フード・飲食の転職・正社員求人

フード・飲食の仕事の基礎知識

フード・飲食の仕事の基礎知識

フード・飲食の仕事は、主に食品を提供する飲食店で行なう仕事です。飲食店とは、食堂、レストラン、ファーストフード店、喫茶店、居酒屋などです。 正社員の仕事は、店のスタッフのシフトの管理、売り上げの管理などです。スタッフの欠員が出たときや忙しい時間帯には、接客の補佐をすることもあります。つまり、店を運営するすべてを把握しなければなりません。 売り上げ管理では、店の業績を把握することになります。お金の管理をするのですから、経理的な能力も求められますし、どうしたら業績を伸ばせるかという経営者的な考え方も必要とされるでしょう。 町中を眺めてみればわかるとおり、飲食店は至るところにあります。それだけ競合相手が多いということです。また、不況によって家計が厳しくなったときに、真っ先に考え直されてしまう部分でもあります。そうはいっても、人が生きていくうえで食事は絶対に欠かせないものなのです。おいしいものが食べたい、安いもので済ませたい、雰囲気のいいお店に行きたいなど、目的はさまざまであっても、食に関する需要がなくなることはありません。

フード・飲食の求人一覧へ

 フード・飲食のオススメ新着求人

フード・飲食で正社員として働くことのやりがいとは

フード・飲食で正社員として働くことのやりがいとは
多くの飲食店ではスタッフのうち、アルバイトよりも正社員のほうが人数が少ないです。少人数で店の運営をしなければならないので、そのぶん責任は重くなりますが、自分の裁量によって、店が成長していく姿が見られます。売り上げは毎日計算しますから、業績が上向いたこともリアルタイムで知ることができます。日々、仕事に対する自信や、達成感を感じながら仕事ができます。 また、運営という立場にまわると、いわゆる現場とは少し距離ができることが多いですが、飲食店の場合は、店にはお客様が毎日いらっしゃいます。売り上げが単なる数字ではなく、お客様がいらした結果だという実感を得られるのではないでしょうか。お客様の生の声を身近に感じたままでいられることは、仕事のモチベーションになるでしょう。お客様の声は、ときには厳しいものもあるかもしれません。しかしそこには、店をよりよくしていくためのヒントが隠されています。指摘があったことを前向きに受け止めて、改善についとめていくことが、新たなお客様を獲得することにつながります。 お客様と接する時間が多いのは、アルバイトなどのスタッフです。彼らが笑顔で生き生きと働ける環境を整えるのが正社員の役割でもあります。スタッフが気持ちよく仕事ができていれば、それはお客様にも伝わります。よい雰囲気が伝われば、お店の印象もよくなります。正社員は飲食店において、その橋渡しをする大切な仕事です。

フード・飲食の仕事を通して学べること

フード・飲食の仕事を通して学べること
フード・飲食の職場では、一人きりで仕事をすることはほとんどありません。調理、配膳、お客様案内など、別々の役割をもったスタッフと一緒に仕事をすることになります。正社員はスタッフたちに指示を出し、仕事を効率的に進められるようにしなければなりません。仕事内容に合わせてスタッフ一人一人の適正や、人柄を見ながら配置していくことで、人をまとめる能力が身に付きます。スタッフ全員が一つのチームとして機能できるように、サポートに入ることもあるでしょう。 一つの店舗でスタッフをまとめていった先には、複数店舗がある飲食店に就職した場合は、いくつかの店舗の管理を任されることがあります。この段階になると、経営者的な視点がより強く求められます。広い視野を持って、利益を上げる方法を考えられるようになるでしょう。

フード・飲食の仕事から描けるキャリアアップ

フード・飲食の仕事から描けるキャリアアップ
同じ飲食店で働き続けるならば、いくつかの店舗を巡回しながら、商品の指導や在庫管理、スタッフの指導を行なうエリアマネージャーや、スーパーバイザーになる道があります。会社によっては、このキャリアアップについて、勤続年数や試験など、明確な判断基準を示しています。この道を目指すならば「店長候補採用」などという表記のある求人に応募したり、会社の体制を事前に調べたりしましょう。就業してから上司にあたる人に、どんなステップがあるのか聞いてみるのもよいでしょう。また、業績のよい会社では、新店舗がオープンします。能力が認められれば、店舗の立ち上げから任されることもあるかもしれません。 また、飲食店の正社員の仕事を通して、経営的な視点が身に付くと、自分で起業して、店を構えることもできます。実践でノウハウを吸収して将来につなげられるというのは、大きなステップアップではないでしょうか。 飲食店で働きながら、運営に限らず、専門的な知識を身につけていくこともできます。料理や食品に関する知識を増やしていけば、食材の仕入れや在庫管理業務を行なうバイヤーへの道が開けます。バイヤーよりもさらに商品に近しいところでは、調理師、栄養士、ソムリエ、バリスタなどの資格を取ることもできるでしょう。 他業種への転職を考える際にも、飲食店で身につけたマネジメント能力、運営能力はプラスに働きます。

フード・飲食の仕事体験談

フード・飲食の仕事体験談:働いてよかったこと

フード・飲食の仕事体験談:働いてよかったこと
(30代・女性)

「以前は事務をしていましたが、思い切って飲食店に転職しました。事務では、自分のしている仕事が誰のためのものなのかが見えませんでしたが、飲食店だと目の前にお客様がいます。ありがとう、と言われるのがこんなにうれしいと思いませんでした。自分のしたことの成果が目に見えてかえってくるので、とてもやりがいを感じられます」

フード・飲食の仕事体験談:働いてよかったこと

フード・飲食の仕事体験談:働いてよかったこと
(30代・男性)

