中小企業診断士の資格・求人の詳細

中小企業診断士とは?求人・資格の詳細|転職に有利な資格

中小企業診断士とは?求人・資格の詳細|転職に有利な資格

中小企業診断士とは、中小企業の経営の診断や助言をするために専門的な経営知識とスキルが備わっている証明となる国家資格です。
中小企業診断士は、企業の現状を分析し、長期的経営戦略の構築とアドバイスを行うことから、経営コンサルタントとしても知られています。
ただし、コンサルタントは資格なしでも名乗ることができますが、中小企業診断士と肩書を記載できるのは資格所有者のみとなります。

中小企業診断士とMBAの違い

中小企業診断士とMBAはよく比較の対象になりますが、前者は国家資格で後者は学位という基本的なカテゴリーに違いがあります。
MBAは、国内、海外にかかわらず決められた単位を履修しなければなりません。また経営理論やフレームワークの知識を養うほか、経営者としての思考力を学ぶことができるため、企業リーダーとしての心構えやビジネス戦略のバックボーンを形成するのに役立ちます。

一方中小企業診断士は、経営管理、システム、政策や法務などに関する筆記試験、経営実務に関する口述試験に合格して初めて取得できる国家資格です。
外部から経営の診断や助言を可能にする資格であるため、価値創出や実務成果を生み出すために能力を発揮するスペシャリストになることができます。

>>コンサルタント・専門職の転職・求人を探す

中小企業診断士の仕事内容

中小企業診断士の仕事内容
中小企業診断士の仕事は、中小企業事業者の経営に関する調査、分析などから得たデータをもとに経済戦略や経営方針のアドバイスを行うことです。

例えば近年、グローバル化に対応するための体制改革やDX(デジタルトランスフォーメーション)など新しいシステムを取り入れる企業が増加しています。
中小企業診断士は、このような市場傾向に準じ、企業の現状を把握するためのヒアリングを行うほか、ソリューションのために施策を提案します。

中小企業診断士の活躍の場

中小企業診断士の活躍の場
中小企業診断士は、主に「企業内診断士」と「独立診断士」あるいは「プロコン診断士」というコンサルティングファームで勤務するケースに分類されます。
「企業内診断士」は、中小企業に中小企業診断士資格を持った一会社員として入社します。
基本は会社の業務もこなしながら、顧問契約を交わすなどして企業の業績に合わせたコンサルティング業務を遂行します。

中小企業診断士の中でも企業内診断士の割合が最も多く、全体の約50%以上を占めているとも言われています。
一方、開業して業務を行う独立診断士は、全体の約30%程度で、企業との一定期間契約やプロジェクトベースの契約といった受注形態が一般的のようです。
またコンサルティング会社勤務のプロコン診断士は、非常に希少で、その数は全体の5%にも 達しません。

中小企業内診断士になるには資格が必要?

中小企業内診断士になるには資格が必要?
中小企業診断士を名乗るためには1次、2次試験に合格し、最終的に中小企業診断士としての登録が必要になります。
試験を受けるための受験資格は特にないため、年齢性別、職業に関係なく受験は可能です。

ただし登録後は知識の補充要綱として5年間で5回の研修を受けるほか、実務の従事要件として30日以上の補助業務を修了する必要があります。
また資格合格後3年以内に登録が完了していない場合は、資格を名乗ることが許可されないため 注意が必要です。

中小企業内診断士の試験内容や難易度

中小企業内診断士の試験内容や難易度
中小企業診断士の国家試験は、1次試験と2次試験に分かれています。
令和元年の調査結果から中小企業診断士の1次試験合格率は30.2%、2次試験では18.3%となっており、難易度の高い国家試験といえます。

1次試験では、「経済学・経済政策」「財務・会計」「企業経営理論」「運営管理」「経営法務」「経営情報システム」「中小企業経営・中小企業政策」の7項目が試験科目です。
2次試験では記述試験で、「組織・人事戦略診断」「マーケティング・流通戦略診断」「生産・技術戦略診断」「財務(ファイナンス)戦略診断」の4分野の事例問題に回答します。

2次試験の口述試験は、筆記試験の事例などから個別に10分程度の面接形式で行われます。
試験合格後は、実務補習を15日以上受講あるいは、15日以上の経営診断・助言の実務を完了すれば中小企業診断士として登録することができます。

中小企業診断士の資格・求人の詳細の仕事体験談

働いてよかったこと

働いてよかったこと
(20代・男性)

入社1、2年はとにかく先輩から振られる業務をこなすのが精一杯でした。
仕事の感覚がつかめてきたのは3年目くらいからで、独自の提案をするチャンスが増えアイデアが採用されると自信がついていきます。
最初は自信がなかったですが、今では総合コンサルタントとしても活躍したいと考えています。

働いてよかったこと

働いてよかったこと
(30代・女性)

就業している企業では、率直に主張するという風潮があるおかげで女性であり、子供を持ちながらも自分の理想の働き方を手に入れることができたと思います。
企業戦略を提案するという立場はある意味自分との闘いだと感じています。結果へのプレッシャーはありますが、やりがいのある職業です。

たいへんだったこと

たいへんだったこと
(50代・男性)

経理として現在の会社に入社しましたが、30半ばで中小企業診断士となり、コンサルタントに転向しました。
金融関連の知識には自信がありましたが、数字と向き合う経理と顧客相手のフィールドではずいぶん感覚にギャップがあり、コミュニケーション術をつかむのにしばらく苦労しました。

