製造・整備士の転職・正社員求人

製造・整備士の仕事の基礎知識

製造・整備士の仕事の基礎知識

製造・整備士の仕事は、ものづくりに関わる仕事です。私たちは多くのものに囲まれながら生活しています。洋服、家電、食料品、自動車、挙げていけばきりがありません。それらを作るのが製造の仕事です。品物のほとんどは工場で作られていますから、製造の仕事の職場は工場であることが多いです。整備士の仕事は、製造現場にある機械や、できあがった製品のメンテナンス・修理などを行なう仕事です。どちらも人々の生活に欠かせない職業です。 製造の仕事は、製品ができあがるまでの工程すべてに関わっていますから、多岐にわたります。材料から製品の部品を作る、部品を組み立てる、組み上がったものがきちんとできているか検品をする、完成した製品を包装する、販売する場所まで運搬する準備を行なう、などです。これらの作業は、手作業で行なうこともありますし、機械を操作して行なうこともあります。製造する製品や働く場所によってやり方が違いますので、職場を選ぶときには気をつけてみるようにしましょう。 整備士の仕事は機械の整備をします。整備する機械は、製造で使う工場にある機械の場合もありますし、自動車や家電など、完成した製品で修理が必要なものの場合などがあります。整備する製品ことに専門知識が必要になることもあります。しかし、ずっと壊れずに動き続ける機械はありませんから、必ず整備をするタイミングはやってきます。整備士の仕事はなくなることがないでしょう。また、整備士は一度技術を身につけられれば、一生続けられる仕事でもあります。

製造・整備士の求人一覧へ 453

 製造・整備士のオススメ新着求人

製造・整備士の仕事のやりがいとは

製造・整備士の仕事のやりがいとは
製造の仕事では、自分が好きだったり興味があったりする製品を作ることができます。たとえば洋服が好きだったら、洋服のデザインをする仕事に就くのは難しいかもしれませんが、洋服を製造する仕事には就くことができます。一枚の洋服がどのような工程を経てできあがるのかが見られますし、自分もそれに関わることができるのです。好きなもののそばにいられることは、製造の仕事のやりがいとなるでしょう。 整備士の仕事は、技術を身につけられることがやりがいとなります。不具合が発生していて整備を引き受けた製品を、きちんと動く状態にできる整備するためには、技術が必要です。整備を請け負う機械の技術も進化していきますから、学び続けなければなりません。機械を使う人の安全を預かる仕事ですから、積極的に学ぶようにしましょう。 製造・整備士の仕事は、生活必需品を作る仕事です。製造・整備士が仕事をすることによって、人々の生活が豊かになります。物作りによって人々に幸せをもたらせる仕事です。また、日本はものづくり大国と言われています。それを支えているのは、製造・整備士の仕事です。製造工場が海外に移っていっているとはいえ、製品のクオリティーでは負けていません。誇りをもって仕事に取り組めるでしょう。

製造・整備士の仕事を通して学べること

製造・整備士の仕事を通して学べること
製造の仕事では、効率的に仕事を進められるようになります。たとえば、ライン作業では、ベルトコンベアで流れてくる製品に、所定の場所に着いた作業員が一定の作業を加えていって製品を完成させます。自分が担当する作業において、どの場所に道具を置いておいて、どのように手を動かせば、ラインを止めずにすばやく作業を終えられるかを考えていくことになります。少しの工夫で作業効率が上がりますから、仕事に取り組むときにそのように考える癖がつくでしょう。 整備士では専門技術が身に付きます。たとえば、お菓子を作るための機械でも、クッキー、あめ、おかき、チョコレートでは、機械の形がまったく違います。自動車だとしても、基本的な作りは同じでもメーカーごとに異なった特徴があるでしょう。それを把握して整備できる技術は貴重ですし、長く続けると経験も蓄積されますから、技術を持った人はどこにいっても重宝されます。

製造・整備士の仕事から描けるキャリアアップ

製造・整備士の仕事から描けるキャリアアップ
製造・整備士の仕事では、昇給やキャリアアップの条件に資格が求められることがあります。仕事内容によって必要な資格はさまざまな種類があります。たとえば、加工作業をする場合は、自動車整備士、アーク溶接作業者、プレス金型取替作業者、菓子製造技能士などがあります。重たい部品や荷物を運ぶためには、フォークリフト運転技能者、クレーン・デリック運転士、移動式クレーン運転士、玉掛作業者などがあります。ガソリンなどの危険な薬物、大量の熱や電気が発生する設備などを安全に扱えるようになるには、危険物取扱者、ボイラー技士、電気工事士、臭気判定士などがあります。安全な職場環境を保つためには、衛生管理者、安全管理者、特定化学物質等作業主任者などがあります。自分の就いている仕事では、具体的にどんな資格が役に立つのかは、会社の上司や先輩に確認するとよいでしょう。また、資格を取得することは、自分の仕事の幅を広げることにもなりますので、取得を目指してみるとよいでしょう。 製造の仕事に正社員で働くと、人を指導したり束ねたりする立場になっていきます。どの工程にどのくらいの人数を割くのか、この人はどこの作業に配置したらもっとも力を発揮できるのかを考えるようになります。マネジメント能力を身につけるとよいでしょう。

製造・整備士の仕事体験談

製造・整備士の仕事体験談:働いてよかったこと

製造・整備士の仕事体験談:働いてよかったこと
(40代・女性)