「昔から飲食店を経営したいという夢を持っていました。そんなときに、まずは他の店舗で働いてみることによって、自分で店を構えるときには何が必要か、どんなことに気をつけたらいいのかを学ぶことができました」

フード・飲食の仕事体験談:たいへんだったこと

フード・飲食の仕事体験談:たいへんだったこと
(20代・女性)

「正社員として働き始めた店では、自分より長く働いてきて、仕事のこともよく知っているアルバイトやパートの人が多くいました。最初のうちはその人たちになかなか受け入れてもらえませんでした。けれど、わからないことはその人たちを先輩と思って素直に教えてもらい、そのうえで、私がお店を良くしたいと思って働いていることをわかってもらいました。時間はかかったけれど、よい関係が築けるようになりました」

よくある質問

「休日は自由にとれますか」
正社員はアルバイトのように、自由に休みを取れる立場ではありません。多くの人が休日である土日祝日が、一番お客様がくる可能性の高い日でもあるからです。とはいえ、正社員はスタッフのシフトの管理もします。自分も、スタッフも、望み通りの休みが取れるようにできる立場でもあるのです。自ら職場環境をよくしていくことができるのです。
「もっていたほうがいい資格はありますか?」
フード・飲食業界では正社員であっても必須の資格はありません。しかし、食品を扱うのですから、調理師、栄養士、ソムリエ、バリスタなど、商品知識を多く持てる資格があることは、仕事をするうえで有利に働くでしょう。また、資格というほどでなくても、食材の産地や、お酒の銘柄に詳しかったりするだけでもじゅうぶんです。自分が扱う商品に興味を持つことが大事です。
  • フード・飲食の仕事に未経験から挑戦するときの注意点

    フード・飲食の仕事に未経験から挑戦するときの注意点

    仕事内容の違う複数の人をまとめ、店として機能させるためには、コミュニケーション能力があることが必要です。スタッフ同士が協力関係を築けるように、問題が発生した際には仲裁に入ることもあるでしょう。人間関係に悩むこともあるかもしれません。そんなときは、仕事の時間と、プライベートな時間を切り分けて、気持ちを切り替えられるようにするとよいでしょう。あらかじめ、気分転換のできる手段をもっておくとよいかもしれません。 また、売り上げ管理なども担当することになるので、基本的なパソコン操作はできたほうが、なにかと便利でしょう。 他の職種から転職してフード・飲食の仕事を始ようとしていて、自分がすでに身につけている能力があるなら、それをどうやったら生かせるかを考えてみるとよいでしょう。飲食店の正社員の仕事は一つのことだけに集中するのではなく幅広いものですから、必ず自分の能力が生かせる部分があるはずです。また、人手不足になりがちな業界なので、異業種からの転職であっても歓迎されるでしょう。

  • フード・飲食の仕事に正社員で就く・転職する際に注意したいこと

    フード・飲食の仕事に正社員で就く・転職する際に注意したいこと

    フード・飲食の仕事での正社員は、アルバイトと同じように働くことを求められているわけではありません。スタッフを統括する立場として振る舞うにはどうしたらよいかを考えるとよいでしょう。 異業種からの転職で、今までが土日祝日が休みだった人は、最初は飲食店の休日のサイクルに合わせづらいかもしれません。いざ仕事が始まったときに戸惑わないよう、体調管理には気をつけましょう。 求人情報を見るときは、自分が今後、どんなキャリアを目指したいのかを視野に入れるとよいでしょう。目指すキャリアとは、その会社になかで店長、エリアマネージャー、スーパーバイザー、というように昇格していくことを目指すのか、それとも、いつかは自分で飲食店が経営したいので、実践で店舗経営を学びたいのか、などです。方向が決まると、こんな店で働いてみたいという具体的な希望も生まれてくるでしょう。

  • フード・飲食の求人・転職はこんな人に向いている

    フード・飲食の求人・転職はこんな人に向いている

    フード・飲食の仕事は、一日中体を動かす仕事ですから、デスクワークが苦手という人に向いています。一日中体を動かすといっても重労働ではありませんので、体力に自信がなくても問題ありません。出産や育児で一度、仕事を離れた女性にも向いているでしょう。日々の家事を切り盛りしてきている経験があるので、効率よく動くにはどうしたらいいかが、自然と考えられるようになっているからです。 正社員としてフード・飲食の仕事に就くと、その店で働いているスタッフをまとめることを求められます。別々の考えを持って働きにきている人たちをまとめるためには、話の聞き役にまわれる人が向いているでしょう。調整役にまわりながらも、方針を決める決断力も必要なので、思い切りのよさもあるといよいでしょう。 また、働いている店舗の売り上げ管理などをすることもあります。数字に強い人が向いているでしょう。さらに、売り上げを伸ばしていくために、新しいアイディアを出せる想像力に富む人も向いているでしょう。

フード・飲食 × 勤務地で絞り込む

北海道  |  茨城県  |  群馬県  |  埼玉県  |  千葉県  |  東京都  |  神奈川県  |  静岡県  |  愛知県  |  京都府  |  福岡県  |  佐賀県

フード・飲食 × 条件で絞り込む

フード・飲食 × 業種で絞り込む

エリア・駅・路線から探す

年代・性別から、あなたに合った求人をご提案!

未選択

未選択にする

職種から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

職種のチェック解除

業種から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

業種のチェック解除

条件から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

以下の条件を解除

給与で探す

給与形態
給与額

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

以下の条件を削除してもよろしいですか。

検索条件1

検索条件を保存するには 会員登録/ログイン が必要です。

保存できる検索条件は6件までです。

保存済み条件から1件削除し、新しい検索条件を保存します。

削除する条件

保存できる検索条件は6件までです。

保存済み条件から1件削除し、新しい検索条件を保存します。

削除する条件