よくある質問

中小企業診断士は独学で合格できる?
A. 中小企業診断士の試験は、難易度の高い国家試験です。独学で合格は不可能ではありませんが、自身のレベル把握と効果的な試験勉強法の確立が必須となるでしょう。
過去問を解いて、現時点での達成レベルを認識することから始め、1次試験と2次試験のバランスを考慮しながら計画的に学習を進めていきましょう。
中小企業診断士に必要な勉強時間はどれくらい?
A. 一般的に目安となる勉強時間は1000時間といわれています。
過去のデータでは受験生の大半が社会人であることから、平日は約1時間から2時間、休日に4,5時間を当てるとしても約1年から1年半は必要です。

しかし仕事のジャンルによりスタート地点の専門知識にも個人差があるため、1年もかけないで合格する人も中にはいるようです。
中小企業診断士の年収はどれくらい?
A. 2016年の実態調査によるデータで、年収が501万円から800万円以内とする人が最も多く、次に1000万以上から1500万円以内が多いという結果がでています。
中小企業診断士の中でも企業内診断士の割合が大きいことから、年収は約500万円から800万円という範囲にあると考えられます。
3000万以上クラスを除外した計算では、約739万円程度が平均のようです。
  • 中小企業診断士のメリット

    中小企業診断士のメリット

    仕事のクオリティが向上
    中小企業診断士は、経営の総合的な知識を要する仕事です。
    経営に関する専門知識を得られるだけでなく、ソリューションに導くための建設的な思考や生産性の高い仕事を追求することができます。
    得意とする分野はもちろんのこと、未開拓の分野の理解が深まり仕事のクオリティが向上するでしょう。

    信頼の獲得
    中小企業診断士資格は、合格率30%以下の難易度の高い国家資格です。
    経営コンサルタントとしては、唯一の認可資格として高い評価を得られるだけでなく、社外への信頼を獲得することが容易になります。

    転職に有利
    中小企業診断士は、国家資格として価値があるだけでなく難関な試験に合格したという希少性から、転職の際に価値を認められやすくなります。
    採用側は企業に貢献度がある人材を起用したいと考えています。
    ほかの求職者との差別化を図るためにも中小企業診断士資格は優位に働くといえるでしょう。

  • 中小企業診断士に向いている人とは?

    中小企業診断士に向いている人とは?

    中小企業診断士に向いている人は、モチベーションの高い人です。
    企業戦略や経済方針の課題についてソリューションを提案する立場の診断士は、常に楽観的でポジティブな姿勢が求められます。

    また企業内、クライアントなどコミュニケーションを図りながら遂行する業務が多いため、「話術に長けている」あるいは「文章力がある人」も中小診断士の資質があります。
    ほかにも分析にかかせない洞察力、データ収集、総合的管理能力など結果を導くための建設的な思考力も中小企業診断士として求められる条件といえるでしょう。

  • 中小企業診断士の転職状況や需要

    中小企業診断士の転職状況や需要

    新分野の進出、新規事業、事業再生などに関連する専門知識が今後ますます経営には必要になっていくでしょう。
    この状況の中で、中小企業診断士の重要性も高まりを見せると予想されています。
    また急速に進むデジタル化やグローバル化に向けての事業サポートへの急増を指摘する声もあります。

    中小企業診断士は多くが本業を持ちながらコンサルティング業務をこなしており、営業や販売で入社した社員が国家資格を取得するケースも少なくありません。
    専門知識を深められるだけでなく、キャリアアップにつながる中小企業診断士は転職にも有利な国家資格と言えるでしょう。

  • 資格関連の記事

  • この記事の監修・著者プロフィール(株式会社クリエイト Webマーケティング担当)

    この記事の監修・著者プロフィール(株式会社クリエイト Webマーケティング担当)

    クリエイトは人材と企業のマッチングや、人材育成における課題解決など、様々な分野において人と企業をつなぎ、社会に貢献できるような媒体創りを目指しています。
    配信中の記事では、職種ごとの詳細な仕事内容、エリア情報、就職に役立つ資格の解説、ビジネス用語・経済ニュースの解説など、社会人として押さておきたい基本的な知識や最新情報をお届けしています。

    ※事業内容
    ・求人情報サービス提供事業:(求人サイト「クリエイト転職・クリエイトバイト」、新聞折込求人広告「Create」)

    クリエイト転職は地域密着をコンセプトに、仕事探しに役立つ最新の求人情報をお届けしています。
    【豊富なおすすめ機能であなたのお仕事探しをサポート】
    >>クリエイト転職で正社員の求人を探す

エリア・駅・路線から探す

年代・性別から、あなたに合った求人をご提案!

未選択

未選択にする

職種から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

職種のチェック解除

業種から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

業種のチェック解除

条件から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

以下の条件を解除

給与で探す

給与形態
給与額

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

以下の条件を削除してもよろしいですか。

検索条件1

検索条件を保存するには 会員登録/ログイン が必要です。

保存できる検索条件は6件までです。

保存済み条件から1件削除し、新しい検索条件を保存します。

削除する条件

保存できる検索条件は6件までです。

保存済み条件から1件削除し、新しい検索条件を保存します。

削除する条件