更新日:2021年10月2日

転職するなら何歳まで?

転職するなら何歳まで?今すぐに転職する人にもこれから転職する人にもおすすめの業界とは

転職するなら何歳まで?今すぐに転職する人にもこれから転職する人にもおすすめの業界とは

転職では年齢が影響することから、何歳までなら転職できるかは気になるポイントの1つ。
そして人生100年時代とも言われる中、将来を見据えどんな業界・業種・職種へ転職すべきかが重要です。
本記事では、転職するなら何歳まで・いつまでがいいのかを踏まえ、転職におすすめの業界・業種・職種や、転職するなら確認すべき業界・企業選びについてみていきます。

【仕事探しならクリエイト転職】
>>クリエイト転職で求人を探す

転職するなら何歳まで?

転職するなら何歳まで?
転職において基本的に年齢制限は禁止されているため、本来であれば転職するのに年齢による限界はありません。
しかし、若手であるほど転職しやすく、年齢が上がるほど転職のハードルが上がるのも事実。
年齢関係なく転職を成功させるためには、スキルが重要です。
特定の職種で活躍可能な専門スキルと、どの職種でも役立つポータブルスキル、この2つを身につけておくことで転職を有利に進められます。

【若手が転職に有利な理由】
若手が採用に有利となる理由は、ポテンシャルです。
若手は体力や新しい仕事の吸収力もあり、今後成長する見込みが高いといえます。
一歩で、年齢が高いほど体力や成長率も下降傾向にあり、新しい環境や仕事への適応力も不安視されることから、若いうちの転職が有利とされるのです。
ただし、若ければ若いほど良いというわけではなく、ある程度の実績や社会人経験も必要になります。
30代以降の転職は、即戦力になれるか否かが重視される傾向にあるため、転職する可能性を踏まえて、若いうちからスキルや知識を蓄えておくことが重要です。

これから転職するなら?|今おすすめの業界とは

これから転職するなら?|今おすすめの業界とは
【IT業界】
IT業界は急速に成長を遂げており、今後も需要の高まる業界です。
経済産業省の発表によると、2030年には最大で79万人のIT人材が不足するとも言われ、IT人材の育成と確保が急がれています。
ひとくちにIT業界といってもその業種は、以下のようにさまざまです。

・情報サービス
・情報システム
・ITサービス
・ソフトウェア など
>>ITエンジニアの転職・求人情報

職種はエンジニアから企画、営業と多種多様で、その中でも特に需要が高いのは専門スキルを必要とするエンジニアです。

【介護業界】
高齢社会の進展により深刻な人手不足の状況にあり、かつ今後も高い需要をキープするのが介護業界です。
厚生労働省では、高齢化がほぼピークになる2040年には約69万人もの介護人材が不足するとの推計を公表しています。

介護業界はミドル世代が中核を担っている業界であることから、40代以降でも採用率が高い点が特徴です。
未経験からでも積極的に採用しており、早くに転職すれば勤続年数に応じて給料が上がりやすいメリットもあり、長く働き続けたい場合に最適な業界といえます。
>>介護の転職・求人情報

【医療業界】
医療業界は介護業界と同じく高齢化の進展によりニーズが高いだけでなく、特性上衰退する可能性が低い業界です。
医師や看護師、薬剤師といった国家資格が必要な職種への転職は、資格取得の労力や金銭面、タイムラグを考えるとあまり現実的ではありません。
しかし、以下のような職種であれば無資格・未経験でも転職することが可能です。

・医療事務
・看護助手
・登録販売者
・MR(営業)

必要な資格やスキルは、転職後に取得することができます。
医療業界は取得できる資格やスキルが多いことから、今後それらを武器に転職もしやすく、業界の特性場働き口にも困りにくい点がメリットです。
>>医療・看護の転職・求人情報

【運輸業界】
ECの発達により運輸業界の需要が高まり、人手不足の状況にあります。
需要の高い業界であること、そして運転免許があれば転職できる点からおすすめの業界です。
運輸業界はミドル世代が多く、若手人材が不足しています。
そのため、若手であればより転職しやすく、ミドル世代でも体力に自信があれば採用率も高いといえます。
ECは今後も需要を伸ばしていくことが予想されるため、将来性にも期待可能です。
>>ドライバーの転職・求人情報

これから転職するなら?|今おすすめの職種とは

これから転職するなら?|今おすすめの職種とは
【営業】
営業は、コミュニケーションスキルなどのポータブルスキルなど経験以外の部分も重視されることが多い職種です。
営業で培ったスキルは、どんな業界・業種でも活かせる点でおすすめ。
また、年齢が上がっても比較的採用されやすく、ポータブルスキルや熱意をアピールすることで転職しやすい傾向にあります。
>>営業の転職・求人情報

【エンジニア】
今後さらに高まるIT需要と人手不足の状況から、エンジニアは今狙い目の職種です。
専門スキルが必要ですが、若手であるほど未経験からでも採用されやすいといえます。
また、近年はプログラミングスクールなども増えていることから、転職前に基礎スキルを身につけておくことで30代以降でも転職しやすいでしょう。
専門性のあるスキルを身につけるまでの期間を考慮すると、エンジニアへの転職は早ければ早いほど有利です。
>>ITエンジニアの転職・求人情報

【コンサルタント】
コンサルタントは、経営やIT、人材と分野の幅広い職種です。
その業界の専門的な知識が求められることから、長年いた業界で培った経験や知識が活かせます。
早くからコンサルタントに転職すればコンサルタントとしての経歴や実績が評価され、年齢が上がって別の企業へ転職する際に年収アップが見込みやすい点でもおすすめです。
>>コンサルタント・専門職の転職・求人情報

