するときの注意点

    営業の仕事は、未経験から挑戦できる求人が多くあります。面接の際も経験やスキルよりもやる気が重視されることが多いです。営業の仕事をしてみたい人は、未経験であってもまずは求人に応募してみるとよいでしょう。また、営業では商品を売り込むことになりますから、自分が興味があったり、好きだったりする商品を扱う会社だと、短時間で仕事に慣れることができるでしょう。 営業の仕事をするにあたり特別な資格はありません。ただ、提案書や見積もり書の作成を行なうことがありますから、基本的なパソコンスキルは身につけておくとよいでしょう。また、ラウンダーとして働く場合は、営業先を車で回ることがあります。普通自動車免許があるとよいでしょう。 営業の仕事でもっとも大切なのは、お客様の信頼を得ることです。どうしても商品を売り込みたいあまりに、嘘をついたりしてはいけません。商品に関してマイナスなことを聞かれたとしても、正しいことを答えなければならないのです。実際に商品がお客様の手に渡ったあとに、営業が言っていたことと違ったということが出てきたら、お客様の不利益になりますし、企業のイメージも悪くなります。マイナスなことはマイナスとして伝えながらも、それをプラスに転じられるようなプレゼンテーション能力を身につけるとよいでしょう。

    >>未経験でも転職しやすい仕事は?面接での自己PR方法(長所・短所の伝え方)

  • 営業の仕事に正社員で就く・転職する際に注意したいこと

    営業の仕事に正社員で就く・転職する際に注意したいこと

    会社の規模や業界によって、営業に求められる仕事は変わってきます。大企業の場合は、他部署と連携して仕事を進めることも多く、調整役に回ったり、他部署の人に対してプレゼンと行なったりすることもあるでしょう。ベンチャー企業などでは営業に任される範囲が広いので、自分で考えたアイディアを実現させやすかったりします。この求人における「営業」とは、なにを求められているのか、できる限り調べてから応募をするとよいでしょう。 また、営業の仕事への転職は、前職の仕事が役に立つことがおおいにあります。接客業でしたら人とコミュニケーションをとるときに役立つでしょうし、前職では当たり前だと思っていたような専門知識が、営業の仕事で役に立つこともあります。採用面接などにあたって、武器となるものがないか、よく考えてみるとよいでしょう。

    >>女性のための転職ノウハウ!あると便利な資格や年齢別の成功例を紹介

  • 営業の仕事のトリビア

    営業の仕事のトリビア

    昭和の時代、営業の三種の神器と言われていたものは、名刺、手帳、営業カバンでした。現在ではなにかそれに当たるかと考えてみると、手帳がスマートフォンに変わったり、名刺を電子化して管理したりすることはあっても、基本的にはこのままなのではないでしょうか。時代が変わっても、人同士のコミュニケーションの上に成り立っているのが営業の仕事といえるでしょう。

  • 営業職の仕事探し|お役立ちコンテンツ

エリア・駅・路線から探す

年代・性別から、あなたに合った求人をご提案!

未選択

未選択にする

職種から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

職種のチェック解除

業種から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

業種のチェック解除

条件から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

以下の条件を解除

給与で探す

給与形態
給与額

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

以下の条件を削除してもよろしいですか。

検索条件1

検索条件を保存するには 会員登録/ログイン が必要です。

保存できる検索条件は6件までです。

保存済み条件から1件削除し、新しい検索条件を保存します。

削除する条件

保存できる検索条件は6件までです。

保存済み条件から1件削除し、新しい検索条件を保存します。

削除する条件