「靴を製造する仕事をしています。先日、町中で私が作った靴を履いている人を見かけました。使ってくれる人のところに届いているんだと思ったら、とてもうれしかったです」

製造・整備士の仕事体験談:働いてよかったこと

製造・整備士の仕事体験談:働いてよかったこと
(30代・男性)

「お菓子の製造工場で働いています。仕事から帰ると娘に、お父さんはお菓子のいい匂いがするねと言われています。そう言われるたびに、この子が安心して食べられる、安全なものを作るよう心がけようと思います」

製造・整備士の仕事体験談:たいへんだったこと

製造・整備士の仕事体験談:たいへんだったこと
(20代・男性)

「車の整備士をしています。暑い夏の日でも長袖の整備服を着て作業するのが、最初はしんどかったです。肌を出しているとけがのもとになるからと先輩に教えられ、我慢しているうちに慣れました。しんどくても決まっていることには意味があるんだなと思いました」

よくある質問

「製造・整備士の仕事は朝早いイメージがあります」
製造・整備士の仕事では、朝7時半や8時就業開始という職場も多いです。朝早く仕事が始まるということは、その分、早く仕事が終わるということです。午後4時半や5時で仕事が終わります。それに合わせた生活サイクルを作っていけば、朝早いことは苦ではなくなるでしょう。また、製造・整備士の仕事では、勤務時間は職場によって異なっています。24時間態勢で稼働している工場などでは、シフト制が取り入れられています。朝がつらいという人は、そのような職場を選ぶとよいでしょう。
>>製造・整備士の正社員求人を探す
「体力がないとできませんか」
製造・整備士の仕事は立ち仕事であることが多いです。また、重たい部品やできあがった製品を運ぶこともあります。体力があったほうが、仕事に早く慣れることができるでしょう。それでも体力が心配という人は、食品をトレーのうえに盛りつける作業や、目視での検品作業など、比較的体力を使わない内容の仕事を探してみるとよいでしょう。
>>製造・整備士の正社員求人を探す
  • 製造・整備士の仕事に未経験から挑戦するときの注意点

    製造・整備士の仕事に未経験から挑戦するときの注意点

    製造の仕事内容はマニュアル化されていることがほとんどです。それは生産効率を上げたり、品質を保ったりするためでもありますし、安全管理のためでもあります。ですから、未経験でも始められますし、仕事にチャレンジしやすい環境が整っています。 整備士の仕事の場合、応募条件に資格を持っていることが挙げられている場合が多いです。機械は扱い方を間違えると、ともに働く人にも、製品を利用する人にも危険が及んでしまうことがあるからです。しかし、資格がなかったり、アルバイトであったとしても機械をいじったことのある経験があれば、採用の際には強みになります。積極的にアピールをしていきましょう。

  • 製造・整備士の仕事に正社員で就く・転職する際に注意したいこと

    製造・整備士の仕事に正社員で就く・転職する際に注意したいこと

    製造・整備士の仕事は、一人でする作業ではありません。一人で任される範囲は決まっていても、一つの製品ができあがるには何人もの手がかかっています。つまり、チームプレーなのです。チームとなる人たちとコミュニケーションを取り、良好な関係を築くことで、作業の効率化が図れるようになるでしょう。 とくに製造の仕事では、職場によって男性女性のどちらが多く働いているかが変わってきます。一つの製品を作るチームとなって働くわけですから、自分にとって居心地のよい職場を探すようにしましょう。 製造・整備士の仕事は、仕事内容によって勤務時間も違います。早朝から夕方までの職場もあれば、シフト制を組んで24時間稼働している職場もあります。ライフスタイルに合わせて、応募する求人を選ぶようにしましょう。

  • 製造・整備士の求人・転職はこんな人に向いている

    製造・整備士の求人・転職はこんな人に向いている

    製造の仕事では、仕事内容によって向いている人が違ってきます。できあがった品物を検品する作業でしたら、注意力の高い人が向いています。機械やクレーンを使う仕事ならば、安全に気をつけられる人が向いているでしょう。どの作業でも共通して向いている人は、1つのことに集中できる人ではないでしょうか。製造の仕事では同じ製品を作り続けるからです。同じ製品を作るということはとても難しいですが、製品を利用する人の手に届くときにクオリティーの差があってはいけないのです。また、同じ作業の繰り返しであっても、丁寧に仕事ができる人が向いています。日々、作業効率を上げることや技術を磨くことなどを考えながら、工夫して仕事できるとよいでしょう。 製造・整備士の仕事では、好きな業種に関わってみたいと思う人にも向いています。好きなもののそばで働けることはやりがいにつながり、充実感を得ながら仕事ができるでしょう。整備士の場合、整備する機械は進化し続けています。新しい技術が導入されたら、整備士もその技術に対応できなければなりません。そのときに、好きなものだったら、新しい技術についても楽しんで学べるでしょう。

エリア・駅・路線から探す

年代・性別から、あなたに合った求人をご提案!

未選択

未選択にする

職種から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

職種のチェック解除

業種から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

業種のチェック解除

条件から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

以下の条件を解除

給与で探す

給与形態
給与額

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

以下の条件を削除してもよろしいですか。

検索条件1

検索条件を保存するには 会員登録/ログイン が必要です。

保存できる検索条件は6件までです。

保存済み条件から1件削除し、新しい検索条件を保存します。

削除する条件

保存できる検索条件は6件までです。

保存済み条件から1件削除し、新しい検索条件を保存します。

削除する条件