よくある質問

「転職するなら入社何年目が良いですか?」
未経験職種にキャリアチェンジしたい場合は入社2〜3年目、同業職種でキャリアアップを狙いたい場合には5〜6年目が良いでしょう。
現在は入社3年未満で転職する人も増えており、大幅なキャリアチェンジを目指したい場合には入社2年目でも問題ありません。
ただし、1年未満となると、相当な理由がない限り逆に不利になってしまう可能性があるため、注意が必要です。
入社何年目がベストという最適解はないため、年齢別に企業に求められるニーズや自分の理想とするキャリアを踏まえた上で、慎重に転職を検討しましょう。
「転職するなら資格は必要ですか?」
そもそも資格がなければできない職種である場合には、資格が必要です。
ただし、資格取得に時間がかかり、その間で年齢的に転職のハードルが上がってしまう場合には現実的ではないでしょう。
また、資格は必ずしも転職に有利になるとは限りません。
そのため、転職のためにだけに時間やお金がかかる、難易度の高い資格を取得するのは非効率といえます。
  • 転職するなら確認すべき業界・企業選びのポイント

    転職するなら確認すべき業界・企業選びのポイント

    【成長性・将来性】
    転職して10年、20年と先を見据えるのであれば、業界・企業の成長性・将来性が重要です。
    業績も良く拡大中の業界の場合、成長性や将来性に期待可能です。
    また、企業単位でも成長性や将来性は異なるため、転職の際は細かく確認してみてください。

    【未経験を受け入れているか】
    転職の際は、未経験でも受け入れている業界・職種かどうかも確認しましょう。
    業界や職種によっては、未経験での転職が難しい場合もあります。
    そのため、有効求人倍率の高い業界のなかから、未経験でも採用している業界を選びましょう。
    有効求人倍率が高いということは、求職者に対してより多くの求人が流通しているということ。
    未経験を受け入れている業界かどうか注意して選ぶことで、採用率アップが期待できます。

    【平均勤続年数】
    平均勤続年数の長い業界・企業は、イコール離職率が低いということです。
    平均勤続年数が長いと、教育環境が整っている、福利厚生や育休が充実している、ライフワークバランスが重視できるなどの理由が考えられます。
    そのため、企業選びの際は、会社四季報や企業の採用ホームページなどで平均勤続年数を確認しましょう。

    【労働環境】
    労働環境を理由に、現在の職場からの転職を考えている方も多いでしょう。
    転職先が、前職と同じような環境だった場合、転職した意味がなくなってしまいます。
    そのため、転職を考えている場合は、現職との労働環境をしっかりと比較検討する必要があるでしょう。

    また、どの年代でも収入の低さを理由に転職している方が多いことから、今後同じ理由で転職することのないよう平均年収も着目すべきポイントです。

  • 未経験から転職するなら|おすすめの業種

    未経験から転職するなら|おすすめの業種

    【IT系】
    IT系は、未経験者でも積極的に採用しています。
    エンジニアのような専門スキルを必要とする職種でも、研修を前提として未経験者を募集している求人も少なくありません。
    また、マーケティングや企画系であれば、未経験でも十分に採用に期待できます。
    IT系は業界的に平均年齢が若いため、未経験から転職するなら20・30代のうちがおすすめです。
    >>IT業界の転職・求人情報

    【製造業】
    製造業は特殊なスキルを必要とせず、マニュアルのもと仕事を覚えることの多い業種であるため、未経験からの転職におすすめです。
    工場のライン業務はその傾向が強く、40代以降の未経験からでも転職しやすいといえます。
    >>製造業の転職・求人情報

    【運輸業】
    運転免許が必須ですが、逆にいえば取得していることで未経験からでも転職できます。
    ドライバーからはじめ、キャリアを積んでいくことで支店長やマネージャーなどとキャリアアップを目指すことも可能です。
    ミドル世代が活躍している業種であることから、40代以降も転職しやすい点でおすすめです。
    >>物流・運輸業界の転職・求人情報

  • 仕事探しのお役立ち情報

  • この記事の監修・著者プロフィール(株式会社クリエイト Webマーケティング担当)

    この記事の監修・著者プロフィール(株式会社クリエイト Webマーケティング担当)

    ※記事関する問い合わせは受付しておりませんので、ご了承下さい。

    配信中の記事では、職種ごとの詳細な仕事内容、エリア情報、就職に役立つ資格の解説、ビジネス用語・経済ニュースの解説など、社会人として押さておきたい基本的な知識や最新情報をお届けしています。

    クリエイト転職は地域密着をコンセプトに、仕事探しに役立つ最新の求人情報をお届けしています。
    【クリエイト転職で仕事探し】
    >>クリエイト転職で正社員の求人を探す

エリア・駅・路線から探す

年代・性別から、あなたに合った求人をご提案!

未選択

未選択にする

職種から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

職種のチェック解除

業種から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

業種のチェック解除

条件から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

以下の条件を解除

給与で探す

給与形態
給与額

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

エリアから探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

駅・路線から探す

チェックボックスにチェックして『検索』ボタンを押してください。

0/50

以下の条件を削除してもよろしいですか。

検索条件1

検索条件を保存するには 会員登録/ログイン が必要です。

保存できる検索条件は6件までです。

保存済み条件から1件削除し、新しい検索条件を保存します。

削除する条件

保存できる検索条件は6件までです。

保存済み条件から1件削除し、新しい検索条件を保存します。

削除する条件